もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

건배(コンベ:乾杯)!

c0103793_17535120.jpg

昨年の感謝祭で、夫の実家へディナーに来ていた、友人夫妻。
そのあと、実家でおこなったクリスマスパーティにも来てもらい、うちの親族と一緒にお祝いしました。
そして、新しい年が明けて早々、またまた、今度は私たちが会いに行ってきたのでした。
彼らの自宅は、ニュージャージー州にあるRutgers(ラトガース)州立大学内の、学生専用アパート。私たちも、まだ夫の実家に滞在してたので、フィラデルフィア郊外の実家から、車で一時間ほど。
『せっかくだから、ゆっくり食事させてもらってきたらー』と、嬉しいグランマのお言葉。フィオナはグランマたちとお留守番でした。

c0103793_18193152.jpgエプロンをしていそいそと動き回り支度する、サン・ギャップの奥さん、かわいいミン・ジョンが、目にもおいしい手料理(韓国ママの味?)をこれでもかと沢山用意してくれてました。
c0103793_1824357.jpg
c0103793_18261327.jpg
c0103793_18265438.jpg
c0103793_1828285.jpg
c0103793_18282991.jpg
エプロン姿のミン・ジョンの手料理を食べながら、実家の母の料理を思い出しました。
日本の家庭の味を思い起こさせるような、あったかい味。ご飯のすすむ、味。
(この日のご飯は、ブラウンライス+白いもち米半々でした)
あまりにおいしくて、モリモリ食べました。いつもなら断然、夫よりも量が食べられない私ですが、この日は別でした。夫も韓国料理大好きですが、この日の私の食欲は、それにもまさってました、、、
この食事中に、音楽の話になり、初めて、サン・ギャップが以前音楽をやっていた人だと、知ったのでした。『あれ?言ってなかったっけー?彼ね、ロックスターだったんだよー』と、いまさらな夫。ろ、ロックスターは大げさだよーっ、まぁ、ポップスター?って感じね。と、慌てるサン・ギャップ。バンドのボーカルだったそうで。
それも、やってたどころの話でなくて。実はCDも何枚か出してて、エージェントにも所属して、二万人規模のコンサートも、しょっちゅうやってたよー、と彼。韓国では昔けっこう人気があったとか。
しかも、ミュージックビデオまで作ってて、このとき見せてもらったのでした。笑 すごかったっ。ほんとに、本物、でした。(←でも大笑いしてたひと) ちょうど、日本のカラオケボックスで見る、ミュージックビデオみたいな構成でした。。
すごく歌がうまいのに、そっちでキャリアを目指さずに、なぜに韓国海軍に入ったのか、とか、(単に、『売れなかったから。』だそうな。笑)そのへんの話を聞いたり。韓国の伝統的な衣装をまとって行われた、二人の結婚式のときの様子の写真や、アメリカ各地を旅したときの様子の写真を、見せてもらったり。
気づいたのが、アルバムの中にも、部屋の中にも、二人で寄り添って写った写真が、無数にあるのでした。いいなぁーと思いました。韓国人だから、というわけじゃないかもしれないけれど、二人を見てると、ほんとに愛情深いなぁー、、と思うのです。
いろんなおしゃべりしながらおいしいご飯をいただいた食後は、ひたすらジェンガに興じた夜。笑 けっこう遅くまで遊びました。
負けたら、ペナルティとして、何か面白いことしようよー、とサン・ギャップたち。歌でも歌え、とでも言うのかなーと思いきや、『これ、これ』と出してきたのは、韓国海苔。『これ、歯につけて、笑ってバカな写真撮る!』でした。笑 発想が面白い・・・
この夜は、夫が二度も負けて、海苔をつけるハメに。ぷぷ。
私は、一度も負けませんでしたけどね。ふ。
ミン・ジョンは、ジェンガのエキスパート。大会とかあったら、出ればいいのに、、と思うほどの、お手並みでした。
彼女は、おしとやかに見えて、ものすごく度胸と行動力があります。そして、創作家。部屋の中にたくさん飾ってある写真のフレームや、一見すると、IKEAででも買ったのかと思うような、木製のテーブルやワインラックなども、『これも、あれも、ミン・ジョンが作ったんだよ。木も自分で切ったりして、、』と誇らしげに言う、サン・ギャップ。ほんとに、うまかったです。ミン・ジョンは韓国で、工作のクラスを受けてたとか。
学生だし節約しなくちゃだから、いろいろ手作りしてねー。と、二人。なんだか、かわいかったです。
昨年末から、年明けにかけて。彼らに三回も会うことができて、本当に嬉しかったです。彼らは現在、サン・ギャップの学生ビザで、アメリカに滞在しているため、むこう四年間(サン・ギャップが博士課程を終了するまで)、アメリカ国外へ出られません。私たちも日本へ行ってしまったら、今のような頻度では実家のほうへ帰れないし。
韓国の家族のみなさんが、遊びに来たりしてくれないのー?と聞いたら、『うん、たぶん、子供ができたら』と二人。子供できない限り、来ないと思う、言いきってました。けっこう長い間なのに。
ミン・ジョンは、寂しくて、ときどき『おかしくなるー』と思うことがあるそうで。うん、分かる分かるー。(激しく同感)
会うといつも、子作り『頑張ってる(サン・ギャップいわく)』という二人。(そして、横で恥ずかしそうに笑うミン・ジョン。笑) 今回は、毎晩(!)サン・ギャップが飲んでる、という漢方のドリンク(『これを飲むとスタミナがわくんだっ』だそうな、、)を飲ませてもらいました、、 ユンケルみたいな味だった。
外は激寒でしたが、部屋の中には笑いがあふれ。
二人の温かい温かいホスピタリティに触れた、思い出に残る夜でした。
[PR]
by bingotama | 2010-01-12 19:25 | 交流