もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Happy Mother's Day

c0103793_15375725.jpg

母の日、というのは、他の『~の日』と比べると、個人的により特別な感じがします。
ちょっと温かい気持ちになる日。そして、感謝する日。
お母さん、というのは、また特別な存在ですね。
今年も、ちょっとした好物を手配してみましたが、無事届いたでしょうか。
母の日、おめでとう。そして、ありがとう。

ちなみに、夫の母へは、彼女をイメージする花を贈ってみました。その後電話をくれましたが、内緒にしてたので、とても喜んでくれた様子でした。

5月は、両親にとって、結婚記念日の月でもありますね。(もう過ぎちゃいましたが・・)
37回目ですか、、いやはや。おめでとう。
思えば(←?笑)私たちもでした。夫不在のため、初めてのアニバーサリーにも関わらず、あまり考えてませんでした(落)、しかも、来月は私の誕生日まで(落落)、、とことん居ません>夫。(いいんだ、そのころ、親戚が遊びに来てくれるっていうしっ。)はぁー、、しかし長いなー三ヶ月(遠い目)。
そりゃあもう、寂しいです。当然です。家族や親しい友人は、みな遠い空の下。
でも、こうした思いをしているのは、自分だけではないです、、そう思うと、頑張ろう、と立ち直ります。

気を取り直すため、ある午後、海のほうへ久しぶりに歩いて行ってみました。このところ、天気も快晴がずっと続いていたので、そんなときは、家の中にずっと居たらもったいない。ジムの室内で運動、というのもまた、もったいない。笑 びんごたまに、『ママちょっとお散歩行ってくるねー!』と言い残し、いざ出陣。海まで、片道2マイルぐらいの距離です。
日本でもそうでしたが、海を眺めていると、悩み事や考え事も、なんと小さいこと、と思えて、いい方向へ、気持ちが切り替わります。
途中、歩いていてガソリンスタンドの横を通ったら、車にガソリンを入れていた女性が突然『アンバー!』と叫んだのが見えました。でも私、アンバーじゃないし、と、当然そのまま歩き続けたら、その女性が『アンバー!アンバー!アンバー!』と三回続けて(しかも段々と大声で)しつこく呼ぶので、他に歩いてる人は居なかったし、どう考えても私に向かって言ってる感じだったので振り返ってみました(笑)。お互いサングラスしてたので、女性がどこ見てるのかはよく分かりませんでしたが、どう見てもこっちを見つめています。『・・・?私に言ってるのー!?』と叫んでみましたが、女性、私を見つめたまま、沈黙。。(おいおい) 用事があるなら、言ってくれー。間違ったなら間違ったと、言ってくれー。結局、なんだったのでしょう(爆)。わけが分からずすっきりしないまま、歩き続けましたが。
歩いているとたまに、からかい目的でクラクションを鳴らされたり、『Hey Babe~』とにこやかに手を振られたりもします。誘拐されそうな、人気のない道路じゃないですよ。うちから海までは、ずっと大通りです。乗っているのはたいてい、若い男の子数人かも。一人のときはやらずとも、数人集まると、ちょっかい出したくなるのでしょうかね。おちょくられているのは分かってますが、調子に乗られたら怖いのでそのままシカト。
この日もやはりそんなことがあり、ただでさえ沈んでたテンションがさらに沈み、なんだよー、どいつもこいつも、ブツブツ、、と独り言で吐き出しながら、黙々と歩き続ける。海に到着。しばらく座って景色を見ていたら、悶々としてた気持ちがパーッと晴れあがりました。
意気揚々とまた歩き始め、帰りに寄ったスーパーでは例の(笑)『ヌテッラ』が安売りしてたのを見つけて興奮(迷わず2つお買い上げ)。珍しく、フレッシュラズベリーまでお得になっているっ(これも迷わずお買い上げ)。ミートローフのところでも書いたけれど、この『ベリー類』というのも、“日本ではそうそう手に入らないのに、アメリカでは意外と手軽に楽しめる、好きな食材”のひとつかも。ストロベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、クランベリー、、値段は決して安くはないけれど、でも全く手が出ないほどではないです。私はたいてい、お買い得の日に買いますが。
自宅に戻って早速、ジアダレシピの『パンナコッタ』(←ただのパンナコッタじゃーありませんよ、とろけます。笑“とろけるなんとか”というモノに、目がないです、自分)を作ってから、のせてみました。フレッシュラズベリーって、真っ赤で、プチプチしていて、ひげが生えてたりして、なんてかわいいのー。
パンナコッタは、私が作るようになってから夫も知って、好物になりました。どうも、『パンチェッタ』(←これもイタリアの、生ベーコンのことです)と混同してしまうらしく、『あれ作って、あれ、パ、パンチャッター』と毎回違う名前を生み出して言ってますが。笑
撮影のあと、ラズベリーは半量を煮てシロップにして、パンナコッタにかけておいしくいただきました。(独り占め)
[PR]
by bingotama | 2007-05-13 17:26 | 挨拶・お知らせ・報告