もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

戻りました。

c0103793_4493334.jpg

バケーションを終えて、無事に帰宅しております。
びんごたまと二週間も会えず、毎日夫にむかって『寂しいよー』としょぼくれてたので、週明けで病院が開いてすぐ、マミーはすっ飛んで引き取りに行きました(笑)。二人とも変わらず元気そうでよかったー。病院でもかわいがってくれてたようで、『もう連れて帰っちゃうのー?』とスタッフの人たちに言われました、はは。先ほど帰宅してすぐは、何やら興奮した様子でしたが、これを書いてる今、ホッとしたのかどちらもスースーと昼寝してます。タマはマイペースに、いつもの椅子の上で。びんごは相変わらずマミーのそばを離れません。
実質、12日間といったところでしたが、びんごたまを預かってもらっているあいだ、ロードトリップを満喫させてもらいました。
自宅を出てから、Portland(ポートランド、オレゴン州)に二泊。シアトルのダウンタウンと少し似ているけれど、やはり違う。街歩きが楽しかったです。
Portlandを出てからは、Crescent City(クレセントシティ、カリフォルニア州)を目指してドライブしました。南へ向かうのに、通常ならI-5という大きなハイウェイに沿ってずんずんと南下していけばいいのですが、途中のcoast side(太平洋側)の風景も楽しみたかったので、海沿いの、うねうねとうねる狭い山道をひたすらドライブしたりも。助手席の私は山道に酔ってもうデロデロ、朦朧としてましたが(久々にかなり辛かったーっ)、必死に写真撮りました。言葉では表せない、息を呑むような海の景色が広がっていました。
Crescent Cityに滞在した目的は、近くのRedwood National Parkでのハイキングでした。夫も私も最近運動不足で、体力にイマイチ自信無かったので(笑)、ショートハイキング程度で。樹齢千年以上という太くて大きな木々がそこらじゅうに立つ中、まぶしい緑の下を数時間歩き、心も体もリフレッシュできました。
その後は、今回のバケーションの目的地でもあるNapa(ナパ、カリフォルニア州)へ。夫がネットで検索した、B&B(ベッドアンドブレックファスト)に四泊しました。ヴィクトリアン調のアンティークのインテリアがすてきな宿でした。オーナー夫妻もとてもフレンドリーで、毎朝顔を合わせる同じ宿泊客たちとの会話も、楽しみの一つとなりました。
四泊するあいだ、終日ワイナリー巡りをしたのは一日のみでしたが、それでもう十分(笑)。二人とも夕方にはフラフラに酔ってました。Napaでのワイナリー巡りは、たいてい、バスツアーに参加したり、ドライバーを雇ったりするようです、私たちもお互いテイスティングを楽しみたかったので、ドライバーを雇いました。何度も戻れるような場所でもないし、せっかくのたまのバケーションですからね、ここはケチらずに、気に入ったワインをしこたま買いこんできましたよ。ケースで購入すると、お得になる場合が多いし。
Napaでは、ワインテイスティングだけではなく、Napaへ行ったら必ず訪れてみたかったCIA(The Culinary Institute of America:カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ、多くの腕のいいシェフが卒業している料理学校です、ニューヨークと、ここナパにキャンパスがあります)を見学したり、Food Pairing(ワインと食べ物の食べ合わせ)について学ぶちょっとした講座を夫と一緒に受けてみたりもしました。(←これ、かなり興味深かったです)
ワイナリーの数は、Napaよりも、隣りのSonoma County(ソノマ郡)のほうが多いらしいですが、今回Sonomaはドライブしたりダウンタウンを探索した程度でした。
とにかく、NapaとSonomaを合わせただけで、1000近いワイナリーが、狭いValley(谷)に点在している地域。運転していると、どちらを向いても、ぶどう畑が整然と広がって、なんとものどかな風景でした。
Napaをあとにして、その後はSan Francisco(サンフランシスコ、カリフォルニア州)に同じく四泊でした。坂道が多く、アップダウンの激しいことで、有名な街ですね。滞在中は、広いダウンタウンを歩きまわりました。二日で17マイル(27キロぐらい?笑)ぐらい歩いたかも。
SF滞在中は、夫の友人夫妻も、二組訪ねました。
どちらも、奥さんのほうが夫の友人で、大学時代、寮で一緒に暮らしていた仲間だそうで。一組は、南にあるMonterey(モントレー)に住んでいるのですが、中間地点であるSan Jose(サン・ノゼ)まで足を運んでいただき、そこで会いました。奥さんの二コールは、日本とアメリカのハーフ。私も日本人、ということで(笑)、San Joseの、Japan Townという日本人街で待ち合わせしました(ちなみに、San FranciscoにもJapan Townあります)。そこのラーメン屋さんでラーメンを一緒に。笑 久しぶりで美味しかったー。
もう一組のほうは、Sacramento在住でした。奥さんのリアは、メールでやりとりしていた通り、ものすごく気さくで温かい人柄の女性でした。自宅まで訪ねていき、生後五ヶ月になるベビー♀や、わんこたち(4匹!)と対面したあと、ダウンタウンからちょっとはずれた、おいしいメキシカンレストランで食事しました。けたたましく、メキシコ音楽の生演奏と歌が鳴り響き、がやがやと賑やかな店内で、おいしいブリトーにかぶりつきながら、お互い大声で笑いながら会話した、おかしな夜でした。笑
旅の目的をすべて果たし、二日かけて、シアトルの自宅へ戻ってきました。途中、ハイウェイ沿いの小さな町に宿をとり、一晩しっかり眠ったあと、またドライブ、といった感じで。今回、ほとんど夫が運転してましたが、カリフォルニアを北上してオレゴンに入るぐらいまで、数時間、私も運転してみました。平地で、道もまっすぐ、交通量も断然少ない場所だったので、平均すると時速70マイルぐらい(120キロぐらい?しっかり制限速度守ってました。笑)でずっと走ってましたが、意外と平気でした。それでも、大きいトラックを追い抜くときなど、終始恐々でしたが。隣りの夫に『不安だから、絶対寝ないでねっ』と念を押したのに、あとで交代するとき『何度かちょっと寝てたー』とか言われたときは、サーッと血の気が引きました。(隣りを向く余裕もあまり無いので、気づきませんでした。笑)
何より、安全に無事自宅へ帰ってこれて、よかったです。帰りのハイウェイ、タコマ付近まで来たところで、もうろうと、居眠りと運転を繰り返してる人を目撃してしまい(しかも何分間も!←ずっと見張ってたひと。本当にいるんですねーっっ、怖い!!)、ゾッとしたのもあって。
そんなこんなで、気づいたら、写真1000枚ぐらい(!)撮ってた旅でした。整理しつつ、文章も書く気になったら、、(笑)またここに、少しずつ残しておきたいと思います。気が向いたら、読んでやって下さい。旅中は、毎日毎日、100%というくらい、カリフォルニアのぴーかん天気に恵まれました(サンフランシスコでは、有名な霧がたくさん出ていたけれど)。随所で見かけたきれいな花の写真も、けっこう撮りました、写真でうまく伝わるといいなー。

c0103793_6422762.jpg


庭のスプリンクラーのタイマーをセットして、放置していった、野菜の鉢植えたちも、戻ったら、大変なことになってました(でもほとんどちゃんと生きてますよ。笑)。それも、ちゃんと記録に残しておこうかな、と思っています。(いつか必ず、、笑)
[PR]
by bingotama | 2007-08-28 06:56 | 挨拶・お知らせ・報告