もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

たっぷり、週末。

c0103793_1392675.jpg収穫、その5、、、と書きたいところですが、これはいただきもの(笑)。週末ずっと出かけていたのですが、金曜に家を出る直前、隣りのバーニーがやってきました、友人が数人訪ねてきていて、庭で育てたトマトを沢山もらったのでおすそわけ、と言って渡してくれました。庭で鉢植えをいじっていたら、隣りの庭から何やらじぃさんたちの賑やかな談笑が聞こえてきたのは、それでしたか(笑)。
このトマト、すごく美味しそう。金曜はもう家を出る直前だったので、食べられずそのまま冷蔵庫へしまいました、戻りは月曜の予定だったので、帰ったら皺が寄っちゃってるかなーと心配してたのですが、そんなことなかったです。帰っても、ピチピチのまま。なんと新鮮なこと。人間の若い頃の肌に、ハリがあるように(・・遠い目)、野菜も採れたてだと、こうも違うんですねー。遅ればせながら発見し、感動したり。
今夜の夕飯で、そのまま何もつけずに、かぶりつかせていただきます。笑

c0103793_1552065.jpg

数日前も書きましたが、週末は夫の叔父・叔母と会っていました。
彼らの乗ってきたクルーズ船が、アラスカへの航海を終え、数日前シアトルに帰港しました。普段は、東海岸と西海岸で、お互いほとんど会えないので、せっかくだから、と、予定を組んで、お互いダウンタウンに宿をとり、金曜・土曜と一緒に過ごしました。私たちの結婚式のときに会って以来の再会でした。私たちもこの連休はちょうど、Bumbershootに行く予定だったので、ちょうどよかったです。
60代の夫婦だし、クルーズも終えたばかりでちょうど旅の疲れもたまっているころだったので、そうそうあちこち歩きまわれませんでしたが、色々と案内をしたら、喜んでくれたようでした。何より、久しぶりに顔を合わせ、一緒に食事をし、いろんな話ができただけで、嬉しかったです。
以前、夫のいとこのクレアとケイリンが来たときにも参加したのですが、Underground Tourにもまた叔父・叔母を連れて行きました。思いっきり観光客目当てのツアーですが、あなどるなかれ、ダウンタウンシアトルの歴史を学べて、なかなか面白いのです。何より、あのダウンタウンの下に、あんな世界が広がっているとは、という驚きが新鮮。地元人でも、一度は参加する価値ありかも。歴史好きの夫も、古い写真を例によって食い入るように見てました。
ガイドさんは何人かいて、たくさん集まるお客を手分けして連れだしてくれるのですが、ツアーの前には必ず、お客全員の前でガイドさんの一人が話をする場面があります。これもなかなか、スタンドアップコメディを聞くようで、面白い(言ってること、全部ちゃんと分かれば、もっとね。笑)。
叔父・叔母を連れ、Smith Towerにもまたのぼりました。個人的には、スペースニードルにのぼるよりも、こちらのほうが好きです。スケールは劣るかもしれませんが、人も少ないし、静かに景観を楽しめます。こちらのほうが、高さが低いぶん、ダウンタウンを見下ろすとき、道ゆく人や車の動きがよく見えるし、そこで発生する生の音もよく聞こえる。より、リアルに、いま、自分がそこに立っていることを、実感できる。晴れていれば、海の向こうのオリンピック山脈も、とてもきれいに見えます。
ダウンタウンのPublic Libraryも見学しました。そういえば、私たちも入ったことなかったね、と、叔父・叔母を連れて行きました。この、モダンで素晴しいデザインの建物(こちらで、スライドショー見れます)、いつも通りかかるたび、きれいだなーとは思ってましたが、中も本当に素晴しかったです。静かだし、美術館に来たみたい。誰もが、思い思いのスタイルで、本やパソコンに向かい、その時間を楽しんでいるようでした。バンクーバーのpublic libraryも建物が好きでよく通いましたが、ここは更にモダンで、明るい。ガラス張りの外壁から、気持ちよい太陽光がいっぱい入ります。『でも、地震来たら怖いよねー』と、叔母と囁いてたのは私ですが。笑
日曜の便でニュージャージーへ帰る叔父・叔母と朝別れてから、その後日曜・月曜とBumbershootを思いきり楽しみました。スペースニードル周辺の施設や広場一帯を、Seattle Centerと呼びますが、Bumbershootは、このシアトルセンターのあちこちに作られた屋外ステージや建物で行われる、音楽・アートの総合イベントです。世界的に有名だそうで、聞いてびっくり、なんと各地から15万人訪れるそうですよ。どうりで、泊まっていた宿もそれらしき宿泊客でいっぱい。叔父・叔母のように、クルーズ船を降りたって、シアトル観光しているらしき人たちも、けっこういました。観光業って奥が深いなぁ、と思ったり。こうして、いろんな人のビジネスが成り立つんですねぇ。
それにしても、Bumbershoot、エネルギーに満ちていました。やはり若い人中心ですが、子供から年配の人まで、たくさん来ていました。年齢に関わらず、人の目を気にせず、みな思い思いに体を揺らし、このアートのお祭りを楽しんでいるようでした。音楽だけでなく、舞台、展示、大道芸、食べ物や本などの、いろんなvendor(屋台)、人間模様、、いろんなモノを目にして、また新たにいろんなモノを吸収した二日間でした。ほとんど屋外で過ごしてたので、疲れましたが、でも、なんとも言えない充足感。
叔父・叔母との観光でも、Bumbershootでも、少し写真を撮ったので、あとでまた載せておきますね。カリフォルニアの旅も、忘れないうちに(?)書き残さねばね。
(↑上の写真)芝生に座ってビール片手にライブを観ているとき(←ここでもしっかり飲んでいる人)、前に座ってたヒッピー風のおばちゃんが、突然しゃぼん玉をし始めました(笑)、きれいだったので、スペースニードルをバックに一枚。その後、おばちゃんが立ち上がったとき、目が合った夫が『Thanks for the bubbles』とニコッとしたら、『私のガールフレンドが、“誕生日に何が欲しい?”と聞くから、“A bubble machine!”と答えたら買ってくれたのヨ』と誇らしげ言って去っていきました、おばちゃん。このおばちゃんに“ガールフレンド”というところが、日本じゃきっと有り得ないかも、、と心の中で密かに思ったり。

c0103793_3125460.jpgc0103793_313958.jpg叔母から、アラスカのお土産に、手縫い刺繍のタオルをいただいたのですが(Pはうちのラストネームのイニシャルです)、このクロスステッチを見て私が『あぁーかわいい!クロスステッチ、始めたくてキットを買ったのだけど、イマイチ分からなくてー』と言ったら、叔母が仰天した顔で(笑)あらやだっ、教えるわよーっ、と。どうやら、この叔母はクロスステッチをやるようです、帰りの飛行機でもやろうと、今とりかかり中のを一式持ってきてたらしく、それを見せてもらい、宿のロビーで、にわかレッスンしてくれました。
なにせ、裁縫の才能まったく無いのでは、と思うぐらい、昔からひどい腕前なので>自分(家庭科も、成績悪かったなー)、、こんな人が、ステッチ始めようなんてよく思ったもんですが(笑)、かわいかったんですよー、ネットで色々見た作品がね。
でも、叔母が実際目の前でやるのを見たら、疑問だった点が結構とけました。そんなに難しく考えなくてもいいのよー、裏面はまぁ気にせずに、表面さえちゃんとクロスしてれば、、というけっこう適当な叔母のアドバイス(笑)もしっかり頭に入れて。
今後は、空いた時間で、地味に小さく、チクチクチクチク、、とやってみます。なんだか暗ーいひとになりそうですが。でも、手先を使うのって、脳にもいいんですよねー確か?笑

c0103793_329861.jpgびんごたまの世話は、留守中友人夫妻が来てくれたため、大丈夫だったようです。でも月曜の午後急いで帰ったら、猫砂トイレの外側にウ〇チが出ちゃっててビックリ(笑)。どうやらたまたま、スペースがあまり無くなり、オシリを外に向けてしちゃった様子。月曜の夕方のバンドも見たい、という夫にダメ出しし、早く帰ってきてよかったー。しぶしぶ帰ってきた夫も、『やっぱりマミーは正しかったね』と納得(笑)。彼はこの日バースデーだったのに、希望を叶えてあげれなくて、かわいそうなことしましたが、、でも、汚いトイレを使わなきゃいけないびんごたまは、もっとかわいそうですよねー。水も新鮮なのに替えてあげたかったし。生き物である以上、放っておくのはやっぱり酷。
なんだか最近、びんごたまを残して、外に出ていても、落ち着かないです>マミー。何をしてても、びんごたまが頭から離れません。今後、人間の子供を持ったらきっと、こんな感情がわくのでしょうかね(人間の子供は、家には置いてけまんせが)。というか、子供を持ったら、しばらくはこんな風に自由に動き回れないかもしれないですねー、、何をするにも、子供中心ですものね(いや、頭はすでにそんな思考回路かも)
よく考えたら、二人だけのあいだにしたい事、結構ありました。思えば、貴重な期間なのですね。
フットワークも軽いうちに、できるだけ、多くのモノを見て、聞いて、感じて、味わって、人と出会って。いろんな意味で、幅の広い人間になれたらいいなぁ、と思うのです。その『自分』が、新たな人間を育て、守るのですもんね。自分の人間性が、大きく影響するのだなぁ、と思うと、子育てって、なんだかとても尊いことに感じます。
(↑上写真)マミーがパソコン中、最近には珍しく、タマが膝の上に乗ってきてしばし居眠りしたと思いきや、次はこのひとも(笑)。ぐー、ぐー、ぐー、と、喉を鳴らしながら、うっとりした顔でマミーを見上げています。このあと、膝の上で、恒例のおっさん座りをさせたら、そのまま寝ちゃったびんご。かわいいなぁ。

そちらの週末は、どうでしたか?
週末の恵まれた天気とはうって変わり、今日は朝から雨模様。霧も出ていた、どんよりシアトルです。
[PR]
by bingotama | 2007-09-05 04:13 | 季節