もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いつもの日々に戻りつつ

3/13に、夫がおつとめから無事帰ってきました。

c0103793_3345098.jpgc0103793_3353637.jpg


前日の朝『明日、迎えに来るようにーっ』と、待ちに待った連絡がみんなに入りました。私はそれから、慌てて家の掃除(笑)。
普段から掃除は好きでわりときれいにするほうなのですが、一度怠けると、とことん汚したあときれいにしてその爽快感を味わう、というヘンな面もあります、、
しかも独りだと、たとえ怠けて家がどんなに汚くなろうとも、誰にもつっこまれないので、気づくとたまにものすごく埃かぶったり、乱れてたりするところが。
寝室のトイレにはシンクが二つあるのですが、きれいにして(いたつもり)放っておいた夫のほうがもうひからびて埃だらけだったので(笑)、久々にピカピカに。
(どうせまたすぐ汚されるんだけど)
今回のおつとめは、メールが不通になる期間が一ヶ月以上続くことが二度あったので、ベテランの奥さんたちでも『結構辛かったねー』と話すほどだったのですが、これだけ喋ってないと、いくら夫でも再会したときはなんとなくお互いテンポがつかめなかったり(笑)。すぐ元に戻りましたが。
しかも今回は、私の体も様変わり。昨年12月、日本へ帰るための空港で別れたきりだったのですが、その頃はお腹もぺっちゃんこだったのに、今ではもうポッコリ。『おぉ・・・』と、撫でながら感慨深く眺めることしばし>夫。
帰ってきた日も、待つほうは一日がかり基地で待機して、夫の仕事が終わってから夜にようやく再会。翌日はゆっくり休息、、というふうにもいかないらしく、朝4時すぎに起きて出勤し夜まで仕事、週末も結局二日間とも仕事。しかも土曜は仕事のあと夕方から大きいオークションのイベントがあったので、二人で出席したりしてました。
一ヶ月ぶりの産科検診へも、一緒に行くことができました。
アメリカの産婦人科では、エコー検査ほとんどやらないはずなのですが、夫は海へ出てて最近戻ったばかり、という話になったら、『今日どうする、やる?』と助産師さん。しばらく赤ちゃんの様子を見れなかったであろう人たちには、希望すればエコー検査やってくれるそうです。私の場合、なんだかんだといって、これで5回目。
赤ちゃん、シャイなのか(笑)、またもや顔がよく見えませんでしたが、一段と大きくなった手足、背骨、あばら骨、頭の形などがはっきりと見れました。夫も一安心。
そして、帰ってきて一週間経つも、いまだに、洗濯の山と格闘。
ここへきて、ようやく一段落、、ほっ
先日のオークションというのは、このシアトルの基地に所属する潜水艦の人たちが協力しておこなうチャリティイベントで、団体や個人で様々なものを“出品”し、それに皆がお金をかけます。支払われたお金は、のちに潜水艦員の子供たちの学業の奨学金に当てられます。
年に一度の大きなイベントなのですが、毎回テーマが決まっているので、そのテーマに沿って、潜水艦ごとにみんな仮装して来ます。今年は『中世の騎士たち』という変なタイトルだったのですが(笑)、夫たちも、ボロきれのように見せたチュニックを着せられていました、、 ちょっと恥ずかしい衣装なのですが、彼らの帰りがもし間に合わなかったら、代わりに奥さんたち(=私たち)が着ることになってたらしく。よかったー、、帰ってきてくれて、と夫に言ったら、失笑してました。
出品作品は、いろいろ。手作りの工芸・手芸、自作の絵画・写真、近隣レストランや店のギフト券、色々な体験ツアーの権利、手作りのケーキ、、などなど。
オークションは、サイレントオークションとバーバルオークションの二種類があり、長丁場でおこなわれてました。
(たいていの人はみんな、疲れて途中で帰るんですけどね、、)
c0103793_4331516.jpg

今回、夫と選んで落札したのが、これ。↑ 
ベビーグッズを、大きいバスケットにつめた作品はいくつかあったのですが、このセット、色合いや内容がなんだかかわいかったので。
diaper cakes(おむつで形作る、ケーキ。よく贈り物にされます)、哺乳瓶、おしゃぶり、ぬいぐるみ、おもちゃ、ブランケット、ローションなど。底のほうにも、たくさんつまっています。私たちが払った金額は$50でした。この内容なら、悪くない値段だと思います、そもそもチャリティだし。なんといっても、こうして心をこめて用意してもらった物を使える、というのが嬉しい。
持って帰ってきて置いておいたら、早速びんごにおもちゃをかじられてしまい、びんごの歯型がいっぱいついてました(落)。
この日はあと、ケーキ部門で、マスカルポーネチーズとラズベリーの手作りホールケーキも$35で落札し、職場の人たちとみんなで分けていただきました。これがおいしかったー!
クルーが何千人、という規模の大きい空母などと違い、ひとつの艦に150人程度という潜水艦の世界など、狭いものなので、この日も、他の艦に乗る友人夫妻や、夫が養成学校時代に一緒だった古い友人など、何人もの人に再会しました。『社交って疲れるから嫌だなー』と私はブーブー言いながら行ったのですが(←例によって出不精)、終わってみれば、なかなか面白いパーティでした。
中には、普段ほとんど会わないため、妊娠したことも伝えてなかった友人夫妻などは、私が指さしたお腹を見てびっくり。たいてい皆、『ほれ、ほれ』とわざわざお腹を指ささないと、気づいてくれません(笑)。アメリカの女性はわりと、赤ちゃんができると体型全体が肉づきよくガラッと変わる人が多いので、たいていすぐ分かるのですが。
そういえば、私たちとおなじく、初めての子♀を妊娠中の友人夫妻も一組来ていて久々に再会したのですが、『確か今月予定日だったよねー??いつ?』と旦那のクリスに聞いたら、実は三日前が予定日だったんだよねーははっ、と。奥さんのサラのお腹は、スイカが二個ぐらい入ってそうなすごい大きさになってました、、 産まれたら知らせてねーっと言っておいたら、もう次の日に、産まれたばかりの赤ちゃんと一緒に撮った写真つきのメールが来てたので、びっくり。『ねー、、いつ産気づいてもおかしくないときに、あんなパーティとか来てて、すごいねぇ、、、あたしならぜーったいおうちに居るよねぇ、、、^^;』とあとで夫に言ったら笑ってました。
先日夜ご飯を一緒に食べたウェイも、この日一人で来ていました。私と正反対で、ウェイは毎日夕飯を誰かとレストランで食べるほど、人付き合いが盛んなので、旦那のバートがいなくとも、全然へっちゃら。こうした場にも、進んで一人で出てきます。体調も良さそうでした。

********************

夫が帰った翌日の夜は、はりきって和食御膳。(写真は無いけど)
・お寿司 - カリフォルニアロール(アボガドと蟹かまぼこの海苔巻き)
・ティラピア(白身の魚)のお吸い物
・里芋+鶏肉+人参+こんぶの煮物
・人参+赤パプリカ+枝豆+塩こんぶの和え物
・鶏ひき肉ハンバーグの和風あんかけ
・冷奴
私はこれプラス、納豆。
その後も、豚肉を薄くのばしてチーズをはさんでパン粉をつけてカツにしたり、そのとき添えたキャベツの千切りがあまったら、翌日お好み焼きにしたり、、
なんだか、自分が食べたいだけなのか、、?というような和食献立が続きましたが、そればかりだとさすがに夫が飽きるかなと思い、たまにパスタにしたり、外で食事したり。
外で、といえば。できるだけ映画館へ行って映画を観よう、と話しています。今後、赤ちゃんがいったん産まれたらしばらくは、ご無沙汰になるんでしょうねぇ、、きっと。幸い、うちのすぐ向かいが小さい映画館なので(これまでほとんど利用してませんでした)、散歩がてら、ぶらぶら歩いても行けます。
散歩といえば、天気の安定した日には、二人でなるべく外を歩くのも楽しんだり(←運動不足)。
赤ちゃんと自分が一体である、この貴重な時間。人生でもう二度とやってこない、夫と二人だけの、夫婦時間。
のんびり、楽しもうと思います。
おかげさまで、母子ともに元気で過ごしています。27週目に入りました。
この数日で、またお腹が少し出っ張ったかも?という感じ。
胎動も、日々強くなり、寝ていても、キックで起こされることがしばしば、、 というかそれ以前に、尿意をもよおして夜中に何度も起きるんですが。笑
これを書いている今も、赤ちゃん、お腹の中でしゃっくりでもしてるんでしょうか、、ものすごく定期的に、コツッ、コツッという感覚がします。
夫でも、手を添えれば、簡単にキックが分かるようになり。ほほぉ~と、本人面白がっています。

c0103793_6425545.jpgびんごたまは、ダディが帰ってきても、あまり大差無い様子。
(それに、いささかショックの夫)
相変わらず、マミーにべったり。
赤ちゃんが産まれたら、いったいどんな反応をするんでしょうか、、
(ちょっと怖い)
[PR]
by bingotama | 2008-03-21 08:41 | 挨拶・お知らせ・報告