もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

試食三昧

その夜、Margaret Choの舞台が10時から、と遅かったので、その日はダウンタウンシアトルに宿をとりました。一泊したあと、いつもなら、フリーウェイを使うか、フェリーに乗って、自宅のある西側まで帰るのですが、この日は、退屈な運転になるフリーウェイより、わきのローカル道を通って帰ろう、ということに。
びんごたまが一晩、二人だけで留守番、首を長くして待っている、というところでしたが、せっかくドライブ日和な日曜日。ちょっと寄り道、と、シアトルのガイドブックで見つけて行きたかったカフェへ。

ダウンタウンシアトルの北部、Green Lakeという湖がある西側の、Phinney(フィニー)というエリアにありました、このカフェ(地図だと、このへん)。オーナーが日本人、ということで、ペイストリーの味を楽しみに行きましたが、夫が食べたほうれん草のキッシュやベリーのデニッシュも、私が食べたサンドイッチ(ブリー+洋ナシ+はちみつ+シナモンをsourdoughのパンで)も、そして、テイクアウトで買っていったマフィンたちも、どれもボリュームたっぷり、とってもおいしかったです。特に、私が感動したのがマフィン類!どうしたら、あんなにおいしく焼けるんでしょう。『抹茶とあずきのマフィン』など、抹茶好きの夫も、うまいっ、と絶賛。
これ↓は、『パンプキン、ピーカン、ホワイトチョコのマフィン』。翌朝の朝食に、一人ホクホクといただきました。おいしかったーっ^^。
比較的閑静な界隈にあるこのカフェ、地元の人たちがひっきりなしにやってきては、イートインしたり、テイクアウトしたり。私たちが店内にいたときは、日本人の女性6人ぐらいのグループも、楽しそうにお茶してました。あんなカフェが近くにあるなんて、いいなぁー。
c0103793_9241231.jpg

で、この日何が“試食三昧”だったか、というと、、
カフェを出たあと、そのすぐ西側、Ballard(バラード)というエリアをチェックしに行きました。シアトルの雑誌の特集で、住むのに人気の界隈として、ここ最近ランクがあがってきている、とあったエリアなのですが、日曜のこの日、路上でファーマーズマーケットが開かれていて、賑わっていました。
ファーマーズマーケットの楽しみは、地元の新鮮な特産物を目にすることだったり、気さくに話してくれるお店の人たちとの会話だったり。必ず試させてもらえる、試食も、その楽しみの一つ。どこへ行っても、『Free sample!』と目ざとく見つける、試食大好きの夫。ファーマーズマーケットも、大大大好き。
チーズ、フレッシュジュース、パン、クラッカー、フルーツ、ジャム、はちみつ、、と試食をどんどん重ね、屋台でフレッシュレモネードやベジタブルケサディアも買いこんで、二人ともお腹いっぱいに。
ここでは、Whidbey Island産のはちみつを買ったり、あと、地元でとれた新鮮なルバーブが結構手ごろな値段で売ってたので、それも。ルバーブパイをまた焼こうかな。
『もう今日は夕飯作らなくていいよねー』と話しながら、ローカル道を通って帰途へついていたところ、たまたま通りかかったのが、Federal WayにあるH Mart
夫は、日本に住んでたとき、韓国海軍の人たちと仕事する機会が多く、毎月のように出張で行ってたのもあり、すっかり(自称)韓国通、韓国の食べ物など、大好きになりました。ここも、素通りするわけがなく、、 また寄り道。
H Martって、私は全く知りませんでしたが、北米に点在している、チェーンなんですね、とても大きいスーパーマーケットでした。お店へ一歩入ったら飛び込んでくる、韓国製品、ハングル文字の数々。韓国の人たちにとってはきっと、天国かも!お店の人も、ハングル語を話す韓国の人ばかり、韓国のモノなら、もうなんでも揃ってました、食品だけでなく、テレビや冷蔵庫まで。笑
売り場ごとに、試食コーナーがあるんじゃないかと思うほど、サービス満点。夫の目が輝いてる、、(←くまなく食べてた) なんだかちょっと、日本のスーパーやデパ地下の雰囲気を思い出して、懐かしくなりました。炊飯器から白いご飯をよそってくれて、カレーライスの試食コーナーもあったり。日本の食品も、かなり豊富にそろってました。
緑茶の葉っぱの種類も、すごく色々とそろってて、びっくり。ちょうど、中国産のじゃなくて、日本産のを買いたかったので、助かりました。
お惣菜コーナーで見つけて、安価だったので思わず買ってしまった、焼き芋。これがおいしかったー^^。久しぶりの、甘いホクホク感。焼き芋、夫も大好きです、日本に住んでた頃、近所を通った焼き芋屋さんの音を聞いて、財布をつかんで走って買いに行ったほど(すごい執念だ。笑)。これ、ヘルシーなおやつだよねー、と、帰りの車の中で、二人とも早速もぐもぐ。
どうせ通りがかるエリアだし、大好きなTrader Joe'sへも寄って帰るつもりにしていたので、H Martでは、夫はともかく、ケチな私が、あまり買わないよう購買欲をおさえてましたが、『でも、キムチは絶対買ってくでしょー?』と夫。ここのキムチの充実度がすごかった!種類も豊富、もちろんすべて自由に試食できて、本格的なのに、値段がとても良心的。
辛いのをすべて試食して、口の中が燃えそうになりながら(笑)、結局、シンプルな白菜のフレッシュキムチと、カラマリ(いか)のキムチを買って帰りました。このカラマリのが、まさしく『いかの塩辛』で、もう酒飲みにはたまらん味です、、 (う、呑みたい)
しょっぱいので、毎晩すこーしずつですが、夕飯のおともに、いただこうと思います。意外でしたが、夫もこれを『おいしいっ』と言って、今日の夕飯、コレと白いご飯でいいじゃーん、などと、日本人みたいなこと言ってました。

こんなところに、こんな店が、という新たな発見があったり、まだ知らなかったエリアを探索できたり。ちょっとわき道を行くだけで、こんなに楽しいんですね(単純)。
シアトルって、やっぱり、住むにはcoolな場所かもねー、と話しながら、帰りました。町、エリアごとに、まったく違う表情を持っていて、そんな数々の町から構成されているのが分かる。ちょっと外に踏みだせば、それが体験できる。自然も豊か。
今年後半、私たちは次の配属先へ引越し、となるのですが、それまで、できる限り、この都市のいろんな顔を見ておきたい、と思ったのでした。

c0103793_10384874.jpg(←おまけ)
昨年8月のカリフォルニアの旅の最中、サンフランシスコで見つけた、モロッコ産『マルシェバッグ』。ファーマーズマーケットの買い物用に、丈夫でかわいいマルシェバッグ欲しいなぁー、とずーっと探してたので、形といい、柔らかさといい、一目惚れして買ったのでした。でも、これを持ってまだ一度もマーケット行ってません、、 今住む町のファーマーズマーケット、今年も4月に始まりました、早起きして、行かねば。
(週末の早起き。これがなかなか・・・笑)
[PR]
by bingotama | 2008-05-14 10:48 | アメリカ