もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:アメリカ( 23 )

Newport, Rhode Island

フィオナを連れてお散歩に出て、写真を撮ったりする余裕があったのは、暖かい(暑い)季節だけ、という感じでしたが、それでも、ベビーカーを押したりフィオナを抱っこしたりして、結構歩きまわったかと。
またもや時期も場所もバラバラなんですが、写真を少し整理しました。
歴史のある、そして風光明媚な場所です。

c0103793_1629377.jpg
c0103793_17225811.jpg
c0103793_1733094.jpg
c0103793_17425543.jpg
c0103793_1744579.jpg
c0103793_17452073.jpg
c0103793_17454451.jpg
c0103793_1746829.jpg
c0103793_1748129.jpg
c0103793_1748262.jpg街に点在するこの街灯は、すべてガス燈です。近くに寄って見ると、もやもやーっとガスが出てるのが分かります。
c0103793_17484264.jpg
c0103793_17532535.jpg
c0103793_18131535.jpg何度も通ってお世話になった、Newport Bridge。通るたび、通行料4ドル(住んでる途中で値上がった)と、結構取られるのですが、EZパス(electronic toll-collection system - 自動読み取り機)を購入して車につけておけば大丈夫。確か都度80セントぐらいだったかと。EZパスは北米の特定の州の道路、橋、トンネルなどで共通して使えるパス。車を止めてお金を払う手間と時間が省けるので便利ですが、時々、通過するのが早すぎたりすると未払い扱いであとから徴収が送られてきたりするのでビックリ。

c0103793_18133974.jpg
c0103793_1814187.jpg
c0103793_18155829.jpg
c0103793_18192857.jpgスタバ。
c0103793_18202047.jpg
c0103793_18204319.jpg
c0103793_1821361.jpg
c0103793_18221720.jpg
c0103793_18274333.jpg
c0103793_1828939.jpg
c0103793_18283192.jpg市庁舎。
c0103793_1829870.jpg
c0103793_18301770.jpg
c0103793_18315163.jpg
c0103793_18354559.jpg
c0103793_1839760.jpg
c0103793_18395290.jpgCliff Walkは、ベビーカーを押しながら数回歩いただけなのですが、暖かい季節ならお散歩に最適。ウォーキングやジョギングしてる人が多いです。広い敷地に建つクリフ沿いのマンション(お屋敷)たちは、Newportの名物の一つ。
c0103793_19283620.jpg
c0103793_19302683.jpg真冬でも、サーフィンしてる人がいっぱいいます、、 寒っ。
c0103793_19311647.jpg
c0103793_19331827.jpg
c0103793_19342543.jpg
c0103793_19353530.jpg
c0103793_19394982.jpg
c0103793_19411868.jpg
c0103793_19413957.jpg
c0103793_19423343.jpg
c0103793_19431939.jpg
c0103793_1949762.jpg同じ海でも、夏だとこんな風に見える。やっぱり海の色は、空の青を反映するのでしょか。夏のビーチは、海水浴客で賑わいます。
c0103793_19514859.jpg
c0103793_2003161.jpg
越してきてすぐのころ、街の公立図書館へときどきフィオナをStory Timeに連れて行ってたのですが、その図書館のすぐ隣りに、古くて立派な教会があります。ジョン・F・ケネディ元大統領とジャクリーンが、結婚式をあげた教会だそうです。
元大統領のケネディも、アイゼンハワーも、夏の避暑地としてこのNewportによく滞在したそうで。昔アイゼンハワーがここへ来ると使っていたという邸宅で、夫が学校のパーティに呼ばれたりもしてました。
他にも、現存する全米最古のシナゴーグ(ユダヤ教の人たちが通う会堂です)があったり、同じく全米最古の図書館があったり。
歴史をいっぱい感じられる街を歩くのは、ことさら楽しかったです。古い街並みなので、道がデコボコだったり、狭かったり、歩道がなかったりして、四苦八苦しながらのお散歩も、それはそれで、思い出深いかも。笑 
しいてわがままを言えるとすれば、、 かわいいお土産屋さんなどは特に、みんな小さく狭くて(だからかわいいのだけど、、)、しかも入り口に階段も多くて、ベビーカーだと入れないところがいっぱいでした。フィオナと一緒に、ショッピングを楽しめたらもっとよかったかも。
夫がNavyにいるかぎり、また同じ場所へ戻ってくる可能性はおおいにあるので、それもまた、将来の楽しみにとっておこうと思います。

c0103793_19531815.jpg

[PR]
by bingotama | 2010-01-23 18:43 | アメリカ

感謝祭 '09

今年は、夫の実家にて、感謝祭。
夫母が、はりきって18パウンドのターキーを焼いてくれました。(まるごとの写真はありませんが)

c0103793_2311276.jpg←ここ一番、ということで、夫母が特別に出してくれた食器は、日本の『Noritake』。『昔、兄(ベトナムへ出兵していた)がベトナムで見つけて買って送ってくれたのよー』と夫母。
c0103793_2314407.jpg
c0103793_23153162.jpg←私はデザート担当だったので、家からパンプキン・バナナ・ムースタルトを焼いて持っていきました。
c0103793_2337512.jpg←ターキーをもりもり食べてた、フィオナ。ちょっと前まで、よく喉に詰まらせて、げーっと豪快にやってマミーもヒヤヒヤさせられてたのに、いつの間にか、一人で黙々と食べられるように。うちでは極力薄味にしてやるのですが、感謝祭は特別。皆と同じメニューをいただきました。

なんだかここにしつこく同じこと書いてる気がしますが、最近日中はほとんどフィオナ嬢と遊んでばかりで、パソコンは全然やらせてもらえませんできませんです。私が何か他のことをしてると、きまって『マミー、それなにー?なにー?なにしてるのー』とからんでくる、フィオナ。ここの更新も、もっと色々と書き残したいのだけど、なかなか思うようにはいきませんですねー。でも、曇りや雨の日は特にぐーっと寒くなってきた、Newport。お外へ散歩に出られる日も限られるので、狭いおうちの中であまり退屈させないよう体を動かしてやらないと。くすぐりっこして、ケタケタ笑わせたり、かくれんぼしたり。笑
夫の実家は、今のうちに比べたら、歩き回るスペースが断然あるし、キッチン以外はすべてカーペット敷きなので、フィオナも安心してうろうろ。多少尻もちついても大丈夫。この感謝祭の週末だけで、階段の上り下りも一人でできるようになりました(這ってですけどね、、)。うちではリビング以外歩きまわることがあまり無いので、体をどんどん動かせる環境を作ってやることが大事なんだなーとあらためて思いました。

c0103793_052148.jpg

今年の感謝祭は、友人の韓国人夫妻を招いていました。旦那さんがサン・ギャップ、奥さんがミン・ジョンといいます。以前うちの夫が横須賀配属だった期間は二年間で、毎月のように韓国へ出張で出かけていたのですが、何をしてたかというと、韓国海軍(潜水艦員)の人たちと仕事をしてたのでした。そこで当時、英語とハングル語の通訳の役割をしてたのが、サン・ギャップ。サン・ギャップも潜水艦員の一人ですが、『上司の通訳をたまたまやったときに、気に入られ、以来大役を任されちゃった』そうで。で、夫とサン・ギャップは、一緒に仕事をするうち、けっこう仲良くなったそうで、仕事以外の時間にも皆で一緒に食事に行ったり飲みに行ったり、と、当時からよく話を聞いていました。
そのサン・ギャップ、2006年からはニューヨークのコロンビア大学で修士号過程、いったん韓国へ戻り、現在はニュージャージー州の州立大学でなんと博士号過程をとるのに勉強を続けています。2006年のとき、私たちもコネチカット州にいたので、ニューヨークへ観光がてら夫妻に会いに行きました。おいしい韓国料理ビュッフェのお店に連れていってもらったり、一緒にエンパイアステートビルにのぼったり。あちこち案内してもらいました。今年は、たまたま感謝祭前に連絡をとったら、ニュージャージーにいるというので、夫の実家からも比較的近いこともあって、招いたら喜んで来てくれたのでした。
それにしても、韓国のひとって、やっぱりとても『あったかい』。なんというか、温情深い、というか。昔、カナダに短いあいだ勉強に行ってたときも韓国人の学生と親しくなってよく遊んだのですが、同じことを思ってました。そして、アメリカにいると余計に、日本人の自分とすごくよく似て近いところが沢山あって、会うのがすごく楽しみだったのですが、やっぱりほんとにほんとに楽しかったです。
サン・ギャップとミン・ジョンも、アメリカで感謝祭を過ごすのは二度目だそうですが、『本格的なディナーに呼んでもらうのは、初めて』と、とても喜んでくれました。途中で夫の親戚が遊びに来たりして、皆で混じってわいわい。ニュージャージーの自宅までドライブで一時間ほどかかるのに、夜の11時ぐらいまで居残って楽しんでいってくれたくらい(笑)。フィオナも、皆と遊ぶのが嬉しくて、この日は特別、遅くまで起きてハッスル。最後は眠くなってヨロヨロしてましたが、、 (それでも遊ぼうとしてた。笑)
手土産に、韓国海軍の潜水艦型タイピンを夫に、韓国の箸置きを私にいただきました。夫の母も、韓国人の友人からもらった韓国産のお酒を何本も用意したりして、おもてなし。とても思い出に残る感謝祭になったのでした。
クリスマスも、うちはまた実家に帰るので、また集まろうよー、と私たち。今年は夫の父側のクリスマスパーティを実家でやるので、『よかったら、来るー?』とサン・ギャップを誘ってみたら、大喜びしてました。ほんとに来ちゃうかも。笑
今年も、みんな元気で、こうしておいしい食事をともにできたことに、感謝。

c0103793_036334.jpg←ミン・ジョンに抱っこしてもらってた、フィオナ。夫妻二人とも、子供が大好きで、女の子が早く欲しいっと言ってました。


[PR]
by bingotama | 2009-12-04 00:49 | アメリカ

Country Presentation

c0103793_16515628.jpg現在夫が通う大学では、年間を通して、このイベントが毎週催されています。

Navy(海軍)の大学ですが、他の軍(空軍、陸軍、海兵隊など)の人でも通えるというだけでなく、他の国の軍人さんでも通える学校です。そのため、一般の大学と同じように、クラスメイトも国際色豊か。夫がとるコースでは、戦争の歴史、軍の役割、防衛の意味などを学ぶとともに、海でのおつとめにおけるリーダーシップを教わるという内容からか、年齢層は比較的高いそうです。
そんなわけで、いろんな軍の人がいます。それぞれの国をよりよく理解するため、国を代表してスピーチできる場が設けられています。生徒だけでなく、家族も見学できます。スピーチのあとは、質疑応答、そして、そのあと開かれる軽食会では、その国を代表する料理がふるまわれます。
無料だし、軽食会も興味あるので(特に夫が。笑)、これまで数回ですが参加しました。
Newportへ越してきて間もないころだったか、一度見に行ったのは、『リトアニア』のとき。夫の父の家系がそれで、うちの名字もリトアニアによくある名前だとか。スピーチではたいてい、国に関する豆知識がスライドとともに披露されるので、リトアニアという国を詳しく知る機会がこれまでほとんど無かった夫も、来てよかったー、と言ってました。
そして、今週は『エジプト』と『日本』だったのでした。軽食会がとりわけ楽しみだった夫、『一緒に行こー』とだいぶ前からはりきってました。スピーチ中、フィオナがおとなしく座っててくれるかどうかかなり疑問でしたが、、
日本の代表は、海上自衛隊のアオキさんでした。Lt. Cmdr(ルーテナント・コマンダー)と紹介されていたけれど、自衛隊の称号では、なんと呼ぶんでしょうか。。(すんません、適当で…)
夫とは違うクラスなので、ホームパーティなのでお知り合いになる機会は無かったですが、学校に『自衛隊の人、いるよー』と、夫から話は聞いてたのでした。
スピーチ、とてもよかったです。自分の家族の紹介から始まり、日本の地理、歴史、食文化、産業、教育、そして防衛の話にいたるまで、英語の説明を加えながら、スライドで紹介されていました。
その後の軽食会で、アオキさんと、奥さんのアイさんとも、少しお話できました。
『すっっごい緊張してたんですが、終わって今ホッとしてますぅ』と、制服をびしっとキメながらも照れ笑いするアオキさん。『スライドとスピーチも、ちゃんと合うように、家で何度も練習したんですよー』と、妻のアイさん。お子さんも、三人。
あまりつっこんだ話はできませんでしたが、アイさんとは、お互い『旦那が長く海に出ると大変なことも多いけど、でも手当てが出るからそこはいいわよねー』なんて話をして笑ったり。アイさんは英語が『YesとNoしか分からない!』そうで(笑)、日本語でとても気さくに話してくださり、私もかなりリフレッシュになったのでした、謝謝。
それにしても、お子さんも三人いるし、一年間だけとはいえ、ご家族でここへ越してくるというのは、大きな決断だったはず。スピーチでは、家族のサポートに対して感謝するアオキさんの気持ちがとてもよく伝わったのでした。
ところでフィオナ、スピーチ中は予想どおり途中から飽きてきたので、仕方なくCheeriosをあげ続けたり、夫が外へ連れだしたり。
軽食会では、とにかくあっちへこっちへ、行ったり来たり。最近外へ連れだすと、ほんとによく歩きます、、 いつの間にか、ちょっと小走りでフィオナを必死に追いかけている自分に気づいたのも、このとき。『走りまわって、追いかけまわす日が来るのも、あっという間よー』と周りの皆からよく聞かされてきましたが、あぁ、ほんとですねー。。

c0103793_1817089.jpg
c0103793_18171767.jpg←はしゃぎまわったあとは、車に乗るとコロッと寝ちゃうんですけどね。

年末が近づいている今日このごろ。なにかと慌しくしていました。
bingotama家は、年明けに引越しも控えているので、その準備にも徐々にとりかかっています。
先日は、フィオナの初めての歯科検診で、街の小児歯医者さんへも行きました。あと、フィオナと私のインフルエンザの予防接種も。
夫のクラスメイトのホームパーティへも、呼んでもらったり。こういうときはきまって、夫が皆と飲めるように、帰りあたし運転するよー、と自ら申しでるんですが(ほんとは死ぬほど嫌なんだけどっ)、、 運転は相変わらず必死なので、すごい短距離なのに、どっと疲れます、、。特にうちの近辺は、一通が多いうえに、年じゅう道路工事をあちこちでしていて、そのたびルートを変えなきゃなので、もうパニック。一人じゃたぶん、一生無理。
あと、最近は参考のために、街のデイケア施設を数ヶ所見学に訪れたりもしました。
感謝祭も近づいています、今年は自分の家に人を呼ぶわけでなく、夫の実家で過ごすので、ターキーの準備をしたり感謝祭ディナーのメニューを深く考える必要も無し。うしっ。でも夫母に『デザート持ってくわー!』とこれまた自ら提案してしまったので、、 これだけはやらないと。やっぱり、パンプキンパイは欠かせないですかね、、 レシピ調べなきゃ。
感謝祭のあとは、クリスマスが必然的にやってくるわけで、、 あぁ、クリスマスカードも書かないと。ギフトも用意しないと!ちまちまと、空き時間にオンラインショッピング。
引越しですが、、 夫が来年2月に大学を卒業したあと、次の配属先は、どうやらまた日本の横須賀になりそうです。まだ正式には通達されてないのですが、どうやら可能性は高そう。
そこで、一番面倒なのが、息子たち(びんごとタマ)の検疫。日本へ連れていくにあたり、あらかじめしておかなければならない処置やペーパーワークが沢山あるので、ちょっと前から始めました。マイクロチップを埋め込む、だとか、予防接種だとか、その後の血液検査だとか。最近、動物病院へ何度となく行き来しています。
この子たちも、大事なお子なので、もちろん、連れていきますともー。手続きは面倒だけれど、マミーもダディも頑張るよーっ。
<いま、パソコンやってる私の横に、ぴっとりくっついてスヤスヤ寝てる二人に向かって。笑>
[PR]
by bingotama | 2009-11-22 19:19 | アメリカ

ハロウィン

c0103793_15533625.jpg
個人的には特に思い入れのない行事なので(子供の頃だって特に何かした記憶もないし、、)、この日に何もしなくても私はいっこうにかまわないんですが、なにせ呼ばなくても次々と家まで来ちゃうんですからねー、子供たちが。なので今年も、はりきった夫が、配るお菓子をあらかじめ大量に買い込んで待ってたのでした。今年も、キャンディーやチョコ類に加え、ヘルシー(?)なグラノラバーやエナジーバー系のものも混ぜて。
少なかったですがね、結局。来たのは、合計30人くらい。
ハロウィンの週末は、またグランマたちが遊びに来ていたので、子供たちを迎える役目はおまかせ(←面倒なひと)。当然フィオナもかりだされるので(笑)、しっかり防寒させて。結構長い時間、外のポーチに座って遊びながら待ってたみたい。
私は黙々と、キッチンで晩御飯の支度。この夜は、ローストビーフだとかマッシュポテトだとかグレービーだとか、、 感謝祭はまだなのに、もう感謝祭であるかのような意気込みで作ってしまいました。この夜だけでなく、今回はお昼も買わなくて済むようちゃんと用意してあげたいなーと思ってたので、グランマたちがいるあいだ、なんだかずーっとキッチンに立ってたような。大人4人ぶんだけですが、結構疲れるもんですね。。フィオナも最近ではもうがっつりなメニューを食べるし、、 外出先でごはんをあげるときや、体調が悪くて作るのが億劫なとき以外、買ってきたレトルトのお世話には極力ならないようにしてるので、毎食何かしら用意してやらないと。
でもよく考えたら、こうして大好きな料理三昧できるのも、フィオナをみていてくれる人たちがいるときだけだし。逆に感謝しなくては。

c0103793_16343214.jpg
c0103793_1635218.jpg大きいカボチャが怖かったフィオナ。グランマにしがみつく。笑 かろうじて、小さいカボチャにだけつんつんと触ってました。
c0103793_16373553.jpg今年は特に着ぐるみ着せませんでした、フィオナ。でも一応、ハロウィン柄。ビブ(よだれかけ)は、大好きなエルモ柄。こんな服なら、あとあと普段にもじゃんじゃん着られるし。
c0103793_16375223.jpg
フィオナも、10月で生後16ヶ月になりました。
ますます、大きくなってます。進化しています。
あんよもすっかり上手になりました。ごはんも、一人で黙々と食べられるようになってます、いつの間に(!)。言葉もまだまだ解読不能ですが、なにやら色々と喋ってます、フィオナ語で。
成長に比べ、ここの更新がまったく追いついてませんが。すっかり幼児化して遊び相手が必要なフィオナに、日中はほぼ拘束されているマミー。なので、ご勘弁ください。笑 
しかしこれが、楽しい。一緒に座ってテレビを観たり、おもちゃで遊んだり、絵本を読んだり、おやつを食べたり、音楽にあわせて踊ったり、家の中で追いかけっこをしたり、手をつないでお散歩に出かけたり、くすぐって爆笑させたり、お風呂に入れてやり水遊びしたり、歯をみがいてやったり、、 などなど。なんだか、一緒にできることが急に増えた気が。『そっか、もうベビーじゃないんだ。私のすること、ちゃんと分かってる。ちゃんと見てる。一人前に扱ってやらないと。』と自戒する毎日です。
楽しいときは、ママでいるのって最高だなぁ^^と思えるけれど、叱るときは、あぁ~嫌だなぁ、と思います。笑 ちょっと前まで、ベビーのうちは、フィオナが何をやろうと、『いい子ちゃんねー』と褒めてばかりだったのに。最近では、色々と“戒め”が必要な場面がちょこちょこと。私たちが『ダメッ』と怒るのが、分かるフィオナ。静止されて悔しいのか、そのあと泣きだす顔がこれまたおかしくて(笑)、笑いをこらえるのが大変なんですが。

c0103793_1649296.jpg
c0103793_1649265.jpg
c0103793_16543679.jpg
c0103793_16541738.jpg髪もよーうやくここまで濃くなりました。笑 夫の家系に伝わる、テカってでかい輝かしいおでこは、健在。最近コレで思いきり頭突きしてくるので、痛いです、、ほんと。
c0103793_16574193.jpgすっかり寒くなりました。お散歩も、防寒ばっちりしないと、キツいです。マミーは寒がりなので、面倒なときは、ほとんどダディに連れだしてもらってます。笑
私は、ここ一ヶ月くらい、扁桃腺の炎症のようで、喉の痛み、咳、微熱を繰り返してきました。動けないほどには悪くならないのですが、こう繰り返すと、もういい加減嫌になって、ちょっと凹んだり。皆さまは、お体どうですか?
こちらも、日本と同様、インフルエンザのワクチンがいまとても貴重なようで。流行が、なんとか早くおさまって欲しいもの。
風邪にかかりやすい時期。どうかご自愛くださいね。

c0103793_1793926.jpg
[PR]
by bingotama | 2009-11-10 17:24 | アメリカ

フィオナの部屋

c0103793_1620219.jpgGrandmaとPop-Popからもらった、去年のフィオナのクリスマスプレゼントのひとつ。木の感触と色合いが、好きです。大きさは、私の顔ぐらい?笑
c0103793_16291932.jpg←↓IKEAの子供部屋用ラグと、おむつ交換台の引き出し。
c0103793_1637550.jpg
c0103793_16323899.jpg夫の伯母(nun=修道女)からいただいた、絵。
c0103793_1634070.jpgダディが生まれたときの、バースアナウンスメントのカードを、とってあったらしい、Grandma。フレームに入れてプレゼントしてくれたのでした。
c0103793_16344843.jpgフィオナの窓からの景色。(あ、これ、冬に撮ったので、なんだかすごい冬っぽいですね、、)
c0103793_1635917.jpg
フィオナの部屋なんですが、パソコンを置かせてもらってます。あと、ダディの仕事関係の持ち物や書類、はたまた、金庫まで。笑
そんなわけで、ほとんど物置場と化してしまってるので、いい写真が全然無かったです、、 (すごい部分的)
しかも、日中はほとんど一階のリビングにいるので、おもちゃも置いていないし、あまり子供部屋らしく使っていないかも、、 ごめんよーフィオナ。タンスなどにフィオナの服はしまっているけれど。
でも、ドアを閉めると、すーっと周りの音が消えて、静かになる。、、あ、でも、私たちの使うトイレと隣りあっていて、なにせ狭くて古い家なので、私たちが出入りするたびミシミシ音がうるさいかな。
それでも、壁に備え付けの白いパソコンデスク兼本棚は、結構かわいいなーと思ったのが、初めの印象。アンティークっぽい、アイアンの椅子も気に入ったので、使いたいといってそのまま残しておいてもらったのです。
二階には、この小さな部屋と、バスルームと、主寝室だけです。
なにはともあれ、まだ一歳にも満たないうちから、文句も言わず(当然)ここで一人ぽつんと眠ってくれてきた、フィオナ。たまーに泣くときは、見に行ってやるのですが、ちょっと布団をかけなおしてあげたりすれば、またぐっすり寝に戻ってくれるので、助かってます、、
時々、モニターを通して、すーすーという寝息とか、ぶひーぶひーという鼻のなる音とかが聞こえてくると、幸せな気持ちになりますです^^。

c0103793_16424434.jpgダディみたいに、寝る前に、必ず読書ね。
c0103793_1643541.jpg
c0103793_17212854.jpg

[PR]
by bingotama | 2009-10-03 17:17 | アメリカ

うちの台所

c0103793_1639423.jpg

最近、時間が足りない。前にも増して、なぜか。(なんでだろ?)
したいこと、しなくちゃいけないことが、山ほどあるのに、、 毎日毎日が、未消化のまま終わってしまい、うーん、なんとも気持ち悪い。
悶々としていても、仕方がないのは分かっていれど。物事、優先準備があるってのも、分かってる、、けどけどっ。
すべて、自分の選択、ですね。うん。
そんなわけで、文章をあまり書かなくてもいいかなー、という感じの、おうちフォト。
(結局、手抜きだ・・・)
今、住んでる家の、雰囲気が伝われば。
古いですよー。ボロいですよー。激狭ですよー、、ホント。でも、かわいかったんですのよ(笑)。
恥ずかしいので、部分的に撮ってみました。(←きれいにしてるとこだけ)
やっぱり、初めは、キッチンから。この家を下見したとき、一目惚れだった、キッチン。ここに決めた、大きな理由のひとつ。
(でも、使いはじめてみると、色々と不便な点が見えてくるもんですねぇ、、そりゃね。やっぱりね。)

c0103793_1649985.jpg
c0103793_1772017.jpg
c0103793_1774236.jpg
c0103793_17115641.jpg
c0103793_17143618.jpg
c0103793_1717124.jpg
c0103793_17382099.jpg
c0103793_17221230.jpg

このキッチン、大好きな点は、収納。これが、すごい。
特に、我がパントリー(自称)の収納と、出し入れのしやすさといったら。食料品の買いだしに行って帰ってくると、さすがにムリかぁー、と思うんですが(特に、コスコに行った日なんぞ。←まとめ買いだらけなので)、なんだかんだいって入っちゃうので、毎度、感動の雄たけび。
ガスレンジや、オーブンが写っている写真もあったのですが、あまりにも生活感が出ててみすぼらしかったので、載せるのやめました。
あと、写ってませんが、キッチンの中央には、表面がタイル貼りでかわいい、簡易テーブルとスツールが2つ置いてあります。確かにかわいいんですが、ホント狭くて、ぶつかることは多々。
それと、うちのキッチンには、なぜか(、、って、狭いからか)、ドラム式洗濯機も、はめこまれています。(写真にすこーしだけ写ってる) イギリスのおうちみたいで、そんなところもちょっと好きだったり。
キッチンにあるので、フィオナを見ながら作業ができて、便利といっちゃあ便利。ですが、容量が小さいのと、乾燥機能がダメダメなので、あんまり使ってません。洗濯は、もっぱら、裏庭から出入りする、地下室へ。
次回は、フィオナの部屋
c0103793_17255635.jpg

[PR]
by bingotama | 2009-09-01 17:43 | アメリカ
夫の両親が来ていた週末。前々からチケットを買ってあったので、フィオナをあずけて、行ってきたのでした。久々のライブイベント。シアトルのBumbershootが懐かしい。今年の行きたかったなぁ、、The Black Eyed Peasも、Yeah Yeah Yeahsも、来るのに。ちっ。
それにしても、あぁーやっぱり音楽っていいな。と思った一日。

c0103793_16201535.jpg
c0103793_16204570.jpg
c0103793_162146.jpg
c0103793_16213578.jpg
c0103793_16215374.jpg←海上から見物していた人たち。無数のボートやヨットが出ていました。中には船上でパーティやってるグループも。

c0103793_162295.jpg←NewportからFort Adamsへは小さいフェリーに乗ってすぐなのですが、とはいえこの日は海上が大混雑、他の船と何度もぶつかりそうでちょっと怖かった。
c0103793_16241434.jpg←この日のお目当て。The Decemberists。やっぱり大好きー!
c0103793_16465980.jpg
c0103793_1626814.jpg日が燦燦と照る真夏日。音楽に体を気持ちよく揺らしながら、結局4時間ぐらい居たかも。ピクニックみたいで楽しかったのですが、こうなると、日焼け止めも、ほとんど効果無し… 東京、ハワイ、と日焼けしてきた肌が、さらにガビガビに。自滅。
[PR]
by bingotama | 2009-08-10 16:48 | アメリカ

ポロ観戦

c0103793_1656010.jpgNewportの隣り町、Middletownをさらに北上すると、Portsmouthという自然いっぱいな町があるのですが、これがおこなわれているポロのフィールドもあります。夫がいま通うNavyの大学でも、チームがあって活動してるそうですが、Newportチーム、というのもあるようで。私たちが観に行った先週の土曜は、Newport対イエール大学という対戦でした。
車でフィールドへ乗りつけ、アドミッション(入場料)を払い、そのまま、フィールドわきの芝のスペースに駐車、持参した折りたたみイスを抱え(フィオナも抱え)、いざ。
ポロ観戦なぞ、初めてだったので、夫も私も、ルールまったく分かってませんでしたが。まぁ、ポロがどうこう、というよりは、外で、ビール片手に、ホットドッグでもかぶりつきたかったから、とそもそも目的がそんな感じで来たので、試合内容はどうでもよかったんですね要するに、はいはい。
でも、すごい数の人たちがどこからともなく観に来ていて、びっくり。子供も大人も。思い思いの食べ物や飲み物、くつろぎアイテムを持参で、試合観戦+ピクニックを楽しんでいるようでした。ワイン飲んでる人たち、おいしそうだったなぁ。。
家を出るときは、気持ちのいい快晴だったのですが、着いてからはちょっと曇り空。肌寒かったです。個人的には、暑いぐらいが気持ちよかったなーと、ちょっと残念でしたが。
ポロ観戦だけに、服装も、ちょっとプレッピーな感じの人が多かったです。男性は、カラフルなポロシャツに、キュロット(←死語?)風のショーツとか。女性なら、清楚なワンピースとか。
でも、こんな休日の過ごし方も、たまにはいいかも。

c0103793_1722253.jpg
c0103793_17244465.jpg

c0103793_1726844.jpg『・・・つまんないのよぉー・・・寒いのよぉ・・・ ぶつぶつ
c0103793_1728576.jpg『疲れたっ もう寝るわっ』
[PR]
by bingotama | 2009-06-16 17:37 | アメリカ

Simmons Farm

c0103793_1541306.jpgNewportの隣り町、Middletownにあるこの農家へ、これから毎週木曜日、新鮮野菜を受け取りにいきます。
夏から秋にかけて契約したので、育つ野菜も、気候によって微妙に変わるのでしょうね、楽しみ。
先週は初めて受け取りの日でしたが、他にも地元の人たちがたくさん訪れていました。長机にズラッと並べられた野菜や卵、手作りチーズなどを前に、自分の契約どおりの内容と分量を、自分でどんどんとっていって袋に入れていきます。うちは、野菜だけの契約をしたのですが、今回は葉物野菜がすごく多かったです。写真のほかにも、白いカブらしきものや、ラディッシュ、ケールのような青々して大きい葉をつけたグリーン野菜などなど、、 どっさりいただいてきました。
(あ、名前を全部覚えてなかった、、)
虫もいっぱい食ってるし、土もついたままだけど、そこが自然な感じでいい。
うちへ帰ってから、早速しばらく水につけて、土や汚れを落とし、下準備。
当日は、パリッとした新鮮レタスをサラダにしたり、Bok Choy(白菜。個人的には青梗菜に近いと思う)をスープにしたり。すごく久しぶりに天ぷらをして、人参や玉ねぎでかき揚げなどもあげたので、この日はいろんな野菜三昧。かつおぶしと海苔たっぷりのアツアツご飯(ねこまんまっ)と一緒に。あぁー、幸せでした。
農家では、Petting Zooといって、家畜と自由に触れ合えるようになっていました。エサもあげられます。家畜は、ヤギさんや牛さん、カモさんや豚さんなどなど、いろいろ。フィオナを抱っこして近寄ると、当然のごとく人に慣れてる皆さんは、ガンガン舐めてくれようとします、、 泥だらけ、びみょーな匂いもぷんぷんな子たちばかりなので、さすがにフィオナは引っ込めちゃいましたが。すまんね・・
これからしばらく、お世話になりますです。

c0103793_1634286.jpg帰り道『U pick strawberry(自分で採るイチゴ)』のサインにつられイチゴ農家へ。が、自分で採るぶんの収穫はすでに今シーズン終了とのこと。例年は、7月初めまでやってるんだけどねー、と農家のおばちゃん。で、収穫済みのを購入。ふぞろいな形、デコボコだけど艶々。甘酸っぱくて、美味しかったです。
[PR]
by bingotama | 2009-06-16 16:29 | アメリカ

フランス色?

c0103793_22543384.jpgずーっと前なので、いつなんの用事で出かけたときだったのか、ナビで名前を確認しておきながら、どこの街だったか、もう忘れちゃったけれど。
MA(マサチューセッツ州)方面へドライブしているときに、通りがかった街。中心街の、メインストリートと思われる道路を走っていたら、通常は黄色い直線二本(もしくは一本)なはずの車線を分けるラインが、赤・白・青のカラフルなラインになってました。
あんなの見たことなかったし、ちょっとかわいかったので、撮影。このライン、しばらく続いてました。
[PR]
by bingotama | 2009-06-11 23:04 | アメリカ