もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Happy Halloween

c0103793_810593.jpg
夫の母からは、ことあるごとに、いつもすてきな花が届きます。
花屋さんの配達の車がうちの前にとまると、『あ、またお義母さんかな』と。
(マメだなー。笑)
いつも、花に添えられたカードを開くのが、楽しみです。
短くも一言添えられた言葉から、気持ちが伝わります。
ちょっと前に届いたこれは、ハロウィンにちなんで、陶製カボチャの器に入った小ぶりのアレンジメントでした。かわいいー。
やっぱり、花がある空間は、いいですね。
これを置くだけで、ダイニングテーブルが華やぎました。謝謝。
[PR]
by bingotama | 2007-10-30 08:22 | アメリカ

ぐずぐず。

c0103793_224747.jpgc0103793_2244250.jpg天気のことです。例年どおり、というような、雨か曇りの日々が続いています、シアトル。でも昨日・おととい(月曜・火曜)は珍しく終日カラッと晴れて、なんだかとても気持ちのいい日でした。
↑左は、ちょっと前に作った、きんぴら。宇和島屋でゴボウが買えたので。ゴボウなんて、最後に食べたの、いつだったっけ。前の職場ではランチによくオリジン弁当のお惣菜買いに行きましたが、器によそうモノはいつも決まってました、自分。きんぴらも、その一つ。たいてい、定番でいつも置いてあったので、ごっそりよそってました。なせだか、好き。
今回、1メートルぐらいあるゴボウ×2本ぶんで作ったので、人参と合わせて、千切りにするの、疲れましたーっ。(ささがきにすればよかった・・・)
でも、美味しいですーっ。味付けを、ちょっと濃い目、辛めにしてみました。すごい量作ったので、小分けにして保存しました。お弁当のおかずにもなるし。
↑右は、同じく宇和島屋で買ったさつまいも。キューブ状に切って、一度キャノーラ油で揚げてから、ハニーマスタードをからめました。これ、料理家ケンタロウレシピ。実は、彼の美味しいおつまみレシピ本に載ってたレシピなので、いいおつまみになるような、美味しさ(じゅるっ)。ハニーマスタード大好きな夫が、ハマってました。
ゴボウはすべてきんぴらにしてしまったのですが、さつまいもは、半分で別のものを作りました。茹でてから、マッシュにして、チーズ+ドライフルーツ+ナッツなどと一緒に、コロコロっと丸めるのです。ラップを使って、茶巾しぼりを作る容量で。ずっと前に、ネットで見たレシピなのですが、うろ覚えだったので、適当に。そのときあった材料を使ったので、私は、クリームチーズ+ドライクランベリー+へーゼルナッツを混ぜ込みました。
チーズは、カッテージチーズにすると、よりヘルシーになっていいらしいですが、私はクリームチーズが好きかも。おやつにも、おつまみにも、おかずにもなります。これも夫が気に入り、ポイポイと口に放り込んでました。
(作るのは面倒なのに、食べられるのはあっという間)

c0103793_2245823.jpg←余ったドライクランベリーで、またスコーン。バターの量を、レシピに従わず、適当に多めに入れたからか?今回は特に、しっとりコクがあって、なんだか美味しかったです。先日、またTrader Joe'sへ行ったとき、マスカルポーネチーズを安く買えたので(あそこでは、いつも一個$2.99!通常は$5~7ぐらいするのに)、温めたスコーンに、マスカルポーネ+無糖ジャム。熱いミルクティーと一緒に、いただきます。幸せ~な組合わせです。
今日は、急に、りんごのマフィンが食べたくなったので、焼こうかと。りんごといえば、秋ですからね。
こう天気が悪いと、歩いて外へ出ることがあまりなくなります。地面もぬかるんでいるし、、寒いし、、すぐ暗くなっちゃうし、、と、何かと理由をつけて、おうちで猫たちとぬくぬくしとります(笑)。いかんですね。
とはいえ、先週からずっと、出かけていって人に会う機会が多かったので、車で出かけては、ぼちぼち活動しとりました。
夫の職場であるここの基地で、なにやら一番エライ立場であるらしい、上司主催のパーティ。大雨の日、上司宅の庭でテントを張って開かれました。基地内には、エライ立場の人が住む住居エリアがあるのですが、この方のところも、庭、というか、柵の無い公園みたいで(笑)。でっかいテントが張られ、食べ物・飲み物も用意され、何人いたか分かりませんが、悪天候にも関わらず、にぎわっていました。すべての潜水艦から招かれていたので、もと同僚、もと上司、といった具合に、懐かしい面々に遭遇する場面も多々見うけられ、なんだか同窓会みたいでした。うちの夫も然り。この夜は予想外に、以前ハワイで乗ってた艦のキャプテンに再会できたり、日本の横須賀で上司だった人にまた会えたり。夫とは違う潜水艦に乗る友人とその奥さんも、何組か知っているので、この夜、久しぶりに顔を会わせました。
他に、職場のOctober Festもありましたが、私はちょうど体調優れなかったので、『一人で行ってくれーぃ』とキャンセル。
次回のパトロールに関するミーティングがあった日も。毎回パトロール前に、基地の教会で、奥さんも合同で開かれるらしく(出たの今回初めてでした)、いくつか大事な話がされました。あぁー、いよいよまたこのときが、、という心境(がっくし)。
もうすぐまた独りになるし、いい加減、雨の日や、夜道の運転にも、慣れたいなぁー、、と、自分にムチを打ち、できる範囲で、独り運転がんばっとります。タコマ方面はまだ恐ろしくて行けませんが(笑)、北のほうなら、自分だけでも難なく行けるようにはなってきました。(だーれも居ないところとか、ね。笑)
でも先日、大雨が降る中、夫を迎えに行ったときは、あまりの雨量で車線も信号もろくに見えず、ハンドルにへばりつき、目をこれでもかと細めて(←すごい顔してましたねきっと、、)『もぉーほんっっとカンベンしてーっ』と車内で独り雄たけびあげました、怖かったー。たいてい、雨の日でもフリーウェイでビュンビュン飛ばしてる他の皆さんも、この日ばかりはスピード落としてた感じでしたがね。
夫の仕事も忙しくなってきているので、サッカーの試合も行ったり行かなかったり、毎日ぐったりで帰ってくるのですが、その体で、週末は、水漏れし始めたトイレを新品のボルトを買ってきて修理してくれたり、私に関わる所用で銀行や基地のオフィスに付き合ってくれたりしています、いつも感謝しとります。
[PR]
by bingotama | 2007-10-25 04:12 | 料理
ビンゴとタマが、うちへやって来てから、10/21でちょうど一年です。

今週は、夫の職場関係で出席するイベントがポツリポツリとあって、ダディもマミーも気もそぞろ、前日になり思い出しました、『あっ、、明日だね・・・笑』(ごめんよ、びんごたまー

うちのほうから、ちょっと北上すると、Port Townsendというかわいい港町があるのですが、そこの森の中にあるシェルターから引き取ってきました、びんごたま。
c0103793_1161580.jpg

c0103793_1163382.jpgうちへ子猫がやってくる、と、あらかじめ張り切ってペットショップへ行き、猫グッズを買いそろえました。
↑この、チェリーのクッションベッドも然り。当初は二人で悠々と入って眠れたのに、←今ではもうムリ(笑)。
二人とも、しばらくずっと使ってなかったのに、最近になり何を思ったか、タマがこの中に入って眠るようになりました。最近の、お気に入りの場所らしい。
明日、日曜は、何も無いので、もし天気がよかったら、びんごたまも連れて(ケージ入りですが)、Port Townsendまでドライブいってみようかー、と話しています。
思い出の地、、とはいえ、彼らの記憶は全く無いと思いますが(笑)。それより、マミーたちにとっての思い出の地、かも。小さい手提げのダンボールに入れられた彼らを、助手席のマミーは大切に抱えて、車に揺られ、連れ帰りましたよ。道中、『ミャー ミャー』と一生懸命声を出し、箱の中でゴソゴソと激しく動き回っていたビンゴ。びんごにつられ、ワンテンポ遅れて、眠たげな目をしながら、顔を出そうとよじ登ってきた、タマ。思えば、この頃から、それぞれ性格出ていたなぁ。
興奮し『今日から、うちの子だよー』と何度も話しかける。まるで、人間の赤ちゃんを迎えるような、わくわく、ハラハラ、どきどき、新鮮な、感情。昨日のことのように甦るけれど、あれから一年経ったのですねぇ。早い。
そういえば、あの日は、10月にしては珍しく、終日快晴の穏やかな一日でした。なんだか、毎日のように空が崩れている今年は、考えられないけれど。。
この先も、元気で、仲良く、ずーっと一緒に暮らそうね。
c0103793_1131481.jpg

昨日は朝から、雨→晴れ→雷雨→晴れ→土砂降り+雹→晴れ→雨、、(もう覚えてないけれど)を繰り返す、荒れ放題の一日でした。
その前日は、珍しく、強風吹き荒れる一日。そして、まったく予期せぬことに、電気の供給が止まりました(またっ)。
夕方、テレビの料理番組がプツッと消えました。あれ、なんだか聞き慣れない音もしたような。周りの電子機器を見わたしたら、ぷっつり、すべての電源が落ちていました。
ニュースでは、Wind Stormなんて言っていたけれど。日本ならきっと、弱い台風程度の風だよー、、この程度で、電気落ちるのかよー、、と心の中でぶつぶつ言いながらも、この時点ではさほど深く考えてませんでしたが、電気が消えてから、三時間、四時間、、と経つうち、徐々に昨年の悪夢が甦りました(あぁ、トラウマになるかと思うぐらい、嫌な思いしましたー、、←大げさ)。
すべての灯りが消えると、あたり一面、本当に真っ暗。家の中も当然真っ暗、キャンドルの灯りでは読書すら難しい。職場の建物も停電し、普段よりちょっと早く帰ってきた夫、『じゃ、疲れてるし、もう寝るかー』と(笑)、電気が通ってた隣り町のサブウェイで買ってきたサンドイッチを夕飯にして、その後就寝>午後6時50分(笑)。←でももうほとんど暗くなっちゃうのですよー。
結局、うちの辺りは、6時間ほどの停電ののち、寝てる間もとに戻ってましたが、場所によっては、停電なんてしなかったよー、という家や、まる一日停電してた、なんて家も。
キャンドルコレクション、またまた役に立ったのでした。すでに、インテリアという枠を超えて、緊急時欠かせないモノになりつつあったりして。
今週はずっと、偏頭痛と微熱に悩まされ、体調がイマイチだったのもあって、むしょーに温かいお茶が飲みたかったです。電気が落ちてる→電気ポットは使えない、というのは、かろうじて理解していたらしい>自分、そしたらなんと次は『じゃあ、お鍋でお湯沸かせばいいんだな・・・』と、お鍋を取り出そうとしたところで、ハッと気づく(うちは、IHクッキングヒーターです)。そこまできてもまだ理解できなかったのか、熱で頭がポーッとしてたのか(笑)、『じゃあ、レンジでチン・・』と、マグカップに手を伸ばしたところで、ハッと。いや、大げさな話でなく、本当に。
普段、何気なく使っているものの、ありがたみを感じるとき。
去年も経験したのに、やっぱり同じ行動を繰り返してしまう、進歩のない自分(落)。
[PR]
by bingotama | 2007-10-21 12:38 | ビンゴたま

鍋ーっ!

週末あけて、月曜日、またまた冷たい雨が降るシアトルです。
(あぁ、、鬱にでもなりそう)

c0103793_242958.jpg今週から用事が増えてちょっとバタバタしてくるので、出かける所用は全部土曜に済ませて、日曜はおうちでなるべくのんびり過ごしました。
気になってた庭の芝や土の整備も、夫にやってもらえたし、よかったー。
夕飯は、鍋。この日はがっつり作るぞーっと決めてたので、うちで一番でっかい鍋にダシを用意して、いざ、野菜をどんどん切ってポンポン投入していく。
(父・母上、以前送っていただいた、乾燥昆布。“ダシが肝心”なこういうとき、とても重宝しました、ありがとう。この鍋のダシとりで使ったのが、最後の一切れでした)
ここは日本じゃないことを考えれば、自分の中で、完璧に近い鍋の材料が揃ってました(笑)。こんなのは滅多に作れないし、とことん豪華な鍋にしたかったです。気合入ってました。昆布だし以外にも、顆粒のかつおダシを加えたし、これでもかーと投入した野菜から出る旨み以外にも、何かいい味が欲しいなぁー、、と欲が出ました>自分。
ランニングに出かけようとする夫に『ついでにスーパー寄って、エビとホタテ買ってきてーっ』と頼む。でもしっかり注文つけましたがね、、 スーパーで売ってるホタテ、結構高いです(でもサイズは特大)、でも貝柱なら普通に買える値段。だから、『ダシだけ取れればいいから、エビは冷凍、ホタテは貝柱ねーっ』と(笑)。が、結局、チイサイの売り切れて無かったよー、と、冷凍のエビとホタテ(←特大)の大袋をばーんと買ってきちゃった>夫。嬉しいけど、自分ならケチって、その場でどっちか諦めるのにぃー、とか心の中でちょっと悔やんだり(笑)。でも、目が飛び出るような値段なわけじゃないし、一度で使い切るような量でもないしね。残ったぶん、冷凍しておいて、また他の料理に使うのが楽しみ。
この↑鍋、直径もまぁまぁあるのですが、深さがこれ以上あります。ぐつぐつぐつぐつ・・・。お玉で混ぜると、汁がこぼれて、おっとっと、というぐらい、野菜と魚介たっぷり、満杯の鍋になりました。
この日の夕飯は鍋っ、と気合が入ってた理由は、前日の土曜に、あるものを探しにIKEAへ買い物に出た際、ついでに宇和島屋(ダウンタウンにある日系のスーパーです)へも行って、食材を色々と買えたから。
エビとホタテに加えて、白菜、人参、大根、ニラ、長ネギ、えのき、はるさめ、豆腐、キムチ、味噌。ほとんどは、このへんじゃすぐに買いに行けない食材。うわぁー、豪華っ(笑)。久しぶりの鍋のいい匂いをかいで、作りながら、ヨダレ出てました。
キムチのパッケージ、ケチって小さいサイズのほうを買ったからか、加えるも、なんとなくパンチのないうす味の汁に。私はうす味好きだけど、夫にはちょっと物足りないかなーと思ったので、冷蔵庫にあった味噌でごまかしました(笑)、でもこのほうが辛み控えめでかえってよかったです、具たっぷりのおいしい味噌汁をいただく感じ。
鍋大好きな夫も、大喜び。日本に居たころは仕事で何度も韓国行って、キムチも大好きになったし。
いつもなら、夫の食欲のほうが断然勝るのですが、この日は違いました。夫が、最初によそってあげたどんぶり一杯で満腹になったのに対して、お替わりしてどんぶり三杯ぶんたいらげてる私を見て、『珍しいじゃーん』と夫。鍋って不思議ですよねー、あんなに山盛りに作ってても、どんどんお腹に入っちゃう。あっという間に嵩が減る。
仕事柄、食べるのが特に早いです>夫、が、熱いラーメンとか、熱い蕎麦とか、日本で育って熱いの食べ慣れてきたせいか、こうゆうのだけは食べるスピード負けませんよー自分(笑)。
さらに、うどんとか、モチ、ご飯などがあれば、〆はそれで、、といきたいとこでしたが、たまたまどれもきらしてました。でもこれでもう十分満足!
残ったぶんも、まだたっぷり。白菜などはとろけるように柔らかくなり、味もしみて美味しい。
夫は、ランチ用にタッパーに入れて、職場へ持って行きました。
鍋は油を使わずヘルシーだし(ほとんど水分?)、野菜も沢山食べられるから、いいですね。
宇和島屋では、このほかにも、牛の薄切り肉をまた買いました、この薄さは、このへんのスーパーじゃとても手に入らないし(笑)。これは、甘辛く煮ようかな。日本のサツマイモも買えました、これもちょっと甘く煮ておこうか。あと、長ーいゴボウが一本99セントで意外と安いと思ったので、二本。きんぴらにでもしようかな。ニラも少し残してあるので、ニラたまとか作ったら美味しそう!
値段が高いと、滅多に来れないしーと思ってもやはりケチってしまうので(笑)、買ってるのはすべて手ごろな値段のものばかりなんですけどね。
もう少しすると、夫のお弁当生活がまた始まるので、これら、作って冷凍しておいて、お弁当に使おうと思います。
余談ですが、宇和島屋でこのとき買ってきた、黒ゴマ入り食パン。翌朝、トーストして食べたら、その美味しさ、食感に感動しました。以前は日本で当たり前のように毎朝食べてた、トーストの味。外側はパリッと、中はモチッと柔らかい。夫も『うまいー!』とすぐに一言。日本に居たら、いたってフツーなパンだと思うけれど、いつの間にか、こちらで食べる硬く味気ないトーストに慣れていた自分、これが新鮮でした。
はぁー、、日本へ帰ったら、美味しいパン屋さんへ行きたいなー(笑)。

*********

帰る、といえば。クリスマスの時期、日本へ帰省します。
夫がまた海へ出る時期なので、そのはじめの一ヶ月間、日本へ帰ってお友達や家族に遊んでもらい、つかの間、寂しさを忘れ去ってしまおう、という魂胆です、、
今からすでに、帰ったらあれ食べよう、ここ行こう、などと、妄想しまくりです。
日程、また個々に連絡させていただきますね。
どうか遊んでやってくださいー(笑)。

c0103793_473474.jpgc0103793_4244144.jpg←今日のびんごたま。
左:顔を交互に舐めて、洗いっこ。ほのぼの。
右:わんぱくプロレス。
[PR]
by bingotama | 2007-10-16 04:26 | 料理

Napa - 三日目

やしの木を見ると、カリフォルニアだなぁー、、と感じます。
抜けるような青い空と、やしの木。
滞在中は本当に快晴に恵まれました、というか、Napaではどうやら、4月~11月ぐらいまでは、全くといって言いほど雨降らないらしいです。
シアトルと同じ西海岸なのに、緯度が違うと、こうも違うんですねー(笑)。
ワインに使われる葡萄も、世界各地の色々な環境のもと、様々な種類が作られているけれど。
NapaやSonoma地方では、恵まれた天候によるこの強い日差しで、ワインに最適ないい葡萄が年間を通して育つようです。
c0103793_6563781.jpg

8月19日(日)

8:00 起床
11:30 CIA(The Culinary Institute of America)見学
13:00 公園でランチ(前の晩レストランから食べきれずに持ち帰った残り。笑)
13:30 St. Helenaのダウンタウンをぶらぶら散歩
15:30 DEAN & DELUCA(日本のサイトはこれ)でショッピング
16:30 宿へ戻り、裏庭でしばしまったり
18:00 宿のワインレセプション(夫だけ)
20:00 夜ご飯

c0103793_7262836.jpgc0103793_7264690.jpg


c0103793_727893.jpg現在となってはこのCIAが所有する建物も、そもそも1800年代から存在してきたらしいです、古くて歴史ある、とてもきれいな造りでした。国家的歴史建造物、なんぞに登録されてるようなので、だいぶお金をかけて保存と再利用のための改装が重ねられたらしく。
一部、観光客に公開されているので、中を見学してきました。
Napaで、こんな一流の料理学校に通う、、私とはだいぶレベルの違う話ですが(笑)、さぞやエキサイティングだろうなぁー、とちょっと憧れました。
(ほんのちょっとだけね)


c0103793_7374452.jpg←アンティークなコルクスクリュー(ワインオープナー)も、沢山展示されていました。えーこんな形のもアリ?とちょっと面白かったです。

c0103793_738294.jpgc0103793_7381755.jpg←一時代は、世界一の量のワインを貯蔵できる、ストーンワイナリーだったそうで。

c0103793_7412769.jpgc0103793_7414280.jpg


c0103793_742763.jpgc0103793_7422032.jpg


c0103793_7423644.jpg私がここで一番時間を費やしたのは、やっぱりキッチングッズの売店(笑)。売店といえど、品揃えはかなり豊富でした。先日手作りラビオリを作ったときの抜き型も、ここで。でもCIAグッズはびっくりするほど値段が高かったです、確かに、機能もいいのだと思いますが、名前入りのが色々欲しいという気も全然無かったので(笑)、名前入り買ったのはコレだけ。あ、でも、CIAオリジナル?の、かわいいコックのデザイン(刺繍)入りのティータオルとか、あと、コック柄の飾り皿など、自分用のお土産にここで買って帰りました。

c0103793_7552017.jpg←↓St. Helenaのダウンタウン。St. Helenaは、Napaの中心部からさらに北上していくとある、小さいかわいらしい町でした。ダウンタウンを結構ぶらぶらと歩き回りました。
ここで、『Baksheesh』(←なんて発音するんでしょね?笑)という、いい雑貨屋さんを見つけました。店のコンセプトが好きになりました。象の糞から作られてるとはとても思えない、きれいなリサイクルペーパーでできたメモ張など、ここで買いました。夫の母へのクリスマスプレゼントも、ここで素敵なモノを見つけられました。

c0103793_7553520.jpgCIAの中にある、評判のおいしいレストランでランチすることもできたのですが、このときはなんだか罪悪感のほうが勝りました(笑)、前の晩にレストランで食べ残して持ち帰ったお肉とかもあったし(捨てたらもったいないですよねー)。カフェで、コーヒーやサラダだけテイクアウトして、公園でランチしました。天気も最高で、気持ちよかったですー。

c0103793_8123085.jpg←日本でも大好きだった、『DEAN & DELUCA』。やはり訪れる日本人にも人気なのか、日本の女の子を何人も見かけました。ここでも長時間、キッチングッズや食材、美味しそうな食べ物に、夢中で見入りました。中で売ってた、エスプレッソのジェラートが最高に美味しかったーっ。でも、外の気温に負けてアイスがダラダラと溶けまくってました(笑)。

さて、宿に戻って。
c0103793_8214584.jpg

前日の、ワイナリー巡りからずっと、二人ともワインが抜けきってなかったので(笑)、今日はもういいよねー、、と、この日はワイナリーはどこへも行きませんでした。
(が、夫は夕方の宿のワインレセプション、しっかり出席してましたけどね。笑 私は、ワインのことを考えただけでも、うぷっ、、ときてたので、遠慮しました)
宿の裏庭、まったりと、静かで、とってもかわいい空間だったので、、写真です↓
(花ばっかりですけど。笑)

c0103793_8264820.jpgc0103793_827350.jpg


c0103793_8272275.jpgc0103793_8274518.jpg


c0103793_829675.jpgc0103793_829207.jpg


c0103793_8293977.jpgc0103793_8295622.jpg


c0103793_8303690.jpgc0103793_8305343.jpg


c0103793_8313464.jpgc0103793_8315063.jpg


c0103793_832158.jpgc0103793_8323185.jpg


c0103793_832584.jpgc0103793_8393433.jpg


c0103793_8334314.jpgc0103793_8375769.jpg


c0103793_8342785.jpgc0103793_8344234.jpg


c0103793_8352199.jpg

ハンモックもあって、ゆらーり、ゆらーりと、そよぐ風にも揺られつつ。私の存在を忘れて雑誌に読みふけってました>夫。
(どこへ行くにも、大好きな『ニューヨーカー』手放さないですねーこのひとは)
私は夢中で写真撮ったり、ぽけーっとしたり。
二人とも、連日の、こってりレストラン食に少々辟易してた頃。
夜ご飯は、なぜか中華店へ(笑)。
Napaのダウンタウンに、おそらく数軒しかないだろう、というアジアンフードの店だったので、相当ハズすことを覚悟して入りましたが、これが大当たり。というか、そのとき欲していた、これだよ、これっ、というご飯に、二人ともありつけたのでした。
私は、お酒と洋食でほんとに胃もたれしてたので、メニュー上ほとんど『たまご麺とスープ』と書いてあるだけの、麺。スープも麺も、日本で食べる、五目ラーメンといった感じ、茹でたキャベツが乗ってるだけでシンプル、すんごく美味しかったーっ。夫は、『五目あんかけご飯』といったところだったかな(←勝手に命名)、さっぱり野菜と白いご飯、これもなぜかすごく美味しかったですー。
店は、日本でいう、定食屋さんの雰囲気。奥のテーブルでは、店の人たち(家族?)が食卓を囲んで、わいわいとご飯をつついてる。笑 時間も結構遅かったので、客は私たちだけ。時々、感じのいい中国系の店のおばちゃんが、『美味しい?』と声をかけにくる。余計なサービスは無いけれど、ちゃちゃっとご飯が出てくる。そして、笑っちゃうほど、安いっ。
やっぱり、アジアンフードはいいねぇー、、とうなる私に、夫も顔を輝かせて大きくうなづいてました(←なんで?笑)。
でも、明日の朝、朝食の席で皆に『昨夜は中華食べた』とは言えないよねぇ~、、と、おかしくて笑いが止まらない夜でした。
三日目、無事終了。
[PR]
by bingotama | 2007-10-16 00:00 |

クッキー熱

c0103793_7314750.jpgc0103793_732095.jpgチョコチップクッキー、オートミール&レーズンクッキー、そして←このレモン&リコッタチーズクッキーなど、このところしつこいほどクッキー焼いてました。小さめアイスクリームスクープで、ぽとっぽとっと生地を落としていく作業がなんだか楽しくて(夫もナゼかやりたがる)。
↑この、上にかけたレモングレーズ(粉砂糖をレモン汁だけでといたアイシングのようなもの)が、甘酸っぱくてなんともいえないおいしさ!生地にもリコッタチーズがたっぷり入ってるので、ふんわり柔らかクッキーになりました。
右は、手作りトリュフ。中の、チョコと生クリームをとかして合わせたガナッシュには、少量のバルサミコ酢が入ってます。食べたときに気づくような味はしないけれど、それを考えるだけでちょっとオリジナルな感じがしていい。ほおばると、口の中でとろける。一粒のぜいたく。
リコッタチーズ、バルサミコ酢、、というイタリアンな材料から想像つくかもしれませんが、、例によってどちらもジアダレシピです(笑)。どちらも、たまたまテレビでやってて美味しそうだったので、急いでメモしただけのレシピなのだけど。
このトリュフも、ジアダが手のひらをチョコだらけにして、ガナッシュを丸めていたので、私もチョコだらけになって丸めました。
夫が職場の健診も終えて、かろうじて無事パスしたので(なんでも、日本でもよく使われるBMIの数値が参考にされるらしいです←身長と体重から出す肥満度の指標)、引き続きダイエットが必要な体であることに変わりはないですが(笑)、厳格食事制限はひとまず一休み。やっぱり、ワインも少しずつ楽しみたいし(特に私)、何より夕飯後にデザートを食べないと一日が終わらないらしく>夫。時には『今日なんにも無いよー』と冷たくあしらい、しゅーんとスネても無視するので(大きい子供だー笑)、毎日欠かさず、ではないし、いつもこんなに豪勢に用意してあげるわけじゃないですー。フルーツやヨーグルトだけでも、デザートになるし。
太らせてるのは私か?とたまに反省しますが(笑)、いや、彼の場合は遺伝子にかなり支配されているから、、ということにしておこう。
最近始めたといっていた夫のラグビーは、先週で結局やめました。一番の理由は、やはりケガの可能性。初めっから心配してた私に加え、本人も、先週のタックル練習の際、『あ、やばい』と思う瞬間があったらしく。日本でも趣味でサッカーやって一度肩をケガし、腕を吊って固定するハメになったことあったので、ラグビーでもケガして仕事に影響したら大変、ということで。本人、スポーツとしてはかなり楽しんでやってたので、かなり残念そうでしたが。
(かなりいい運動になる→大学時代のようなスリム体型になる、という目論みもあったらしい)
ケガの可能性が一番心配でしたが、私はあと、家で一緒に居てくれる時間がほとんど無くなってたことに対してブーブー言ってました。ラグビーしなくても運動になるように、サッカーの試合無い日は一緒にジム行ってあげるからさぁー、あ、なんなら、サッカーへも運転してってあげるしー、と軽々しく言ってみたら、毎日の通勤の運転に飽き飽きしている夫『ほんとーっ?』と大喜び。言わなきゃよかったー、、と後悔(落)。試合、夜10時からの日とかもあるのに、、、あぁー
昨夜もばっちり10時からだったので(笑)、帰りも11時半ごろ。嫌だぁー嫌だぁーを繰り返しながら、往復60マイル、闇のなか車を走らせました。だいぶ慣れてきたとはいえ、たぶん独りではまだ不安。でもそれにもいずれ慣れないと、ですね。前回夫が留守だったときは真夏だったから、奥さんたちと夜出かけても帰りにまだ明るい、なんて感じでずいぶん助かったものだけど、次回の留守は真冬だし。雪だってあり得るし。
試合自体は、行ったら行ったでなかなか楽しめます。私は本でも読んでようかと持っていったけど、結局ほとんど読まずに観入ってしまったぐらい。夫の職場チームは弱いのでいつもボロ負けですが、昨日の対戦相手は、パスがうまくてその動きは見ごたえありました。
昨日はラフプレーをたくさんしてしまい、帰りの車中で、レモンクッキーかじりながら、横で反省してた夫。『倒れて上に乗っかられた相手チームの人、かわいそうだったねー(重かったろうにー)』と私が言ったら笑ってました。
[PR]
by bingotama | 2007-10-12 08:47 | 料理

PBS

Public Broadcasting Service。
(パブリック・ブロードキャスティング・サービス)
(ウェブサイトはここ。ちなみにウィキペディアによる解説はこれ。)
視聴者から集めた寄付金や、政府・州のお金によって成り立っている、公共放送機関のことです。
日本のNHKや、イギリスのBBCも、これにあたるとは、私最近知ったのですが。
制作されるのは教養番組が主だそうで、結構いい番組やってます。
PBSのメンバーとして、都市ごとに数多くの放送局があるのですが、このところ夫と夜よく観ているのが、KCTSという地元シアトルの局。スペースニードルのそば、シアトルセンターの一角にオフィス・局があるらしい。
KCTSでもやっている、『The War』。
様々な戦争についての連続ドキュメンタリー番組。戦争の話にはうとい、難しい英語にも弱い私でも、映像を観ながら、ナレーションにひとまず聞き入るだけで、とても興味深い番組。
特に、日本が関わった戦争についてのドキュメンタリーの日は、日本人や日系人のインタビューもみっちり。分からなくても、やっぱり関心がわく。
日本語の字幕つきDVD、作ってくれればいいのに、、と願う。自分ももっと理解しながら観たいのだけれど、日本の実家の父にみせたらきっと、食い入るように観るんじゃないか、と思ったり。
また、別の番組で、『WIRED Science』というのも最近になり知りました。『WIRED(ワイヤード:雑誌です)』は夫が毎月購読してるのですが、内容がそれのテレビ版といったところ。私には難しくてさっぱり。読むのはともかく、テレビなら引き込まれるかもー、と期待したけれど(落)。でもこれきっと、とってもいい番組。現代のデジタル機器に詳しくて、教養のある人なら、とても興味深い内容のはず。
(↑悲しいかな、どちらも当てはまらないひと。)
PBS、何がいいって、いちいちコマーシャルが入らないこと。これはいい。興味も中断されないし。
地方ごとの、お気に入りの放送局を見つけるのも、面白いかも。

c0103793_1125545.jpg『Flags of Our Fathers』(邦題:父親たちの星条旗)。父上、最近ようやく観ましたよ。
戦争映画だけど、観終わったあと、重くならなかったです。
『Letters from Iwo Jima』(邦題:硫黄島からの手紙)と合わせて、DVDを買いました、こっちはまだ観てません。
日本側から見た戦争。こちらも知っておかなくちゃね。
[PR]
by bingotama | 2007-10-12 02:15 | アメリカ

小さなことから。

c0103793_10362274.jpg紙ナプキンじゃなくて、布のナプキンを使い始めました。
シアトルへ越してきたときぐらいから、自分たちで出すゴミがなるべく少なくて済むよう、いろいろ試してます、調理で出る生ゴミも、庭の自家製コンポーストへ。だけど最近雨が多くて、コンポースト内部もびっちょり。おまけに、分解が追いつかず満杯になってくると、生ゴミもちょっと捨てづらくなってくる、、 あぁー、フタつき大きい容器のコンポースター欲しい。
アメリカでは、やたらと使ってしまいがちな、紙ナプキンやペーパータオル。ホームパーティに呼ばれて行けば、必ずといっていいほど使われるこうした物や、紙皿・プラスチック皿、プラスチックフォークなど。これらも、大量にゴミ箱へ放り込まれたあとは、そのまま陸へ捨てられるだけ。
ならば、、と、まずは、紙ナプキンの使用をやめてみました。
本来なら、自分で不要になった布とかをチクチクと縫って、かわいくナプキン、、とかしてみたいところですが、なにぶん裁縫嫌い苦手な自分。カリフォルニアの旅中、束でセールになってるのを見つけた、シンプルなアイボリー色のナプキンとか、あとは、結婚したときにお祝いでいただいたナプキンとか。
家で何かを食べるときは毎度、布のナプキンを登場させる。夫は夫の、私は私のを、汚れるまで何度か使う。そして、洗ってまた使う。
洗濯機の汚水も、汚染につながると思えばそれまでだけれど、、でも、紙ナプキンをぽんぽん使ってゴミ箱へ捨てるよりは、罪悪感が無くていいかも。
インスパイアされたのは、ヴィーガンである、夫の親友夫妻から。
日本でも、アメリカでも、お互い行き来して、もう何度も一緒に遊んだりしてるので、彼らをあとから知った私でも、行動や考え方をだいぶ把握するようになりました。
以前、ウィスコンシン州にある彼らの自宅であるコンドに二泊させてもらった際は、余分なモノを一切置いてない自宅に、びっくり。携帯電話も持たないし、洗面所の引き出しを開けたら、買い置きの歯磨き粉が一個ぽつんと入ってただけでした(笑)。ゴミも徹底してリサイクル。食事を作るにも、無駄にならないよう、本当に必要なぶんだけ。食器洗いも、ため洗い、最小限の量の水で。
ペットボトル入りの水も買い置きせず、外出の際などは、自分たちのウォーターボトルに浄水を入れて持ち歩いてた彼らを見て、私たちも帰宅して以来は自然となるべくそうするようになりました。
夫妻と食卓を囲んで食事中、食べこぼした夫が(←いつも。笑)、ナプキンを目で探したとき『うちは、ペーパータオル無いのよぉー』と、奥さんのクリスティーン。実は布のナプキンも最低限使わないそうで、『ほんとー?じゃあ、食事中、手汚れちゃったらどうするの?』と聞いたら、『うーん、私はこうしちゃうから平気っ』と笑って指をしゃぶったクリスティーン、かわいいなぁーと思ったのでした。
かくいう私は、軽く潔癖な面があるし(笑)、ペーパータオルも、料理や掃除で使いたいのです、びんごたまのトイレ掃除にも、使いたいときあるし。
でも、今まで使ってた量を、減らす努力はできる。
ペーパータオルに手を伸ばすとき、毎回必ず“これは本当に必要か”と考えるクセがつきました。手を伸ばすも、考え、使うのをやめ、布で代用してみたり。それだけでも、ちょっといいことした気分。(違?)
とはいえ、外出先でとか、紙は紙で、便利なんですけどねー。
でも、ゴミのことだけでなく、この夫妻からは、インスパイアされることが、たくさん。
自分たちが生きるのに、本当に必要なことだけを見極め、シンプルかつ“楽しく”生きている。無駄な殺生をせずとも、お金をかけずとも、自分たちの心と体が満たされる生活をする方法を、いくつも知っている、そしてそれをとてもアクティブに実践している。二人とも現在大学で博士号取得に向けてリサーチや試験の繰り返しである忙しい毎日なのに、いったいどこにそんな心の余裕があるのか、と思うくらい、周りの人と関わり、いろんな活動をしている。
クリスティーンが、いつもメールの最後に書き残す言葉 ------

Live Simply
So that others may simply live.
--Mahatma Gandhi

(私も、策略にまんまとのっかってますね?笑)
自分の生きざまだけで、人の思考を少しでも変えるって、すごいことです。

c0103793_11224368.jpgc0103793_11201219.jpg


c0103793_1123860.jpg←↑今日のびんごたま。元気です。秋だから、秋らしい色のねずみちゃん(←フェルトのオモチャ)を、先日買ってあげましたよ。笑
(あら、もしかしてマミー手作りできるかも?なんてね)
[PR]
by bingotama | 2007-10-10 11:31 | 独り言
秋になると、ホクホクしたもの、食べたくなります。
c0103793_5144626.jpg

今朝は、朝焼けがきれいでしたよー。↑
太陽が昇り始め、ようやく明るくなってきたか、という瞬間。
このほんの数分間だけ、空が赤く染まってました。
家の前の道路脇にも、気づいたら真っ赤に染まってたモミジのような木と、ススキがもさもさ。間隔をあけて、植えられています。
スーパーの店先にも、ちょっと前から、ハロウィン用のでっかいかぼちゃが並ぶような季節になりました。
うちのそばのスーパーでは、1パウンドにつき、25セント。
去年は、確か一個につき25セントで売ってたミニかぼちゃを二個買ってきてうちに飾り、ハロウィン気分を一人盛り上げたもんですが(留守中でした>夫)、かわいいのでその後いつまでも飾っておいたら、いつの間にか中が腐ってて処分するハメになったので(笑)、、今年は何しようかなーなどと思案中で。夫はかぼちゃ彫りたがってますが。私はあんまり興味無いのでパス(←面倒臭がり)。
そういえば、去年のハロウィンはちょうど、びんごたまがうちへやって来たばかりのころ。
彼ら、単なる毛玉みたいな、まだまだ小さい子猫でした。
好奇心のかたまり、絶え間なく動き回ってたので、家の玄関のドアが開こうものなら、躊躇なく外へ飛び出そうとして大変でした、タマは動きがのんびりなのでまだいいけれど、すばやいびんごは何度家の前まで脱走したことか。
仮装した子供たちが、キャンディをもらいにドアへやってきたのも、ちょうど、自分の夕飯を支度してた時間帯。調理中に、ピンポーンとやって来るので、火をとめ、びんごたまを奥へ追いやり、でっかいボウルに入れて用意してたキャンディを抱え、ドアを開ける。これの繰り返し。
とはいえ、キャンディたんまり用意してたのに、うちへは数えるほどしか来ませんでしたけどねー>子供たち(がくっ)。
去年のこの話をしたら、よーし、じゃあ今年は仕事も夜勤入らないように、家に居てオレが頑張るぞー、と>夫。ほっ。
c0103793_5151551.jpg

この週末は、月曜がColumbus Day(コロンブス・デー)で祝日だったため、三連休でした。
せっかくの連休だったけど、初めの二日は雨模様。
実は連休を利用してカナダのバンクーバーへ行こうと計画してたのですが、直前になり天気予報を調べたら、バンクーバーも連休二日間がばっちり雨予報。雨じゃー街歩きも楽しめないねー、ということで、予約までしてたホテルもキャンセルしました。バンクーバーもシアトルと同じ、雨季があります。思えば、この時期は、雨じゃないほうがラッキーなのかも。
夫、バンクーバーものすごく楽しみにしてたので、がっくり。
バンクーバーがダメなら、、と私が提案した、Leavenworthという街のお祭り(こんな感じ)。Leavenworthはワシントン州の中ほどに位置する街ですが、知り合いの奥さんが何人か訪れて『かわいい街よー』と気に入ってたので、いつか行ってみたいなぁーと思ってたのでした。
が、『ビール飲めないのにOctoberfest行くの、しゃくだなー』と夫(←ダイエット中)。しかも、日帰りもどうかなぁー、という微妙な距離なので、せっかくなら、と街に宿をとろうとしたけれど、やはりお祭り期間とあって、週末はすでにどこもいっぱい。
ま、またいつか行けるよねー、、とこれも結局先延ばしとなりました。はは。
そんなこんなで、肌寒い雨の土日は、遠出せずのんびりな週末とあいなりました。
のんびりだけど、家のことがはかどりました。ガレージの整理もして、使っていない靴や洋服などをまとめ、近くのGoodwillへ寄付しに行きました。Goodwillは非営利団体の名前です、各地のGoodwillストアへ不要になった物を何でも持っていくと、そこで引き取ってくれて、それが必要な人に渡り、再利用されます。連絡すれば、家まで引き取りに来てくれるサービスも。
最近では、ダイエット中の夫に合わせて、ほとんど毎日私もジムへ通っています。寒さでなんだかガチガチになっていた体を、ストレッチで少しずつほぐしながら、マシーンやダンベルを使ってマイペースな体作りの再開。
時には、家でもダンベルとワークアウト。でも家でやってると、タマがどうしてもべっとりくっついてくるので、なかなかはかどらない。腹筋やってると、のそのそーっとお腹の上に乗ってきては『グー、グー』とウトウトし始め、勘違い(違う違う)。
カラダに、常に心地よい程度の痛みがある。筋肉を使ってる、という感覚。時には、好きな音楽を聴きながら。時には野球中継を観ながら。昔愛用してたケインのワークアウトブックも、久しぶりに引っぱり出してみたし(笑)。
ちょっと久しぶりに、体作りが楽しくなりつつあります。
月曜の祝日になると、予報どおり雨もようやくやみ、柔らかな陽ざしも。
三日目こそ、どこか行きたい!どこでもいい!と出かけたい病が爆発の夫。普段職場では建物の外にあまり出れないそうで、休みの日ぐらいはぱぁーっとどっかへ行きたい、となるようです。私はどっちかというと出不精なので、三日間おうちでダラダラでも、全然平気なのだけど(笑)。
ということで、祝日は早起きして、またMt. Rainierへ。夫にとっては、初。
6月にクレアとケイリンと訪れた際はハイキングが目的でしたが、今回は、夫が見たがっていた、公園内にあるエキジビジョン(展示室)などの見学、ドライブ、あとは、少しでも多く紅葉を楽しむ目的で行きました。
この州の木々は年中グリーンの葉をつけるものが多いから、秋の景色もほとんど変わらないだろうと高を括(くく)ってました、自分、が、ウソでした!(笑)一部の木はちゃんと紅葉していて、燃えるような赤や、オレンジや、黄。なんときれいなこと。ほんとに一部なのですが、季節の移り変わりをしっかり感じとれます。
公園はいま、エキジビジョンのある大きなビジターセンターが新施設を建設中のため、工事車両が山道を行ったり来たりしています。この日も、狭くうねる山道を、大きな瓦礫や鉱物を積んだ車両が何台も通っていたので、その都度、通行止めになったり。
結構長い間停車していたこともあり、暗くなる前に、大きいビジターセンターへ着く手前で引き返したのでした。それでも、途中、小さな歴史ミュージアムやお土産屋さんなどをじっくり楽しむことはできました。途中のセンターで係りのおじさんが、『上のセンターまで行くのー?上は雪積もってるらしいよ』と言ってました、なるほど、確かに前回も夏直前だったのに、雪あったしね(笑)。
公園内にも野生動物たくさん生息してますが、この日はざっと、Steller's Jay(←青い鳥の名前です)、Black-tailed deer(ブラックテイルドディアー)、Hummingbird(ハミングバード)、Squirrel(リス)などと遭遇、それだけでもかなり癒されました。
せっかくタコマ方面へ出たので、以前ふーみんちゃん一家に連れていってもらった、Federal Wayにあるダイソーへも寄り道しました、またまた日本の便利グッズに大興奮。夫も久々の日本の百円ショップ(?)、日本製の性質が良く種類の多いペンが好きなので、職場で使うぶんをまた大量に買い込んでました。

c0103793_6482595.jpg←そしてそして、この週末にした大きな買い物。新しいテレビ。42インチ(!)。
以前からずーっと夫が『大きいテレビ、買おうよー』としつこかったのですが、ちょっと前に、古いブラウン管タイプで、やたら厚みがあるため場所をとってた旧式テレビを人に売って以来、今持ってるミディアムサイズの薄型テレビ一台で過ごしてきました。
しばらくは、一台でじゅうぶんだよー、もっと大事なことに、お金使おうよー、とガンとして動じなかったのですが、最近になり夫が『でもさー、ケーブルテレビの契約、二階の分までしたままだから、ムダ払いなんだよねー』と一言。なぬーっ、そんな大事なこと早く言ってくれー(ムダ払いが一番嫌い)。毎月小切手きってて、気づかなかった自分が悔しいっ。
些細なお金ですが、解約することもできました、が、実は、夫がまたパトロールに行くまでには、寝床にテレビ欲しいなぁー、と思ってました、自分。夜、独りだと怖くて、なかなか電気もテレビも消せないんですよねー(←怖がり)。とはいえ、寝床でいつまでもテレビ観てると、夜型になりっぱなしで良くないんですけどね・・。
(昔日本でよくあった、小型テレビ、欲しいなぁー、、ってもうあんなレトロなモノ売ってないですか?笑)
ということで、早速テレビを買いに走ったわけです、一応、電化製品を扱う近隣の店(基地内も含めて)、いろいろ見て比べました。しかし、今は60インチなんてのが売ってるんですねー、びっくり。映画館のスクリーン並みに大きく見えました。料金は、思っていたよりは、下がっていたけれど、、それより、あんなの置く場所無いですね、普通(笑)。いったい、どんな人が買うんでしょねー。。
それにしても、以前より断然大きい画面になって、大喜びの夫。
映画、好きなテレビ番組、大音量で観る。
お隣りへの騒音が気になる私に、いちいちボリューム落とされる(でもめげない)。
『ここでやれば、この時間も、料理してるbingotamaと一緒に過ごせるしねー♪パーフェクトだね』と、これまで二階のパソコンでやってたコンピューターゲームを、テレビに接続、本人うきうき。、、うーん、なんだかうまい具合に丸めこまれたような(笑)。
スピーカーは無いけど、しばらくは、うちでホームシアター(気分)が盛り上がりそうですよ。
[PR]
by bingotama | 2007-10-10 07:06 | 季節

ミックスベリーのムース

c0103793_4324871.jpgシアトルのあるワシントン州は、ベリーの栽培が盛んです。
そのへんの道端にも時々生ってますが、農家の直売でも買えるし(季節によるけど)。スーパーでも、出回るのは春や夏だけと思いきや、それを過ぎても、いちごやらブルーベリーやらラズベリーが常時並んでいます。鮮度は日によって違いますが。(スーパーはたまにカビてるのも並んでるし。笑)
ヨーグルトの好きな味ナンバーワンは、やっぱりミックスベリーという、自分(だって好きなベリー全部入ってるしっ)、ベリー全般大好きなので、、ここに住めてよかったーと思うことの、ひとつ。
アメリカのいちごは、『パサパサしてる』『硬い』『甘くない』『酢っぱくもない(要するに味が無い?)』などなど、日本のみずみずしく美味しいいちごを食べ慣れてからこちらへ来た人の感想、意外といろいろなところで聞かれるそうです。私も同感。でも産地から近い地域などでは、傷みやすいいちごも、新鮮なうちに届けられて、案外おいしく食べられるようです。
で、↑このムース、新鮮なのを買ってきて作ったんじゃなくて、冷凍してあったいちごとブルーベリーをピュレにして作ったので(ま、新鮮なのを冷凍しといたんですが)、上の話とは脈絡無いんだけれど(笑)。
先日、夫のダイエットの息抜きに、スーパーでヨーグルトのムースタイプを初めて買ってきてあげたんですが(ホィップ状になって軽いので、カロリーが少し低め)、デザート気分で結構美味しそうに食べてたので、『なら、自分で作れるかも?』と思ったのでした。食事も最近ずっと、油や肉を控えめに作ってるので、物足りなさが増してきてるはず。お酒も飲んでないし。ダイエットにも、息抜き必要ですよねー。
ネットで検索して、いくつかのレシピをごちゃ混ぜで作ったので(しかも計量がかなり適当)、二度と同じのは作れない、という感はありますが・・ 笑 ゼラチンの固まり具合もちょうどよく、甘さとベリーの酸っぱさのバランスも思ったより完璧で。色もきれい。
余分なカロリー摂らないため、クリームとか何も乗せずに、このままで。ふわふわで美味しいです。まだあるので、今日と明日まで、食後に楽しめます。
[PR]
by bingotama | 2007-10-06 05:32 | 料理