もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

にぎにぎぞうさん

c0103793_16465550.jpg

赤ちゃんと一体である、この今だけの貴重な期間、なるべくゆったり楽しむようにしています。
びんごたまが、周りでどんなmischief(いたずら)をしようとも、気にしない、気にしない、、、(ようには努めてますが、これがなかなか難しい)
本で読んだら、猫と人間とは、善悪の価値観が全く違う、と思わなければいけないそうです。
そもそも、猫にむかってカッカしても、意味無いんですよねぇ。頭では分かっているけれど。
私も、(猫たちの)同居人として学ばなければならないこと、まだまだたくさん、なのでした。

ゆったり過ごすのに、時間が経つのも忘れ、チクチクチクチク、、と集中できる裁縫は、もってこいかも。
本当は、bib(よだれかけ)でも作ってあげたかったのですが、、よく考えたら、使用頻度の高いビブ、度重なる洗濯にも耐えねばならないし、ミシンも持ってない私には、バイアステープをつけたり、しっかり縫製をすることが難しいかも、、なんて考えてるうちに面倒になり予定変更。気をとり直し、小さいおもちゃだけでも。
(裁縫苦手なマミーでごめんよー)
この↑『にぎにぎぞうさん』、日本へ帰省したとき、本屋さんで買ったマタニティ日記の中に、著者の人が実際に作って使った、縫製の仕方が載っていました。私にもできるくらいだから、簡単。
でもかなり行程を省いてしまったのだけど。というのも、『ぞうさん』の目には、かわいいボタン、しっぽには細い紐とウッドビーズをつける、とあったのですが、ベビちゃんがしゃぶったりしたとき、自分の弱っちい縫製で、それが取れて、口の中にでも入ったら大変っと思ったら、付けられませんでした。
目ナシ、しっぽナシ。しかも、本に載ってる写真はものすごくかわいいれっきとしたエレファントだったのに、自分で作ったのは、なんだかアリクイ?みたいな奇妙な形になってしまい、、落
よく見ると、縫製も大雑把だし(性格出るなー)。ま、それもご愛嬌ですね。
左のには、耳(・・に見えないけど)と紐をつけて、右のには、中に詰めた綿と一緒に、鈴を入れて音が鳴るようにしてみました。
あー。なんとも恥ずかしい出来なんですが。
こんなマミーでごめんよー(再)
c0103793_16502891.jpg

↑この布は、授乳用のケープを作ろうと買っといたもの。これも同じ本に載ってました。これから作ります。
大きさは大きいものの、四角い布を、ただ並み縫いするだけなので、できるかなーと思いました。
個人的に、温かいフランネル生地が好きなので、その種を買ってしまったのですが、よく考えたら、実際に使う頃には季節も変わり、生地がちょっと厚すぎかな、、と、またちょっと計画失敗の感もありますが。ま、いいんです。かわいいから。笑
こうしたケープ、日本では、実際に外で使ってるママさん、いるんでしょうか。外でちょうど授乳をしているママさんをあまり見かけたことがないので、分かりませんが、でも、家の中でも使えますよね。授乳の時間に、ちょうど人が来ているときとか。以前、小さい赤ちゃんのいる友人夫婦の家を訪れたとき、ママは目の前でペロンとシャツをめくっておっぱいあげてましたが(←アメリカのママさん、外でもこういう人多いです)。

ごく最近、エコー検査により、性別が分かりました。女の子です。
マミーを困らすことも全くなく、元気に育ってくれています。本当に感謝です。
最近では、お腹の中で始終、ぐにょぐにょと動いています。
この布たちは、まだ性別も知らない、ずっと前に買ってたのですが、今よく考えると、ちょっと(というかかなり?)♀寄りなテイストになってたりして。
(単に自分がかわいいと思った布を買ったからなのかも。笑)
最後まで性別を知らぬまま、妊娠期間を過ごすのも、わくわくスリルで楽しいけれど、あらかじめ分かるのも、またいいなーと思います。なんだか、もう嬉しくて嬉しくて、病院からの帰り道はずっと、始終一人で喋ってニヤニヤしてました(ほんとにアブナイ)。
『おんなのこでちたかー』と、幼児語でお腹や超音波の写真に話しかけてみたり。
超音波の写真でも、前回よりずいぶんと成長しているのが分かりました。おしりや脚、手の形がよりはっきりと見えました。技師の人が『これが肝臓、あ、これが背骨ね、で、これは太ももで・・・』と、次々と識別し、記録していました(私は内臓までは分かりませんでしたが。笑)。
私はまったく分からなかった、といえば、『これは顔の写真よ』ともらった一枚、自分ではどう見ても、なんだかよく分からない影がごちゃごちゃーっと写ってるー、としか思えないのに、今日会っていた友人のFちゃんとYちゃんに見せたら一発で『あぁ~ほんとだ!これが目で、口で・・・』と二人ともすぐ分かって、ちょっとショックだったり(笑)。
ベビちゃん、ごめんよー(再々)。
こんなマミーでも、頑張るからねーっ!

私信:ふーみんちゃん、二年間本当に〃お疲れさまでした。元気はつらつ、明るく輝き頼もしいふーみんちゃんには、会うといつもエナジーをもらいました、ありがとう!健ちゃん愛用のお古も、大切に大切に使うよっ。一家4人、元気で安全に日本へ着きますように。
[PR]
by bingotama | 2008-02-27 18:06 | 交流

ポリポリ

c0103793_1026024.jpg

先日は、勇気を出して足を延ばして、久々にセントラルマーケットへ。
フリーウェイを突っ走って40分弱、距離的には片道25マイル程度なので、そんなに遠くない気もするのですが、いや、やっぱり行くのはけっこう面倒ですね←出不精な発言。
しかし、愛用の味噌を最近きらしてしまい、今回はどーしても行かねばなりませんでした(笑)。妊娠して以来、栄養のバランスを考えて、ご飯+味噌汁+おかず、という食事を以前より頻繁にするようになったせいか、一人なのに、このところ消費が激しかったです、味噌。
そして、このへんじゃ、味噌のおいしいのはやっぱりあそこでないと買えません。
ということで、久々のセントラルマーケット、満喫しました、、←ひとり満足 店を出てきたとき気づいたら、2時間半(!)も経ってる。夫がいるならまだしも、店内で2時間半も、いったい一人で何をやってたんでしょうか、私、、。
いやーでも、本当に見がいがあるんです、この店。
行きに、家を出る際、隣りのメアリーと顔を合わせました。メアリーとバーニー老夫婦も、やはり夜道の運転が怖いと言って、外出は朝と昼間がほとんど。私はまだ30代ですが(笑)夜道が怖いので、同じ。『暗くならないうちに帰ってきなさいよー』と言われて、はーいと返事したのに。日が延びてきたとはいえ、店を出たらうっすら暗くなりかけていたので、慌てて逃げ帰ったのでした(←バンパイアか?笑)。
この日も、日本食がたーくさん揃っているアジアンフードセクションを、たっぷり堪能したのでした。
ここでよく見かける、日本人(女性)の店員さん。商品を棚に並べたりしながら、お客さんに『だいじょぶですかー?何かあったら言ってくださーい』といつも気さくな笑顔で声をかける姿をよく見てました。この日は勇気を出して、話しかけてみたら、この方、うちの母と同じ名前で、奇遇。なんでも、以前はダウンタウンのあのUwajimayaで働いてたとか。日本人のお客にやはりよく声をかけられるそうで、知り合いになる人も多いらしく『だから、私すぐ名前とか忘れちゃってー!ときどき旦那の名前もなんだっけー?なんてときもあるわっ(がはは)』と明るく笑ってたのが印象的でした。
ぽっこり出てきた私のお腹にもすぐ気づいて、『失礼だけど、赤ちゃん?初めての子?』と聞いてくれました。じゃあおいしい日本食いーっぱい食べて栄養つけてね!と。
その言葉どおり、必要な物いーっぱい買わせていただきましたよっ(笑)。納豆も、冷凍の安いパックのを買いだめで6パック(1パック=3コ)、あと、味噌、オーガニック豆腐、うどん、めんつゆ、油揚げ、天然酵母パン、大福(←どう考えても不要)、、などなど。
この店は、野菜も和のものを常時おいているので、今回は長ネギ、里芋、長いもを買ってみました。いつもなら、ちょうどセールの物を狙うけれど、今回はどうしても、ナゼかこの『長いも』が食べたくて食べたくて仕方なかったです。
家に帰ってから早速、夕飯で長いもをおろし、納豆とネギを混ぜて、温かいご飯にかけていただきました。もう、幸せすぎて、どうにかなりそうでした(笑)、ネバネバばんざーい!!と、本気で叫んでました(一人で)。
(そういえば、昔も同じようなことしてますね、私>ワンパターン)
この日、私が時間を費やしたのは、和食コーナーだけでなく、bulk foodsのコーナーでも。
bulk=かさ(嵩)、なのですが、要するに、好きな物を自分の必要な量だけ取れるコーナーです、セントラルマーケットにも、色々な種類が揃っています。例えば、パスタ各種、スパイス各種、シリアル・穀物類、チョコレート・キャンディ類、ドライフルーツ・ナッツ類、粉類、豆類、蜂蜜・オイル類、コーヒー各種、、などなど。
そこで、上の写真↑(ようやく)。私は今回、Trailer's Mix(何種類かのナッツのミックス:塩ナシ)を買い、それに加えて、パンプキンシード、ホールアーモンド、レーズンも買って、家で適当に混ぜてスナックを作りました。シード類は、あらかじめローストされたものと、生のものと、両方売っていて選べます、私は、家で自分で炒(い)ればいいやー、と思い、安いほう生のほうを(笑)。
こうしたナッツ類は、カロリーも高いけど、栄養価がうんと高いので、おやつに最適。小さい袋に入れて、持ち歩くこともできる。手軽に栄養補給できます。オリジナルのミックスを作るのも、ちょっと楽しいし。
それにしても、やばい。ぽりぽりぽりぽり・・・・・ これ、止まりません。
[PR]
by bingotama | 2008-02-24 12:07 | 好きなモノ
c0103793_8341695.jpg

↑ちょっと前に作った、キャラメルムース。
ずっと前、日本のお友達Kちゃんからいただいたシリコンのベイキング型があるのですが、それは藤野真紀子さん(料理研究家、議員活動もしている?)プロデュースの製菓用品『many many make』でした。それに、お菓子のレシピがいくつかついてきて、その中にキャラメルムースがありました。
とはいえ、、できあがりの写真は、こんな↑シロウトっぽいものとはかけ離れていて。
藤野真紀子さんのお菓子というと、私は、ケーキ屋さんに並ぶような、プロの仕上がりを連想します。使う材料も、たぶん日本のそのへんのスーパーじゃ、売ってないだろう、、というような物も多く、自分で真似するのは、ちょっと難でした。
このキャラメルムースも然り。材料こそ揃ったものの、レシピでは、セルクルという抜き型に生地をちゃんと流し込み、あとで型を抜いてから、洋ナシをリキュールと砂糖で煮詰めたようなものや、他にもいろいろ、デコレーションしてました。それこそ、ケーキ屋さんに並ぶようなムース。
私は、とにかく面倒臭いので(笑。セルクルなんてのも持ってないし)、作ったのはムースのみ。しかも、ココットに流し込んだだけ。
砂糖を焦がして、キャラメルを作るのって、意外と時間がかかるのですねー(ずっとかき混ぜてなきゃいけないし)。しかも、焦げる瞬間が、あっという間。焦がし中、その香ばしい匂いはとてもいいんですが、煙は出るし、、天井についてる火災報知器がまたキー!とけたたましく一瞬鳴って、慌てふためきました。下で必死にあおぐか何かしないと、止まらないんですよねぇ、、汗
手製キャラメルなだけに、味はとってもおいしかったと思います。
セルクルで抜くレシピなので、ゼラチンの量がちょっと多めだったのかも、私はもうちょっと、とろーりしてるムースが個人的に好みですが。
あと、上に甘いデコレーションをするレシピなぶん、ムース自体の甘さもかなり控えめだったのかも。そのままでも美味しかったですが、大好きなメイプルシロップや、黒蜜(←Yちゃんありがとう、大切に、ちょびちょび使っています!笑)をかけたら、ちょうどよかったです。
(あ、でも、キャラメルの味が消されないよう、やっぱりそのままが一番かも)
私信:まるこちゃん、食べるの手伝ってくれてありがとう!w

c0103793_8344128.jpg

↑ジアダレシピの、チョコレートムース。
彼女のチョコムースは、いくつかレシピがあって、これはその日にたまたまテレビで見たレシピ。いつもならメモを取るのだけど、このときは覚えてる範囲で適当に作ったので、なんだか、成功したんだか、なんなのか、という感じ。笑
味は、本当においしい。チョコが濃厚。これ、オーガニックオレンジの皮をすりおろして入れてます。チョコ+オレンジの組み合わせ、ほんと合いますねー!
ジアダのムースは、なぜかいつも冷凍庫で固めるんですが、、そこがちょっと疑問。カチコチになっちゃうので(番組ではそうも見えないから、私が何か間違ってるのかも?笑)、これも、食べる前にあらかじめしばらく室温に出しておきます。それでも、ようやくトリュフの中身程度の固さに。
この日は、やっぱりとろーりしたのが食べたくて、料理したあとのまだ温かいオーブンの中にしばらく放置しておいたら、あっという間にゆるゆるに(笑。ゆるすぎ)。
仕方ないから、冷蔵庫に余ってた泡立てた生クリームを少し添えました。
イタリア版ホットチョコレート、とろーり濃厚『チョッコラータ』ってこんな感じなのかな(←飲んだことない。笑)。甘いけど、チョコ大臣にとっては、おいしかったですー。
これ↑、4口ぐらいで食べられちゃう大きさのココットなのですが、このくらいだから、ちょうどいいかも?
[PR]
by bingotama | 2008-02-21 09:16 | 料理

ふと気づいて

c0103793_743841.jpg寝室へ様子を見にいってみたら、←この格好で止まって黄昏(たそが)れてたびんご。思わず吹き出す。
びんごさん、またオヤジ座りですか?(笑)


c0103793_75597.jpgマミー:
『ダディ早く帰ってこないかなぁ・・なーんて考えごとしてたの?』
びんご:
『にゃ?』と振り向く。


c0103793_752878.jpgびんごちゃん、しばし、この姿勢でくつろいでました。
(果たしてラクなんでしょか)


おつとめで夫が留守なのも、あともうひといき、といったところまできました。
奥さんたちの活動は相変わらず活発で、旦那がいなくてもこのlifeを楽しまなきゃね、とばかりに、色々とイベントを企画してくれています。
フルタイムで働いてる奥さんや、子供がたくさんいる奥さんとは違い、まだ一人自由気ままな自分、行けるものにはせめて顔出そうかなー、と思うのですが、、最近ようやくぽっこり出てきたお腹が、車のシートベルトでちょうど締めつけられる感じです。なんだか、やっぱり怖い(というか、もともと怖い。笑)。
これで、追突でもされて、エアバックが急に開いたら、赤ちゃんつぶれちゃうよー、とか。
いやいや、自分がぶつける可能性のほうが高いのかも(汗)、、とか。
つい、心配しすぎて、必要なとき以外はなるべく運転しなくなったり。
アメリカの妊婦さんたちは、タフですねー。車の運転なんて、もう息をするのと同じような感覚でできちゃうから(笑)、たとえ臨月になったって、シートベルトしめてびゅんびゅん、どこへでも運転していっちゃう。
私は、とうていそんな風にはまだなれないので、マイペースにいこうかと。
もう今月初めの話ですが、今回もまた、これをやったりもしてました。
この夜のお祝いは、山小屋風のカジュアルなビストロで。いつものメンバーが、ほとんど集まりました。
ちょっと前の話なので、よく覚えてないのですが(笑)、今回夫が私に選んだメニューは、

前菜 - 生のほうれん草たっぷりと、ベーコンみたいなのが、バルサミコ・ヴィネグレットであえてあった(と思う)
メイン - タラみたいな白身の魚のグリル、の下には、マッシュポテト(たぶんヤム←サツマイモです)、つけ合わせは、、なんだったっけ(笑)、確かインゲン豆のようなグリーンの野菜、全体のソースは、しょうゆっぽい味
デザート - クレームブリュレ(大好物!)

なにせ今、私を含め妊婦が4人いるので、ドリンクは旦那さんたちが選んだお酒じゃなくて、各自好きなものを勝手にオーダーしたのでした。
食事は、とても美味しくいただきました。
メインが分厚いステーキ、という奥さんもけっこういましたが、そういうのでなく、私にいつも魚をセレクトする夫。ツボを得ている(笑)。
この日のレストラン、2階が静かな屋根裏部屋みたいになっていて、そこで大きいテーブルを囲み、皆で食事しました。会話も、ゆったりできてよかったです。なにより、たまにはこうして誰かとご飯を食べられる、という幸せ。ずっと独りじゃ、みんな飽きちゃうんですよねーきっと。
この夜は、奥さんの一人がPCを持ってきてくれていて、食事のあと、潜水艦から届いた旦那さんたちのビデオレターも見ることができたのでした。
一人一回ずつ、のはずなのに、なぜかうちの夫だけ二回登場して、ちょっと得した気分になったり(笑)。
他の人のぶんも全部見せてもらったのですが、それぞれ、その人の性格が出るようなビデオレターで、面白い。
若いsailorの中には、奥さんにメッセージを送りながら、途中うるうるきちゃったりする人もいたり。
(うちの夫なんか、サンタの帽子かぶって登場してたのに。←絶対、かぶりモノ大好きな父親の影響)
笑えたのが、一人、『I still love you(まだ愛してるよー)』と真剣な顔して言ってる人がいて(ジョークじゃなくて)、ねぇ、今“まだ”って言った・・?と奥さんたちに突っ込まれてました(どういう意味なんでしょう、、笑)。
こんなときに、そんなコメントはないよねぇ、、というような人はごく少数(笑。いろんな人がいますねぇ)、多くは、愛する家族に向けてスィートなメッセージを伝えているのでした。
食事のおひらきがもう10時近かったというのに、誰かが携帯で映画館のタイムテーブルを調べ、『10時から〇〇〇やってるよー、観に行くひとー?』なんて話になってました、私を抜かした妊婦3人も然り。みんな、子供を子守りに預けてきているから、たまの自由時間、お子ちゃま抜きでのんびりしたいんでしょうねー、きっと。
食事の集まりだけでいっぱいいっぱいの自分、当然もう帰るつもりでいたので、この人たちのタフさにあらためてびっくり(笑)。
ばいばーい、と私はおいとまして、びんごたまが待つ家へいざ、また夜道を命がけ(違?)で帰ったのでした。
[PR]
by bingotama | 2008-02-21 08:23 | 交流

こんな青空の日は

雨ばっかり(たまに、雪)の冬はすっかり引きこもりとなり、
猫たちと一緒になり、おうちでぬくぬく、のbingotamaですが、
久しぶりのSunny Sunday!
こんな日は一変、もうじっとしてられませんよ~っ
お腹が冷えないよう、タイツの上に毛糸のパンツもはいて(笑)、いざ。
c0103793_10324568.jpg

気分を換えて、いつもウォーキングをする方面とは、反対方向へ。しばらく歩いていくと、海へ出ます。歩道が無いから、ちょっと歩きづらいんですけどね。
今日も、山並みがきれいに見えましたー。しばし眺めつつ、はぁーとため息。
『きれいだねぇー』と、お腹の赤ちゃんにも忘れずに話しかける(←堂々と独り言)。
c0103793_10422630.jpg
c0103793_10424027.jpg
c0103793_10425779.jpg
c0103793_10431234.jpg

おいしい空気をすぅーっと吸い込んで、リフレッシュ。
ぷかぷか浮いて泳ぐカモちゃんや、カモメさんたちの鳴き声にも、癒される。
『Do not feed birds!』と思いっきりサインがあるのに、パンくずをやってカモメさんたちをわんさか呼んでしまってる子供連れの親子を横目に見ながら(笑)、帰路へ。
行きに悠々と坂道を下ってくる感じだったからか、帰りは上り坂が予想外にキツくてびっくり。こりゃー翌日、脚が筋肉痛になりそうです。
最近は、寒いとはいえ(←寒がりの自分レベルで)、だいぶ気温も上がり、暖かくなってきました。日も延びてきて、春もすぐそこ。
[PR]
by bingotama | 2008-02-18 10:57 | 季節

りんご

c0103793_11395228.jpg

お腹がすくと、最近よく食べるのが、りんご。
アメリカのスーパーのいいところの一つは、置いてあるりんごの種類が多いこと。
Fuji、Granny Smith、Red Delicious、Jonagold、Golden Delicious、Gala、Pink Lady、、このへんは、わりとメジャーなのかな。あと最近見かけたのは、Cameo、Braeburnなんて名前のも。まだまだ知らない品種があるのだと思う。
それぞれ、皮の色も違い、甘味や酸味も違う。
食べたことない品種は、買って試したくなる。でも、なるべくセールの安いときに。笑
個人的には、やっぱり(王道?)Fujiがおいしい!実も大きく、甘くてみずみずしい。
近ごろ、地味な密かな楽しみ。
便秘も無くなるかなー
[PR]
by bingotama | 2008-02-17 11:54 | 好きなモノ

ゆったり、お茶

c0103793_10505842.jpg

最近、Yちゃんと行った地元のアンティークショップで見つけた、ステンレス製のポット。
そんなに使いこまれた感じは無いけど、『Cambridgeshire Hotel』とうっすら刻印が。
Cambridgeshireを調べたら、、イングランド東部の州なのですね。
ホテルで使われてたのかー。ふぅん。
コーヒーと同じくらい、紅茶も好きですが、おいしい紅茶をゆったりいただける時間は、
幸せーと思う。これに、甘いお菓子のお供があれば、もう最高。
ここのところ、お腹が重くなってきたのか、すばやく動けなくなってきました(汗)。
それを考えたら、ゆったり土曜である今日、家の中の整理整頓、頑張りましたー。
夫の本が山積み状態だった、(自称)ライブラリー(図書室)。狭いんですけどね。なんとかさまになってきたかも。
ここに、自作カーテンをつけるのが課題、、だったのが、早数ヶ月前。
器具類はそろえてあるから、あとは布を買ってきて、縫うだけなんですが。これがなかなか。(言い訳?)
埃をはらいながら、山積みの本や雑誌を拾い上げ、きれいに並べてゆく。
不要なモノは、二階へ。階段を、行ったり来たり。
いつも必ずあとをついてくるびんごたまも、行ったり来たり。
何が嬉しいのか、追いかけっこも始まるもんだから、家じゅう、ドタバタドタバタ。
(♂二名だと、結構すごいんです、騒音が)
せっかく、種類別に積んだ雑誌も、崩される・・・ 落
これだけでも、妊婦にとっては、いい運動なのかも。(腰重いけど。笑)
今日はソファの配置も微妙に変えてみたし。家じゅうの掃除機もかけました。
アメリカの掃除機は、やたら重くて大きいのが多いので(ついでに音も大きい)、家じゅうかけ終わると、もうぐったり。
(なにもそんなにいっぺんにやらなくとも、、>自分)
でもこれで、家も気分も、スッキリしたのでした。

私信:Yちゃん、雨にマケズ、またウォーキング行きましょーっw
[PR]
by bingotama | 2008-02-17 11:24 | 好きなモノ

Happy Valentine's Day!

c0103793_1772173.jpg

今日あたり、花が届きそうだなー、と予想していたとおり(笑)、バレンタインデーには、花屋さんから花が届きました。
送り主は、やはり夫。
出発前から、手配してたということですね、、ほんとにマメだなー。
しかし、夫婦って、お互いのことが読めるようになるもんなんですね。
(花をもらうと、至極喜ぶであろう自分も、結局見透かされてるわけだけど。)
なにはともあれ、たとえ一輪の花でも、嬉しいのです。
嬉しいのは、↑このひとも、同じ。くんくん。
このあと、蕾をかじって食べようとしたので、慌てて止めました、、汗
この日は、フィラデルフィアに住む夫の母からも、Happy Valentine's Day!という留守電をもらいました。(夫のマメさは、完全に母ゆずり)
夫の両親は、近所に大好きでよく通う日本食屋さんがあり、週2~3日は必ずそこで食事します。
(あまりに頻繁に来るので、お店側で、割り箸ではなく、それぞれのマイ箸を用意していてくれるほど。←見せてもらったら、お弁当用のケース入りでした。笑)
私たちも、実家へ帰省すると、一度は必ず連れていかれます。
この日も然り、私が電話をかけなおしたとき、このお店でバレンタインディナー中でした。
『ちょうど、(お店の人たちと)あなたの話してたのよー』と、これから産まれてくる孫の話で盛り上がっていたとか。
産まれたあと、初里帰り、なんてときは、赤ちゃんを連れて、また顔出さなきゃなんでしょねー>Taco(タコ。←お店の名前。笑)
[PR]
by bingotama | 2008-02-15 17:43 | うちの夫

ありがとう

c0103793_16312169.jpg

(↑健ちゃんのベッカムヘア!す、すごい立ってるーっかわいいぃーっ)
Fちゃん一家が、もうすぐ日本へ引越します。
先日は、健ちゃんをしばしご主人に見ていてもらい、Fちゃん、Yちゃんと楽しくおしゃべりして過ごしました。あのカフェ、何時間居たのかなー?
日本帰国をものすごく楽しみに待っている、Fちゃん。いや、ご主人も、いやいや、1歳にして納豆大好きな、健ちゃんもかも。笑
(もしかして、富士山から命名された、愛犬フジも、かも?)
日本へ帰って、新居に落ち着くまで、ほんとーにほんとーに大変なことがまだまだ続くと思いますが、、どうか、くれぐれも一家みんなで元気なまま、シアトルでの沢山の思い出と一緒に、帰って欲しいと思います。
出会って以来、何度となく助けてもらいました。
不安なとき、迷うとき、悲しむとき、温かくも、力強い言葉をかけてもらったり。
無垢な健ちゃんと接することでも、癒されたり。
このとき、このタイミングで出会えたことに、心から感謝したものです。
ありがとう。またどこかで一緒になれたらいいね^^。
[PR]
by bingotama | 2008-02-15 17:01 | 交流

キラキラ

c0103793_9153947.jpg

ビーズのピアス。
先日布屋さんへ行った際、ビーズアクセサリー作りの材料も、
結構売ってたので、適当なものを買っておいたのでした。
とはいえ、やってみたいー!と思ったきっかけはずっと前、この↑右のゴールドのピアス。
日本のお友達のMちゃんがわざわざ手作りして、送ってくれたのでした。
左の、シルバー二つは、今回私が作ったもので、単なる似せ(?)クリスタルですが、
このMちゃん作のゴールドのは、れっきとしたスワロフスキー。
揺れると、きらきら、きらきら。写真じゃ伝わらないけど、すごくきれい。
『簡単だよー』とメールに書いてくれてたMちゃんの言葉につられ、私もいつか、
作ってみたかったのでした。
意外や意外、ほんとに簡単。裁縫とかいっさい苦手なこの私でも、そう思うくらいだから。
そしてこれも、本当に面白い!私はシンプルなデザインが好きなので、
そうすると、石や素材や色の組み合わせなんて、多種多様。興味が尽きない。
でもやっぱり、きらきら光る、スワロフスキーで作ってみたいなー。
先日、たまたま自宅の近くで散歩中、ビーズ屋さん?というような店を見つけました。
きれいな石を求めて、今度また行ってみようと思います。

、、と、これだけ熱弁しておいてなんですが、
私はピアスしません(笑)。耳に穴、開いてないんですー。
(だって、痛そうだから、、)
『えっっ、しなかったっけ??』と、Mちゃんも送ってくれたあと気づいてびっくり。笑
でも、この、きらきら、揺ら揺ら、に弱くて!
日本のアクセサリー屋さんでも以前よく、しないのに、手にとっては
かわいいなぁ~と眺めていた、変なひとです。
だから、作ったら、誰かする人にあげようと思います。
どなたか、こんなんでよければ、もらってくださいー。
(Mちゃん作のはもちろん、大切に自分でとっておきますよー。
いつか必ず、してみたい>希望)
[PR]
by bingotama | 2008-02-11 09:37 | 好きなモノ