もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

感謝する日

もう過ぎちゃったけど、3月15日。
去年はこんなこと書いてましたが、
今年は、夫も私も、そんなことすーっかり忘れてたのでした。
(きっと、今年も例によって、特別な感情なんてわかなかったんですね、、笑)
日本を出て、アメリカへ渡ってきた、ある意味区切りである、この日。
先に書いたオークションに行った際、食事の席で、初めて顔を合わせる同僚カップルと、
お互いのこれまでの経緯を話していて、私がいつアメリカへ来たのか、を説明しようとしたとき、初めて気づいたのでした、『えーっと、あれは2006年の・・・ あれっ!そーいえば、今日だね、今日っ』と、顔を見あわせる自分たち。
だんだんと、自分の中で、この言葉も文化も違う生活を、自然な流れで送れるようになってきているのか。
(それとも、つい最近里帰りしたばかりで、帰りたい病もひとまず終息しているからか?笑)
とにかく、あまり意識しなくなっているらしい。
これはいい傾向なのかも。“後ろ”を振り向くばかりより、常に“前”を見据える、ということ。
特にいまは、一人の人間を自分の体から産みだし、育ててゆく、という、目先に待っている体験したことのない未知のタスクに、頭の中は占領されています。
恐々、どきどき、わくわく、、と色んな感情が入り混じる毎日。と同時に、これって、すごいことだな、と、大きな責任を感じています。
住み慣れた日本を離れ、まだまだ二年。まだ、始まったばかり。
夫が今の仕事を続ける以上、今後も数年ごとの引越しがつきもの、となりそうです。
土地が違えば、人も、生活習慣も違うのは、日本に居ても同じだけれど。
国が違えば、なおさら。
これまで養ったアイデンティティを保ちながらも、自分と違うものをなるべくたくさん目にし、耳にする。そして、受け入れる。この柔軟性の繰り返しが、自分をどんどん“大きく”してくれるのだと思います。
どこへ行っても、そういう心構えでいたいと思うのです。
ストレスになること。嫌なこと。分からないこと。・・・ でも、これが自分で選んだ道。
泣きたくなるくらい、いや、もうほんとに一人陰で泣くこともしばしばなんですが(笑)、
そのたびにいつもするのが、いまある幸せに、感謝すること。
五体満足そろい、元気な体に産んで育ててもらった。これまで大きなケガや病気をすることなく、過ごせてきた。
毎日、おいしいご飯を食べられる。必要な物がじゅうぶんそろい、暖かく、ぬくもりのある家に住める。
周りに、自分を思ってくれる、助けてくれる人たちがいる。
事件や事故に巻き込まれ、訳が分からないまま命を落とす人がいたり、様々な病気に苦しむ人も、たくさんいる。
大きな災害にあい、すべてを失くして、途方に暮れる人も、たくさんいる。
自分がこうして、なんでもない一日を送ることができるのは、どんなに幸せなことか。
そんなことを考えていると、自分が抱える不安や悩みなんて、ちっぽけなもの、と思える。ちょっと頑張れば、乗り越えられるさ、と思える。
自然と、気持ちがポジティブな方向へ向きます。(たいていの場合、、 笑)

おかげさまで、今年も、平安な3/15を迎えることができました。
初心忘れるべからず。一日、一日を大切に。
[PR]
by bingotama | 2008-03-27 01:15 | 独り言

ガトーショコラ

c0103793_8372861.jpg

時間があまり無いというのに、チョコレートとバターを中途半端に湯せんで溶かしてしまったので、そのままあとに引けなくなり、下で書いた↓オークションに行く前にあわてて生地を作って焼いた、ガトーショコラ。笑
(焼き時間も結局足りなくて、帰ってから二度焼いた)
いつも読んでる、イタリア在住のブロガーさんが最近作っていて、とってもおいしそうだったので、ものすごく食べたくなりました。
彼女が、フレッシュラズベリー入りで作っていたので、私も、、と意気込んでスーパーへ行ったら、鮮度イマイチ+値段もバカ高っ で、とりあえず抜きで。
レシピは、ネットで適当に検索して見つけた、『ゴディバ』の『ガトーショコラ』。
よく考えたら、、 生姜の砂糖漬けがあったので、それを細かく切って入れればよかったなーと悔やんだり。
でも、しっとり、濃厚。とてもおいしいです。小麦粉が、ごく少量しか入っていません。
粉砂糖をふって、生クリームをのせて、(あとから安売りになった)鮮度のいいラズベリーものっけて、いただきました。
c0103793_838898.jpg

[PR]
by bingotama | 2008-03-21 08:52 | 料理

いつもの日々に戻りつつ

3/13に、夫がおつとめから無事帰ってきました。

c0103793_3345098.jpgc0103793_3353637.jpg


前日の朝『明日、迎えに来るようにーっ』と、待ちに待った連絡がみんなに入りました。私はそれから、慌てて家の掃除(笑)。
普段から掃除は好きでわりときれいにするほうなのですが、一度怠けると、とことん汚したあときれいにしてその爽快感を味わう、というヘンな面もあります、、
しかも独りだと、たとえ怠けて家がどんなに汚くなろうとも、誰にもつっこまれないので、気づくとたまにものすごく埃かぶったり、乱れてたりするところが。
寝室のトイレにはシンクが二つあるのですが、きれいにして(いたつもり)放っておいた夫のほうがもうひからびて埃だらけだったので(笑)、久々にピカピカに。
(どうせまたすぐ汚されるんだけど)
今回のおつとめは、メールが不通になる期間が一ヶ月以上続くことが二度あったので、ベテランの奥さんたちでも『結構辛かったねー』と話すほどだったのですが、これだけ喋ってないと、いくら夫でも再会したときはなんとなくお互いテンポがつかめなかったり(笑)。すぐ元に戻りましたが。
しかも今回は、私の体も様変わり。昨年12月、日本へ帰るための空港で別れたきりだったのですが、その頃はお腹もぺっちゃんこだったのに、今ではもうポッコリ。『おぉ・・・』と、撫でながら感慨深く眺めることしばし>夫。
帰ってきた日も、待つほうは一日がかり基地で待機して、夫の仕事が終わってから夜にようやく再会。翌日はゆっくり休息、、というふうにもいかないらしく、朝4時すぎに起きて出勤し夜まで仕事、週末も結局二日間とも仕事。しかも土曜は仕事のあと夕方から大きいオークションのイベントがあったので、二人で出席したりしてました。
一ヶ月ぶりの産科検診へも、一緒に行くことができました。
アメリカの産婦人科では、エコー検査ほとんどやらないはずなのですが、夫は海へ出てて最近戻ったばかり、という話になったら、『今日どうする、やる?』と助産師さん。しばらく赤ちゃんの様子を見れなかったであろう人たちには、希望すればエコー検査やってくれるそうです。私の場合、なんだかんだといって、これで5回目。
赤ちゃん、シャイなのか(笑)、またもや顔がよく見えませんでしたが、一段と大きくなった手足、背骨、あばら骨、頭の形などがはっきりと見れました。夫も一安心。
そして、帰ってきて一週間経つも、いまだに、洗濯の山と格闘。
ここへきて、ようやく一段落、、ほっ
先日のオークションというのは、このシアトルの基地に所属する潜水艦の人たちが協力しておこなうチャリティイベントで、団体や個人で様々なものを“出品”し、それに皆がお金をかけます。支払われたお金は、のちに潜水艦員の子供たちの学業の奨学金に当てられます。
年に一度の大きなイベントなのですが、毎回テーマが決まっているので、そのテーマに沿って、潜水艦ごとにみんな仮装して来ます。今年は『中世の騎士たち』という変なタイトルだったのですが(笑)、夫たちも、ボロきれのように見せたチュニックを着せられていました、、 ちょっと恥ずかしい衣装なのですが、彼らの帰りがもし間に合わなかったら、代わりに奥さんたち(=私たち)が着ることになってたらしく。よかったー、、帰ってきてくれて、と夫に言ったら、失笑してました。
出品作品は、いろいろ。手作りの工芸・手芸、自作の絵画・写真、近隣レストランや店のギフト券、色々な体験ツアーの権利、手作りのケーキ、、などなど。
オークションは、サイレントオークションとバーバルオークションの二種類があり、長丁場でおこなわれてました。
(たいていの人はみんな、疲れて途中で帰るんですけどね、、)
c0103793_4331516.jpg

今回、夫と選んで落札したのが、これ。↑ 
ベビーグッズを、大きいバスケットにつめた作品はいくつかあったのですが、このセット、色合いや内容がなんだかかわいかったので。
diaper cakes(おむつで形作る、ケーキ。よく贈り物にされます)、哺乳瓶、おしゃぶり、ぬいぐるみ、おもちゃ、ブランケット、ローションなど。底のほうにも、たくさんつまっています。私たちが払った金額は$50でした。この内容なら、悪くない値段だと思います、そもそもチャリティだし。なんといっても、こうして心をこめて用意してもらった物を使える、というのが嬉しい。
持って帰ってきて置いておいたら、早速びんごにおもちゃをかじられてしまい、びんごの歯型がいっぱいついてました(落)。
この日はあと、ケーキ部門で、マスカルポーネチーズとラズベリーの手作りホールケーキも$35で落札し、職場の人たちとみんなで分けていただきました。これがおいしかったー!
クルーが何千人、という規模の大きい空母などと違い、ひとつの艦に150人程度という潜水艦の世界など、狭いものなので、この日も、他の艦に乗る友人夫妻や、夫が養成学校時代に一緒だった古い友人など、何人もの人に再会しました。『社交って疲れるから嫌だなー』と私はブーブー言いながら行ったのですが(←例によって出不精)、終わってみれば、なかなか面白いパーティでした。
中には、普段ほとんど会わないため、妊娠したことも伝えてなかった友人夫妻などは、私が指さしたお腹を見てびっくり。たいてい皆、『ほれ、ほれ』とわざわざお腹を指ささないと、気づいてくれません(笑)。アメリカの女性はわりと、赤ちゃんができると体型全体が肉づきよくガラッと変わる人が多いので、たいていすぐ分かるのですが。
そういえば、私たちとおなじく、初めての子♀を妊娠中の友人夫妻も一組来ていて久々に再会したのですが、『確か今月予定日だったよねー??いつ?』と旦那のクリスに聞いたら、実は三日前が予定日だったんだよねーははっ、と。奥さんのサラのお腹は、スイカが二個ぐらい入ってそうなすごい大きさになってました、、 産まれたら知らせてねーっと言っておいたら、もう次の日に、産まれたばかりの赤ちゃんと一緒に撮った写真つきのメールが来てたので、びっくり。『ねー、、いつ産気づいてもおかしくないときに、あんなパーティとか来てて、すごいねぇ、、、あたしならぜーったいおうちに居るよねぇ、、、^^;』とあとで夫に言ったら笑ってました。
先日夜ご飯を一緒に食べたウェイも、この日一人で来ていました。私と正反対で、ウェイは毎日夕飯を誰かとレストランで食べるほど、人付き合いが盛んなので、旦那のバートがいなくとも、全然へっちゃら。こうした場にも、進んで一人で出てきます。体調も良さそうでした。

********************

夫が帰った翌日の夜は、はりきって和食御膳。(写真は無いけど)
・お寿司 - カリフォルニアロール(アボガドと蟹かまぼこの海苔巻き)
・ティラピア(白身の魚)のお吸い物
・里芋+鶏肉+人参+こんぶの煮物
・人参+赤パプリカ+枝豆+塩こんぶの和え物
・鶏ひき肉ハンバーグの和風あんかけ
・冷奴
私はこれプラス、納豆。
その後も、豚肉を薄くのばしてチーズをはさんでパン粉をつけてカツにしたり、そのとき添えたキャベツの千切りがあまったら、翌日お好み焼きにしたり、、
なんだか、自分が食べたいだけなのか、、?というような和食献立が続きましたが、そればかりだとさすがに夫が飽きるかなと思い、たまにパスタにしたり、外で食事したり。
外で、といえば。できるだけ映画館へ行って映画を観よう、と話しています。今後、赤ちゃんがいったん産まれたらしばらくは、ご無沙汰になるんでしょうねぇ、、きっと。幸い、うちのすぐ向かいが小さい映画館なので(これまでほとんど利用してませんでした)、散歩がてら、ぶらぶら歩いても行けます。
散歩といえば、天気の安定した日には、二人でなるべく外を歩くのも楽しんだり(←運動不足)。
赤ちゃんと自分が一体である、この貴重な時間。人生でもう二度とやってこない、夫と二人だけの、夫婦時間。
のんびり、楽しもうと思います。
おかげさまで、母子ともに元気で過ごしています。27週目に入りました。
この数日で、またお腹が少し出っ張ったかも?という感じ。
胎動も、日々強くなり、寝ていても、キックで起こされることがしばしば、、 というかそれ以前に、尿意をもよおして夜中に何度も起きるんですが。笑
これを書いている今も、赤ちゃん、お腹の中でしゃっくりでもしてるんでしょうか、、ものすごく定期的に、コツッ、コツッという感覚がします。
夫でも、手を添えれば、簡単にキックが分かるようになり。ほほぉ~と、本人面白がっています。

c0103793_6425545.jpgびんごたまは、ダディが帰ってきても、あまり大差無い様子。
(それに、いささかショックの夫)
相変わらず、マミーにべったり。
赤ちゃんが産まれたら、いったいどんな反応をするんでしょうか、、
(ちょっと怖い)
[PR]
by bingotama | 2008-03-21 08:41 | 挨拶・お知らせ・報告

SUDOKU

c0103793_1784214.jpg最近、ようやくハマりだした、コレ。
なんか面白そうだー、と思い、以前SUDOKUの薄い初心者用冊子を購入してから、かれこれ一年以上経ったでしょうか(笑)。
クロスワードパズルとか、ルービックキューブとか。こういう、コツコツ独りで解くようなモノは、けっこう好きなはずなのですが、そのときの冊子、もうどこへ行ったやら。
(本や雑誌を、買ったまま読まずに放置する悪いクセがあります>自分)
↑これは、箱で、中に一枚一枚印刷された問題や、鉛筆なんかがセットで入ってました、夫のライブラリーを掃除中に発見(新品で放置されてた>夫にもやはり同じクセ)。
冊子を買ったとき、解くときの考え方を夫に教わってたので、もう忘れかけてたけどなんとなーく思い出しつつやってみたら、、これがけっこう面白いです。
数学とか、暗算とかに弱い自分には、このくらいの遊びがちょうどいいのかも。
寝る前に、ちょっと頭の運動。ベッドに入り、一枚解いて、はースッキリ。(地味だなー。笑)
『SUDOKU』って、普通に『スドク』と発音するから、初め気づかなかったんですが、これ日本発祥の『数解(すうどく)』っていう遊びなんですね。知らなかったー。

*
*
*

嬉しい知らせを聞きました。
先日、友人のウェイと一緒に夕飯を食べました。ウェイのご主人、バートも、今うちの夫とは別の潜水艦で海へ出ているので、お互い独り。ウェイは普段、フルタイムで働いてるのですが、たまには一緒にご飯食べようよー、となりました。
ウェイも同じ町に住んでいるのですが、この日は町にある数少ない日本食屋さんで、待ち合わせ。この店はウェイのお気に入り。
日本食屋さん、とはいえ、作ってる人が皆、韓国人だったり、中国人だったりする、アメリカではよくあるタイプのレストランです。和食メニューの他に、チャイニーズもあれば、コリアンもあったり。
ここも、もしかしたらオーナーは日本人かもしれないのですが、以前夫と一緒に訪れたときは、カウンターで寿司を握ってくれたのが韓国人のお兄さんのようでした(ハングル語話してたし)。
この日、駐車場に入って車を停めたら、すぐ横にウェイの車。車の中で寝て待ってたようで(笑)。電話ではたまに喋ってたのですが、久々の再会だったので、お互い出てきてハグして、開口一番ウェイが『I'm pregnant!(妊娠したわ!)』と。
初め、冗談かと思って、ヘラヘラ笑ってしまったのですが、本当だと聞いてもう飛び上がって喜びました。同じ時期に妊婦体験できるなんて、すごく嬉しい。
『I'm not ready yet! ハハッ、まだあと二年はあってもよかったわぁー』と、いつものようにジョークを言うウェイでしたが、『ねーほんと・・・ After 9 years, , , 』と、ちょっと感慨深げでもありました。High School Sweethearts(高校時代からの付き合い)であるバートとウェイは、二人だけの結婚生活をもうかなり長くしてきているカップル。去年の感謝祭でうちへ呼んだ際、私の妊娠の話をしていて、『ウェイたちは(子供)どう?』と聞いたら、んー、作ろうとはしてきてるけどねー、、と微妙な感じで話してたのでした。
それにしても、居眠りして待つほど、どうりで眠いわけですね、、仕事では別に疲れないそうですが、なんせ眠くて倦怠感があるとか。
私も、いまだに眠くて眠くて仕方ないので(←いや、こじつけかも。笑)、分かる分かるー、などとしばしマタニティトークに花が咲きつつ、食事しました。
しかし、あーやっぱり、誰かとご飯を食べるって、いいですね・・ しみじみ
『これ、妊娠するともらえるんだよー』と、普段持ち歩いている日本の母子手帳を見せたら、デザインもかわいいし内容もすごいっ、とこれもいたく気に入ったウェイ。やっぱさすがジャパンだわ~、もう私の中では何につけてもジャパンはベストよっ、と言い切ってました。
でも、ちょっと間違った知識も身につけちゃってるかも。
私が『帰省したとき、日本ではお寿司いっぱい食べたよー』と言ったら、ぇぇええっ??とウェイが驚愕するので、大丈夫だよー、日本で食べるのは新鮮だから、、確かにここ(アメリカ)じゃ、妊娠中は生のモノ食べちゃいけないって言われるけど、、と、私がここまで話したところで、ウェイが勝手に結論↓。
『あ、それ知ってるわ。日本は、魚を一度必ず冷凍してから流通させなきゃいけないって決まりがあるのよねっ、でもアメリカはその決まりが無いから・・・。一度冷凍すれば、バクテリアも死んで汚染されないから、食べても平気なのねっ』と。
、、え、ホント?(←自信ナシ)いや、ちょっと違う気が、、と思いつつも。
ウェイは、普段から、弾丸トークを繰り広げるので、私が会話についていけてない場合もしばしば。このときも、もっとうまく説明したかったのですが、数秒でできる自信が無かったので(笑)、へぇ~、そんな決まりあるのー?と、安易な返答をして終ってしまいました(落)。日本人のくせに、日本人じゃない人に教わってどうする>自分。
今度この話題になったら、ちゃんと訂正しとかなきゃっ、と、自分にかたく誓ったのでした。

ベビーがもし女の子だったら、もうEla(エラ)って名前つけると決めてるのー、とウェイ。
これまで散々、人のベビーシャワーに出て、贈り物してきたそうで、『It's Payback time!(これまで払ったぶん、取りかえすわよっ)』とウェイらしい発想で鼻息荒く(笑)、でもとっても嬉しそうでした。
私も幸せな気分になりました。
[PR]
by bingotama | 2008-03-13 18:50 | 好きなモノ

Endeavour

(写真はNASAのホームページから)
c0103793_16314113.jpg

打ち上げの模様を、NASA TVで生で観る。
久しぶりに、興奮。瞬間的なものすごいエネルギーによって、巨大なロケットが中に浮く。
しかし、、すごいもの作るなぁー。
土井さん、いってらっしゃーい、と心の中で。
天文は、小さい頃から大好き。本屋さんで『好きな図鑑を一冊買ってあげる』とお父さんに言われたときも、選んだのは宇宙の図鑑。
火星の表面、だとか、土星の輪っか、だとか。CGでもなんでもない、実物の写真なんだ。人間の、まったく知らない世界、ひょっとしたら、生命なんて存在しない世界なんだ。そう思うだけで、どきどきする。
空で光っている月や星は、口をぽかーんと開けていつまででも眺めてしまう。きっと、途方に暮れるような距離なんだろうに。ああして、あそこにまたたいている光が、実際に存在する、地球以外の星だなんて。ぞくっとする。
学校の理数系のお勉強さえもっとできれば、、 (落)こういうのに携わる仕事人になりたかったなぁ。
[PR]
by bingotama | 2008-03-13 17:07 | 独り言

準備万端

オーブンで焼いて、切り分けて、ラップして、いざ。
自家製ターキーミートローフ(←こればっかり。笑)に、生のほうれん草を添えて。
c0103793_852131.jpg

金曜の夜、同僚の奥さんの一人、エイミーが、またこんなホームパーティをやってくれました。別にポットラックじゃなかったので、食べ物持ち寄る必要は無かったのですが、単に、作って誰かに食べてもらいたかったので。
今回は、BUNCOじゃなくて、ポーカーでもいいし、なんならWiiもあるから、ということで集まったのですが。結局ゲームなんかせず、食べて、喋って、終りました(笑)。女が何人か集まると、そんなもんですね。
夫が普段一緒に働いてる人たちの奥さんで、来れる人だけだったので、この夜は私を入れて8人。うち妊婦4人。うち1人は、もういつお産となってもおかしくない臨月の奥さん、ケンドラ。
隣りに座ったケンドラのはちきれそうなお腹を、しばし触らせてもらう(笑)。『痛くないから、いいわよ』と言うので、結構強く、ぷにゅっ、ぷにゅっと押してみる。すると、まだ性別を知らない中のベビちゃんが、押し返してくるのが分かって、つかの間興奮。すごかった!
私のお腹のベビちゃんも、だいぶぐにょぐにょーっと動くようになってきたなあ、と思ってましたが、まだ先があるんですね、、。
しかし、、自分のお腹の中で、生き物が動く、この感覚。だいぶ慣れてきたとはいえ、動きが大きいと、いちいち驚いて『おおぉっ』とどこに居ても一人叫んでしまいます。人前だと、ヘンな人ですかね、やっぱり。
普段よく会う、気のおけない人たちばかりの集まりだったので、この夜は終始リラックスして過ごせました、トイレは何度も拝借したけれど(笑)。
夫たちも、もうすぐ帰ってきます。この夜も、その話題でもちきり。
この日はちょうど、一ヶ月ぶりにEメールが再開し、旦那と久しぶりに連絡がとれて、皆も自然とウキウキ。こんなに連絡が途絶えたパトロールも、どうやら珍しかったようで、ベテランの奥さんでも、キツかったーと言ってました。
今回も、長かったなー、、 (←初めの一ヶ月、日本で一人楽しんだくせに。笑)
日本にいるあいだは、あまりにギャップがあって、夫のいる世界のことなど、ほとんど考えなかった気がします。ちゃんとメールは送ってましたけどね、、たまに、、、
自宅へ帰ってからは、返事がこようとこまいと、毎日しかとメールを送りました。届くのに時差が生じたり、不達のときもあるので、必ず日付とナンバーを書くのですが、いま確認したら、60通も書いてる!笑 家から一歩も出ない日もあるってのに、よくもそんなに書くことありましたね。。
たいがいは、びんごたまのことだったり、お腹の赤ちゃんのことだったり、なんですが。
夫本人にとっては、そんなくだらない内容でも、毎日メールをもらうのが楽しみらしく。
私が書いた文章を読むことで、少しでも、時の流れを早く感じること。早く家に帰りたいーと思うこと。
非日常的な空間に長くいると、それがとてもありがたいようです。
c0103793_9523397.jpg

この週末は、はりきって大掃除。
そろそろ、お風呂掃除も体型的にキツくなってきたのですが、なんせ独りのあいだ、サボりすぎていて埃がすごかったので(笑)、やむなく。
私がいつも浴槽をいじっていると、遊んでもらってるのと勘違いして、思いっきり飛び込んでくる、びんご。このときも、水をじゃーじゃー流しているのに、それに気づかず思いっきりジャンプして飛び込んじゃって。手足がびちょびちょになり、本人しばしパニック(笑)。
重たくやかましいアメリカの掃除機を引きずって、ひぃひぃ言いながら、家じゅうくまなく。びんごたまの毛がごっそり取れてびっくり。
鏡や、皮製家具、木製家具も、磨いたり。
↑どーしようもなくダサダサなデザインなのですが(ちゃんとデザイン集買わなくちゃ。落)、クロスステッチも、ちょっと前に完成。3ドルの額に入れてみました(安っ)。
あと、ネットショッピングした、大きい読書用のピローにリボンを巻いたり。
夫が大好きなので、日本でいろいろ買いだめしてきた、日本製のペン(仕事で使う)をごっそり包んだり。
帰る日が分かったら、またセントラルマーケットまではるばる行って、和食材を調達しようと考えたり。潜水艦内での、揚げ物ばかりの食事に、もう飽き飽きしている頃だと思うので、帰ったら、和食御膳(お寿司つき!)でも作ってあげようかなーと思います。
着々と。『おかえりなさーい』の準備。
[PR]
by bingotama | 2008-03-10 10:19 | 交流
c0103793_16415542.jpg

日本では、大好きでたまに行っていた、青山の『A.R.I』のサイトから、レシピを頂戴しプリントアウトしてありました。
(昔はレシピ載ってたはずなんだけど、今見たら載ってませんでした、、)
お友達に教わった、小さい小さい、隠れ家的なお店だけれど、ここのマフィンやスコーンが大好きでした。
あんなの、作れたらいいなぁー。
このクッキーも、すごくおいしい!あ、訂正、レシピでは正しくは『ホワイトチョコチャンククッキー』でした。はい、ドライクランベリーは、私が勝手に入れました(笑)。
なんとなく、赤と白のスペックが見えるほうが、かわいいかなぁ~と思い。
食べた瞬間、すごく甘いと思ったけど、でも糖分のほとんどは、ブラウンシュガーが占めてるので、そんなにしつこく感じない。
これを作るちょっと前に、冷凍ブルーベリーとアーモンドダイスを使って、ソフトタイプのクッキーを焼いたら、見事失敗したばかりだったので、、(おいしいことはおいしいんですが、、見た目がどうもぺちょっと。おかしいなぁ、ジアダレシピだったのに。笑) 
この、カリカリッとしたタイプのクッキーが、新鮮でよかったです。
[PR]
by bingotama | 2008-03-04 12:09 | 料理

ティラミス

c0103793_11292184.jpg

もうずいぶん前に作ったもの。レシピは、、何を見たんだっけ?>ド忘れ
ティラミス、、だけど、レディーフィンガーを用意したり洋酒入りのシロップを作ったりする過程は省き、作ったのはこのチーズの部分だけ。
(出た、面倒くさがり性質)
マスカルポーネチーズ、日本じゃ高くてちょっと腰がひけるけど、このへんの安い店で買えばそこそこの値段で手に入るし。せっかくだから、活用しなくちゃね。
イタリア系アメリカン、ジアダの料理を見ていても、ほんとによく登場するし。ディジョンマスタードと一緒に、パスタのソースにするのが、私は好きです。
↑このチーズフィリングの部分、冷蔵庫で固めても、意外とゆるかったです。卵白の効果で、軽く、ふわふわ。ココアパウダーをかけていただいたら、ティラミスらしい味になりました。
びんごたま、マミーが、ヨーグルトだとか、アイスクリームだとか、こういうモノ系を食べていると、『カチカチ』というスプーンの音で、気づいてすっ飛んでやってきます。で、目の前でじぃーっと待機。おこぼれを頂戴しようと待つのです。
いつ頃からか、こういうのを、最後の最後、スプーンについて残った残りを舐めさせてあげたら、以来大好きになってしまいました。初めは、びんごだけ興味があったのに、目の前でじぃーっと見てるタマにもあげなきゃ不公平かな、とあげてしまったら、以来、タマもこの味を覚えてしまい。
でも、あんまりクセにしちゃうと、肥満や虫歯も怖いし。あげるとしたら、ほーんのちょっぴり。米粒程度。
それでも、本人たちは必死。あげるまで、その場を離れません。目は、マミーの顔とかでなく、もうスプーンの動きに釘付けで(笑)。
[PR]
by bingotama | 2008-03-04 11:50 | 料理

女の子の日

c0103793_1827158.jpg

桃の節句、ひな祭り、ですね!
確か、昨年だったと思うけれど、母が送ってくれた↑超ミニお雛様(の置き物)。
お腹のベビちゃん♀のため、久々に出してみました。
実はこれ、去年びんごたまの手の届くところにうっかり置いてしまったら、当然のごとくおもちゃと間違われ、びんごに雛のほうを思いっきり飛ばされて、かじられました(笑)、この↑頭の上についてる、赤い紐が取れちゃったので、糊でくっつけました、、汗
日本では、今でもお雛様をちゃんと出す家、多いのかなー?
うちは姉と私二人だったので、小さい頃は毎年出してもらってました。あの、人形たちのちょっと“古い”匂い。今でも鮮明に覚えています。
[PR]
by bingotama | 2008-03-03 18:35 | 独り言

びっくり

c0103793_18115190.jpg←この、びんごちゃんがじぃーっと見張っているぬいぐるみのようなモノ。
一昨年のクリスマスに、びんごたまのおもちゃとしてお店で買ったのですが、ほんとは子供用のおもちゃです。
下の白い土台についてるポッチ、『Press Here』と書いてあって、そこを押すと、楽しげな音楽が流れます。ついでに、このかわいいペンギンたちも、しっぽを振って踊ったりします。しっぽについてる鈴も鳴ります。
たまに、びんごが、この“ポッチ”が突然気になり、思いっきりそこへ向かってジャンプしたりします。
そうすると、いやがおうにも、このポッチを押しちゃうので、音楽が流れます。
けっこう楽しげな歌なので、昼間ならまだ、『あ、びんご兄ちゃんが、音楽かけてくれたよー♪』などと、お腹のベビちゃんに話しかけ、一緒に歌ったりするので、いいんですが(笑)、、 これが、真夜中にやられると、マミーは心臓が飛び出るほど驚きます。二階で寝ていると、誰もいないはずの一階から、この歌が聞こえてきて・・・(笑)。
犯人は、タマでなくて、必ずびんご。
[PR]
by bingotama | 2008-03-03 18:22 | ビンゴたま