もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最後の夜。

c0103793_205177.jpgこの家で、最後の夜。
いろんな思いが、かけ巡って、なんだか眠れない夜。

2006年初夏。ここで住む家を夫と探す。
不動産屋さんと、10軒ほど見てまわったかな。夫も私も、途中で見たこの家が、一目で気に入ったのでした。
話がまとまり、分厚いペーパーワークに目を通して、購入する契約を交わしたのが、偶然ちょうど自分の誕生日。で、あれから、二年半。早かったなぁ。
夫がふと、この家、大好きだったよねぇ、、とつぶやく。
あ、でも、賃貸にしてまだ所有するから、過去形でなくて「まだ」大好き、ですよー。笑
いろんなことが起きて、いろんな経験をして、いろんな思いがつまった家。
しばしのお別れになるけれど、またここに、戻ってこれたらいいなぁ。

なんといっても、フィオナが生まれた場所、ですからね。

今週、いよいよ業者さんを呼んで、家を空っぽにします。
自分たちは、base(基地)内のロッジで二週間ほど過ごしつつ身辺整理をしたあと、飛行機で東部へ向かいます。
、、ってどこへ行くんだ、ですよね、これから引越し先のことも、ゆっくり書きたい、、のだけど、なんせ、フィオナさんが、マミーの自由時間をなかなかくれません(笑)。
日本帰省の写真も、フィラデルフィアでの写真も、、 載せたいのにぃー。
そんなわけで、フィオナさんのお昼寝スケジュール次第、、の、ここの更新。時間があったら、ぼちぼちと。
忙しいけど、家族みんな元気ですっ。
皆さまも、風邪などにお気をつけてお過ごしください^^。
[PR]
by bingotama | 2009-01-12 20:36 | 挨拶・お知らせ・報告

うまいっ。

c0103793_22525683.jpg

barsuk records(シアトル拠点のインディーズ系レコードレーベル。わんこのロゴがかわいい。)から、届け物。
夫と?に思い封を開けたら、あ!The Long WintersのDVD、、
送付人の名前を見たら、友人夫妻のブランドンとクリスタル。
ギフト・メッセージに、

We will miss you out here in the Great Pacific North West
where the winters are always long.
Take care and give Fiona a hug from us!

と書いてありました。
なんとこれ、このとき一緒に行った日のライブ!わぁ、嬉しい。
彼らに教えてもらって、好きになったバンド。以来、何度聴いてることか。
DVDも嬉しいのだけど、しゃれたギフト・メッセージに、うなった夜。
よく一緒に遊びに出かけたし、ここでの感謝祭も、三年連続で一緒に過ごした、ブランドンとクリスタル。
引っ越しちゃうから、もうしばらくはまた一緒にライブとか行けないけど。
また一緒に遊べる日が、すぐに来るといいなぁ。
[PR]
by bingotama | 2009-01-10 23:12 | 交流

ファーストシューズ

c0103793_21553269.jpgフィラデルフィアから戻り、たまっていた郵便物を郵便局へ取りに行ったら、その中に、お友達komiちゃんからの小荷物が。

c0103793_2223878.jpgも、もしかして・・・ きゃーやっぱり!
ちっちゃい、フィオナの靴。

komiちゃんは、靴工房に通い、職人さんのもとで、皮を使った靴を、自分で作れるひとです。す、すごい。
もう15年くらいのおつきあいになるけれど、彼女の感性・クリエイティビティには、昔から感嘆させられてばかり。
このときも、ココでも、あ、コノときも、、 お、お世話になっとりますです)
好きなヨガを探求、遅かれど、懸命な勉強を始めたkomiちゃん。見事、教える立場にまでなったときは、本当に頭が下がった。
好きなものに向かっている人は、きっと幸せのオーラに満ちていると思う。会わなくても、見なくても、分かる。

忙しいだろうに、ひと針、ひと針、時間をかけて、心をこめて、縫ってくれた靴。
記念すべき、フィオナのファーストシューズにさせてもらうね。
フィオナの足が大きくなって、もう履けなくなっても、大切に大切にするね。
くたっと適度に柔らかい、黒い皮の感じ。大好きな、うすいラベンダー色の中敷き。
感謝・感激。ありがとう!!

c0103793_222261.jpg

c0103793_22233440.jpg
[PR]
by bingotama | 2009-01-10 22:40 | 交流

漆器

c0103793_21313933.jpg日本に帰省中、お友達のM夫妻から送っていただいた、フィオナの出産祝い。
『DO!KOMERA(ドゥ コメラ)』の赤ちゃん漆器。
c0103793_21321420.jpg開けてみてびっくり。なんと、フィオナの名前入り!なんて素敵なんでしょう。お皿とボウルの裏にも、ちゃんと名前が入っています。

日本の風土で育った、天然木を使用し、日本の伝統技術を持つ職人さんが、一つ一つ、丁寧に手作りしてくれたという、器とさじたち。
もし、壊れたり、欠いたりしても、なんと、修理してもらえるそうで。木のものも、修理できるなんて、思わなかった。
使いこむうち、しっとりとした自然な光沢も生まれるそう。
優しい、木の感触、ぬくもり。大人になっても、使い続けられる。長く使いこんでゆくのが、楽しみ。
ちょうど、離乳食を始めたばかりの、フィオナ。毎回、スプーンを奪い取って、思いっきり口へ入れています。木だから、なんだか、安心。
素敵な素敵な贈り物を、ありがとう!!ずっとずっと、大切に使うね。

c0103793_21465762.jpg←かぼちゃの裏ごしを、もりもり。
[PR]
by bingotama | 2009-01-10 21:50 | 交流

この方たちの行方

c0103793_20521888.jpg←ソファを人に譲るのに、夫とガレージへ運ぼうとしていた日。ちょっと目を離して戻ったら、この方たちの格好の休憩場所になってました(笑)。

大事なことを書き忘れてる気がしますが、びんごたまも、元気です。
ひと足先に、アメリカ東部へ飛んでもらった、びんごたま。クリスマスに、夫の実家で再会しましたが、変わらず元気でいて安心しました。
『僕らだけで、飛行機に乗せるなんて、ひどいじゃないかぁーっ』とか、『今までどこに行ってたんだよぉーっ』とか、怒られたらどうしよう、と内心ドキドキして再会したのですが、そんなそぶりは全く無く、二人とも、かけよってきてくれました。滞在中はずっと、前と変わらず、甘えて膝に乗ってきたり、パソコンをやるそばで、じぃーっと一緒に座っていたり。
夫の母によると、食欲も、便通も、これまでどおり(笑)。変わった様子は特に無かったそうで、本当によかったです。ただ、気の強いタマが、抱き上げようとする夫の母に、毎回『シャーッ』と唸ってたそうで、『あたしのこと、嫌いなのよー』と夫母(笑)。
夫の実家では、大きいツリーも出してたし、いたずらされたら困る細かいモノも沢山あるので、あえなく二人は、半地下になっている部屋へ。二人がいつも楽しみにしていた、外が見渡せるような窓は無いに等しいので、その点は本当に心苦しかったのですが、暖房もきいているし、ソファや暖かい毛布もあちこちに置いてくれていて、居心地はかなり良さそうでした。
いつものご飯も、きれいな水も、トイレも用意してあるし。お気に入りのオモチャも、今回持っていってあげました。よじ登ったり、隙間に入ったり、探検したりする、部屋の広さも、じゅうぶん。
引越しは避けられないことなので、かわいそうではあるけど、もう少しこのまま、頑張ってもらえれば、と思います。
とにかく、二人一緒であれば、大丈夫。
今月末、また再会します。そしたら、またずーっと一緒だからね。
待っててね、びんごたま。
[PR]
by bingotama | 2009-01-10 21:13 | ビンゴたま
更新が遅くなりました。ぜいぜい
昨年末、おかげさまでフィオナも生後六ヶ月をむかえました。
(↓まだ、古いソファがあったころ、自宅にて↓)
c0103793_1859426.jpg

c0103793_1904241.jpgまだ、お座りできません。はい、今でもまだ、転がっております、、(笑)
c0103793_1912698.jpg

c0103793_192467.jpg

c0103793_1923346.jpgあっちへ、こっちへ、おっとっと。あとちょっと、なんだけど。

c0103793_193795.jpg

c0103793_1932994.jpg

新年、完全に出遅れてしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。
昨年末は、おととしと違い、ファミリーレターやクリスマスカードを書く余裕が全くありませんでした、自分。いや、えーと、たぶん、面倒くさがり屋でない人、要領のいい人なら、きっとできたかと(笑)。ダメダメですね・・・
とはいえ、お便りを出すのは基本的に好きなので、できたら、写真など書面でご挨拶できたらなぁーと思うのです。気長に待っててやって下さい。
年末から年始にかけて、日本→シアトル→フィラデルフィア→シアトル、、と移動してました。
短かったけれど、この時期を、日本とアメリカ両方の家族と過ごすことができたので、本当によかったです。
自分たちの親を含め、日ごろからお世話になっている親族やお友達にも、フィオナに会って喜んでもらえました。飛行機や電車での移動は大変だったけれど、実行してよかったと心から思っています。
飛行機ではぐずるかなぁ、と心配しましたが、総じてとってもいい子でした、フィオナ。
ぐずるときも何度もあったし、機内でもうんちしちゃったり、できるだけ飽きさせないようずーっと見てたりして苦労しましたが、そりゃあ赤子だから、仕方ない(笑)。特に日本との往復は、大人でも疲れるのに、長時間のフライトよく頑張ってくれたと思います。
それにしても、赤子を連れての旅は本当に大変ですね、、 いっちょまえに荷物も増えるし、どこへ行くにも、何をするにも、夫とのチームワークがひじょーに大事だと実感したのでした(笑)。
今回はフィオナの座席もとったので、カーシートを機内に持ち込んだり、ストローラーをゲートまで使ってチェックインさせたり、、 おむつバッグもあってただでさえ大荷物なのに、そんな力仕事、に加え、何もかも出さなきゃいけないセキュリティを通るのも、これまた面倒で。
周りのアメリカの奥さんたち、旦那たちの留守中でも、お子を連れて皆ちょくちょく実家へ帰ったりしてるので、タフだなーといつも思ってたのですが。私の場合、日本ならまだしも、こっちで、フィオナと二人旅なんてきっとムリ、と思ったのでした。

* * * * * *

あ、前置きが長すぎでした、、 フィオナ、ハーフバースデー、おめでとー!でした。
新しい年が明ける直前、大晦日の日に、離乳食を始めました。
ちょうど、夫の実家に滞在中だったのですが、夫自身が離乳食用に使っていたという古いスプーンを、親戚からもらいました。
なんてことない、普通のステンレスの小さいスプーンなのですが、夫の母が、昔その親戚に譲ったそうで、親戚のうちでも、子育てで使ったようです。それを、私にも譲ってくれました。
夫の母もいるし、思い出深いスプーンももらったところで、、 ちょうどいいから、教わりながら、始めてみようかな、と思いました。
フィオナも、大人の食事風景をじぃーっと見て、とっくに興味を持ち始めていたので。
離乳食の様子も、あとで記念にここに載せておきますね。
六ヶ月が経ち、支えがあれば、お座りができるようになりました。
与えるおもちゃにも、以前に増して興味を示すように。
手にしたモノは、何でも口へ運びます。
うつぶせの体勢は、相変わらず苦手なようですが、ずいぶん長い時間保てるように。
時々、偶然、コロッと寝返ります。でも、まだ、意識してはできない様子。ずりばいも、まだ。
今日、生後四ヶ月のベビーがいる友人夫妻と食事したのですが、その子がもう、パパの膝の上で、つかまりながらも一人で立っていて、びっくり。フィオナはまだそんなことできません。また、生後三ヶ月で、歯が生えてきた、というお友達の赤ちゃんもいたり。
皆それぞれ、できること、できないことが、違う。赤ちゃんの成長も、それぞれ違って、面白いですね。
フィオナは、ちょっと前に、自分のつま先を発見したようで、脚を持ち上げては、よく触るように。そして、これを書いている今日、お風呂に入れていたら、仰向けになった際、とうとうつま先に口が届いて、舐められるようになってました(笑)。
よく動くので、おむつ替えも大変になってきました。
髪の毛は、相変わらず、薄いまま。みんな、いずれ生えてくるものだ、と周りの人からもよく聞くので、遅いことはあまり心配してないのですが、禿げてるところがあったり、濃いところがあったり、、 生えかたがちょっと微妙・・・ 笑
髪も薄いし、私の好みでたまにグリーンや薄いブルーの服を着せたりするので、日本でもアメリカでもしょっちゅう、男の子と間違えられているかも。
泣きかたも、また変わりました。自我がますますできてきたのか、単に泣くのではなく、何かを訴えるようになってきました。ダダをこねたり、甘えるような感じ。
声は、本当によく発します。叫んだり、うなったり、つぶやいたり。そして、本当によく笑うようになりました。
『ダダ』と言い易いようで、よく言います、でも、まだ『ダディ』の意味じゃーないですよねぇ、、絶対、、 笑
ダディが居ない三ヶ月間、しつこく教えてきたのは『マミー』なので、ぜひともこれを最初に喋って欲しいなぁ、、 頑張れーっフィオナ。
なにはともあれ、これまで病気をすること無く元気でいてくれたことに、感謝。周りには、熱を出したり、風邪をひいたり、咳をしているベビちゃんやお子ちゃまたちが、結構いるのだけれど、そうすると、お世話するママのほうも、大変な思いをしています、、 
お腹の中にいた頃から、本当にずっと親孝行してくれている、フィオナ。そりゃあ、いつかは、体調を崩すときが来るのだろうけれど。でも、そんなときでも、マミーも一緒に頑張るからね!
これからも、いっぱい笑って、いっぱい食べて、いっぱい眠って、いっぱい遊んで。元気なフィオナでいてね。

c0103793_19455611.jpg帰省を終えて、シアトルの自宅に戻って以来、なぜか、甘えんぼうになってた、フィオナ。帰省の前は、普通に、スイングやバウンサーに乗って、何分も一人でご機嫌に揺られていたのに、戻ってからは、ほとんど乗っていません。乗せても、すぐにぐずりだす。←この穏やかな寝顔も、帰省直前に撮ったものです。
c0103793_1946191.jpgお座りしながらおもちゃで遊ぶようにもなってきたし、体が更に動くようになって、単に寝っころがってるだけでは物足りないのか。はたまた、日本の実家でも、夫の地元でも、いつも誰かしらに抱っこしてもらってたし、スイングなどにもほとんど乗っていなかったので、甘やかされちゃいましたかね、、 はは^^

生後二ヶ月
生後三ヶ月
生後四ヶ月
生後五ヶ月
[PR]
by bingotama | 2009-01-10 20:44 | Fiona Mico