もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Veterans Day

c0103793_16373781.jpg

いまこれを書いているのは実はまだ10日金曜の夜なのですが、明日11日は祝日です。
私は日本で働いている頃から、仕事が無くお休みになること自体が嬉しくて、祝日の意味をあまり考えたことがありませんでした。夫にいつも『明日は何の日でお休みなの?』と聞かれ、『・・・』となるのがしょっちゅうでした。(反省)
自分の育った国ですらこうなのだから、アメリカの祝日について詳しいはずもなく、、だから明日のこの日も、何の日なのか今日ようやく知りました。
カナダでMemorial Day(戦没者追悼記念日)というのがあったけど、それと同じように、軍人さんにまつわる祝日のひとつですね、、日本語で『退役軍人の日』と言ってしまって正しいのかどうか分かりませんが、どうやら、戦争でこの国に奉仕した軍人すべてに感謝をし、名誉をたたえる日、のようです。
夕ご飯の時間帯、テレビでは昔の戦争に関するドキュメンタリー番組がいくつか放送されていました。歴史が好きな夫が、その中のひとつを食い入るように観ていました。エノラゲイ(広島に原爆を落とした爆撃機)などのB-29や戦闘機やそれらを実際に操縦していたパイロットに焦点をあてたドキュメンタリー番組でした。私にはナレーションの内容がちょっと難しくあまり理解できませんでしたが、昔の白黒のフィルム映像はなかなか見ごたえがありました。日本のうちの父がもしこの場にいたら、解説付きできっと興味深く観るのではないでしょうか。。
この国にとって『戦争』は現在進行形のもの。イラクでも毎日のように、ここから戦いに行っている人たちが亡くなっています。うちの夫はいま軍人として働いているけれど、だからといって私も『戦うこと』を単純に擁護するつもりはないです。人々の長い歴史や背景を知らずして、偉そうな発言もできないです。ただ、軍隊という組織に属するかたちで国に奉仕する者の家族として願うのは、送りだす家族の安全、これだけです。
うちのすぐそばに、退役軍人の人たちが入所するナーシングホーム(いわゆる老人ホームのような施設)があります。『明日、何かボランティアですることでもあるかどうか、顔出してみよっかな』と夫がさっきつぶやいてました。私も興味があるので、ついていってみようかな。
[PR]
# by bingotama | 2006-11-11 16:38 | アメリカ

ラザニア

日本からシアトルへ所用で来ている、夫の友人2人が昨夜急遽うちへやって来ることに。
夕ご飯の時間帯、、何も用意しないわけにもいかない。。急いで買い物へ出て、食材を買ってきました。オーブンに入れっぱでいい、ラザニアでいっか!
レシピは友人komiちゃん直伝。(komiちゃんありがとう!また作っちゃったヨ) そういえば、先日も夫の別の友人は急に来た。(どうしてっ?泣) しかもこの人、ベジタリアンときた。肉も魚も使わずに、何を用意しようか・・人さまに出すような自信の持てるメニューが思い浮かばず、仕方なく、先日一人のときに沢山作って冷凍しておいた、マリナラ・ソース(野菜とトマトだけのソース)でパスタにしちゃった、ホッ。作っといてよかった・・・
余談だけど、このソース、最近ハマって毎日のようにテレビで番組を見ている料理家、ジアダのレシピ。(このジアダについては、また別の機会にでも書きますね) 野菜を細かく切るのが面倒だったけど、なかなか美味しくできた。色々なことに使えそうなソース。
昨夜の夫の友人たちは、二人とも軍人で、(もっとも、二人とも辞職による所用のためシアトルに来ていた)私の見解(?)では、軍人さんは特に、食べるのが早い。職場では、とろとろと食べてはいられないので(他の人が皆早いから)、自然とそうなってしまうのだという。しかも、これも私の知る限りの話だが、軍人さんは、小さいことをあまり気にしない(笑)。だから、私が昨夜、お皿やアパタイザーにちょっとだけ感性を働かせ、洒落た演出をしようとも友人たちのほうは何もコメント無し(いや、きっと気づいていない・・)。私の反応をよく知っている夫は、律儀に褒めていたけど。笑。三人一緒にうちへ着いて数秒後にはもう、喋りながらアパタイザーのクラッカーをぼりぼり食べていた。まあ、いんですけどね。笑。なーんだ、これならきっと、ティッシュにのっけただけでも平気だったかも、とか考えたり。こういうとき、日本人なら『へぇ~、これいいね。こんなに用意してくれなくてもいいのにー。じゃあ遠慮なくいただきます、、』とか言いながらちょっと申し訳なさそに手を出すのかな、たぶん。笑。
実はラザニアも、中に入れるホワイトソースに塩こしょうをすっかりし忘れて、味にうるさい人ならば『む、何かが足りない・・』というようなパンチのないラザニアにしあがってしまったのだけど、でも彼らはまったく気にせず(気づかず)パクパクと食べてくれた。(よかったー。汗)
夫が以前、日本で勤めていたときの職場の同僚なので、その頃私も含めてお付き合いのあった懐かしい人たちの話をああだこうだとしながら、ラザニアとサラダもあっという間にたいらげた。
話を聞きながら、その頃がかなり懐かしく恋しくなった。というか、日本の生活が恋しくなった。
ビンゴとたまも、遊んでもらって大満足。友人たちも特段変わっておらず、元気そうで何よりでした。

私信:komiちゃん、あらためてレシピありがとう。作っている最中、またあの懐かしくいい匂いが家じゅうにたちこめました。(写真、ちょっとピンぼけ)

c0103793_15414168.jpgc0103793_1542369.jpgc0103793_15421367.jpg
[PR]
# by bingotama | 2006-11-09 15:58 | 交流

キャンドル

c0103793_535132.jpg私はキャンドル好きです。
火は怖いものだけど、ゆらゆらする炎をじぃーっと見ているのが、好きです。ずっとずっと見てても、飽きない。
先日、地元でキャンドル専門のかわいいショップを見つけました。
素敵なキャンドルやホルダーばかり売っているお店です。
(ここで働きたい!と真剣に思う)
ハート型、卵型、かぼちゃ型(ちょうどハロウィンの時期でした)、アロマ香るもの、はたまた、オーソドックスでカラフルなストレート型、地元のアーティストの手作りのものetc
もう、どれもこれもかわいい。手にとるもの次々と欲しくなる。
その町のB&Bを週末の気晴らしのため利用しに来ていたのですが、せっかく来たのだから、と、夫と二人でしこたま抱えてレジへ。
いいんだ。もうすぐホリデーシーズンだし。(強引)
店員さんに『あらあら、今日は誰かさんたちのショッピング熱がかなり高いみたい』と笑われました。
『せっけん』が大好きな夫は、色々な成分のタイプのせっけんを行く先々で見つけては、買って試すのが好き。そのお店でも、お店いっぱいに並ぶキャンドルの片隅で、地元特産のかわいいせっけんが憎らしいことにこれまたかわいく並んでいた。(あたしも)ほ、欲しい・・・。
包みも無駄なくシンプル、お店の袋も『さぁ、某有名店の袋をリサイクルするわよ。笑』と言いながら、使用済みのSAFEWAYのビニールにどさっと入れてくれた。うーん、ますますあたし好みなお店だったな、と。
ところで、B&Bはとても素敵な宿でした。昔から建つふるーい建物を利用している、ヴィクトリアン・イン。海が見渡せる丘に立ち、絶景。近くの方はぜひ。朝食で、ボーイフレンドと泊まりに来ていた日本人の女の子と思わぬところで遭遇、日本語でおしゃべりできて、個人的にかなりリフレッシュ。ありがとう、○○ちゃん!(名前聞いてなかった・・落)

写真は、その週末に買ってきたキャンドルのひとつ。
(これは、なんてことないタイプのキャンドルですね・・笑 でもこのアンバー色のホルダーがすてき。)
昨夜、筋金入りで猫好きの友人夫妻が、ビンゴとたまを初めて見にやってきた。
しかも夕飯を食べていたら突然『これから行ってもいい??』と・・ あたしはビール片手にもうパジャマ同然でしたが。(←オヤジ?) 慌てて着替えてボサボサ髪も直し、チーズケーキを手土産に持ってきてくれた彼らに気をよくして、キャンドルサービス。(←調子いいひと)

火をつけっぱで寝ちゃわないよう、くれぐれも気をつけなきゃ、ですね。決
[PR]
# by bingotama | 2006-11-08 05:20 | 好きなモノ

ビンゴと、たま

c0103793_5104046.jpg以前から、犬好きな夫と、猫好きな私は、『わんこ一匹、猫たん一匹欲しいね』と話してきました。
そのときはぜひ、シェルターのような場所へ行き、行くあての無い子をもらってこようよ、とも話してました。
自分たちの住処がようやく落ち着いてきたところで、まずは私の願望をかなえていただき(笑)、猫グッズをはりきって取り揃え、、ついにもらってきました!
行くあての無かった、きょうだい(兄弟)二人。。オレンジの縞模様のほうを『ビンゴ』、グレーの縞模様のほうは『たま』と名づけました。
名前の発案はどちらも、夫ではなく私(←独占。笑)。
アニマル・サービス・センターという、日本語で言うといわゆる保健所のような場所でしょうか。そこで動物を引き取ると、英語では“adopt(ペットをもらい受ける)する”と話します。なんだか、人間の子を養子にもらった気分。笑
兄弟なのに、毛並みも違えば、顔も性格も行動もまったく違い、観察していると本当に面白いです。
食べるのも動くのも行動が早く、奔放で活発に動くビンゴ。ビンゴより行動がいつも一歩遅くて、甘えん坊で、いつも人のそばへそばへと寄ってくるたま。
なんとなく、性格が二人の顔にも表れている気が。。
この子たちがうちへ来てから約二週間経ち、徐々に違いもつかめてきました。
違いはあれど、やっぱりまだ赤ん坊も同然の二人。どちらも、突然『ひぃー』と鳴きながら足元にまとわりつき何かを要求してきたり(おそらく、かまって欲しいだけ)、一緒にベッドで寝てたら、トイレまで一人で行けなかったのか、布団にウンチしちゃったり(私にとっては悪夢だった・・・泣)。
人間の子育てと一緒ですね、きっと。苦労も多いけれど、でもそれに代わって得られるものがとても大きい。うちの夫は仕事柄、家を留守にすることが多いので、動物の存在には何よりも癒されるのだと思います。
責任も大きいけれど、これから大切に大切に、育てていきたい命ふたつ。
[PR]
# by bingotama | 2006-11-07 05:15 | ビンゴたま

はじめました。

c0103793_235143.jpgシアトルも雨の季節に入り、天気がなかなか安定しない今日このごろ、11月になりました。
今日もまた雨。。 もう4~5日連続でかなり強い雨が降り続いています。このままいったら、近くで洪水が起こるんじゃないか・・とちょっと心配になってきました。
シアトルの雨季は本来、このような土砂降り、というよりは、シトシト雨の日々が、春までずっとずっと続くそうです。晴れ間が続く、夏の最高に気持ちのいい気候とは正反対です。
何年も前にほんの数ヶ月カナダ、バンクーバーに滞在して英語の勉強をしていました。私はあそこの冬をちょこっとかじった程度ですが、地理的に近いので同じような気候だと、その頃から話には聞いて知っていたものの、、 あまりにも長い雨季です。
今後ずっと、この雨を経験していき無事に乗り越えた(?)ら、私もきっと真のシアトルっ子の仲間入りでしょかね。笑
天気に気持ちを左右されやすく、もともと『おうち大好き』の私は、この雨続きでかなり非活動的な人になってますが、、(落)
でも我が家には最近、新しい家族が二名(匹)加わり、引っ越してまだ間もないこの家も、徐々に明るくなってきました。動物のぬくもりってすばらしい!
まだ小さい彼らに毎日振り回されながらも、天使のような寝顔を見るとすべての苦労・天気の憂鬱さも吹き飛びますねー。
(↑ほとんど、人間の赤ちゃんの子育てと勘違い状態です。笑)
子猫たちの成長の様子は、おいおい伝えていきますね。
『ブログ』なんて、ちょっと照れくさい、、今年の三月に日本を出るまえ、初めは『面白い!やってみようかな?』なんて友達にも言ってたくせに、B型の気質なのか(?)、アウトローな性格のせいか、その熱もすっかり冷めて『大勢の人がやってるしな・・・』と、一時は消極的になってました。
(たいていの場合、人と違う方向へあえて興味を向けようとするヘンな傾向がある) 
でも、子猫たちが来て以来特に、親ばか全開で写真を撮りまくり、いつもつらつらと近況を長く書いたメールに添付して送る私に両親はきっと迷惑していることでしょうし(笑)、それに考えようによっては、遠い日本の両親へ、時には簡潔に近況を伝えるのに、ブログはもってこいの機能ですね。笑。
おまけで、親族やお友達などにも読んでもらい、コメントなぞいただいたあかつきには、、これも現代ではひとつの『コミュニケーション』の場になるのでは、と思ったのでした。
それと、雨が多くなってきて、これまでのように用が無くともぶらぶらと出かけたり、など、外へあまり出なくなってきたせいもあるのかも?笑
、、ということで、はじめてみました。(←単純)
写真は、あまりいいものを撮る自信が無いけど、あったほうが断然伝わりやすいと思うので、ちょっと恥ずかしい出来だけど、徐々に載せていきます。
日本にいる家族、お友達は、みんな元気でやってるかなー。
毎日、考えない日はありません。
渡米してきて、まだたいして日も経ってないので(生活の様子も、おいおい書いていきますね)、まだやはり日本での親交や生活が恋しく、記憶も鮮明で、ついつい思いふけってしまいます。
、、なんてこと言ってますけど、ここまで読むと、おうちに引きこもりなんだか軽く病んでる人であるかのような響きですが、、 ちゃんと食べて、眠って、人と会い、話し、夫に合わせてかなり規則正しい生活もしているから、大丈夫!(と自分で納得)
子育て(?)もはじまり、のんびり屋である私にしては、けっこう忙しく時間に追われてしまう日々が始まりましたが、時間の許す限りがんばって更新していきますね。
日本語で人と交流できることがいまは何より有難く、私にとっては脳のリフレッシュになります。
お時間がありましたら、ぜひぜひお立ち寄りいただき、コメント寄せてくださいね。笑

写真 : 本文と関係無いけれど、Port Townsendのファーマーズマーケットへ行った際に撮った木の葉と青空。(マーケットでは試食に夢中になり、気づいたら、賑やかなマーケットの様子じゃなくて、こんな写真しか撮ってませんでした。汗) この時期にしては珍しく終日晴天が続く数日間でした。新鮮な野菜や、夫の好物である絞りたてアップルサイダー(りんごジュースのようなものです)を買って帰りました。
[PR]
# by bingotama | 2006-11-07 02:04 | 挨拶・お知らせ・報告