もうすぐ、更新(の予定)。。。。。 待っててね。


by bingotama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SSS?

(ちょっと見づらいけれど)
青いバンドには、『Support the Silent Service』と書いてあります。
c0103793_9263582.jpg

潜水艦は、24時間365日、世界中のあちこちの深い海の底で、静かに、おつとめしています。
あまり広く知られることはありませんがね。。

***

昨晩は、夫の上司宅で、来られる奥さんが集まって夕方からカクテルパーティをしました。
もっとも、自分は運転練習を兼ねて、近くの奥さんにうちまで来て車を乗り換えてもらい(一人で遠出はまだかなり不安なので。汗)、うちの車で行ったので、私は一滴も飲みませんでしたがね(く、飲みたかったなー落)。
そのお宅では、かわいらしい小さなカクテルグラスやミックス用のお酒を用意してくれたり、中学生ぐらいの娘さんがテーブルをかわいく演出してくれたり。手作り料理を持っていくのも、よし。アメリカの人は、色々な工夫を凝らして、ホームパーティの演出をするのが本当にうまいと思います。お金をかけなくとも、ちょっとした物を手作りして、人をもてなすことが上手。
私の英語力では、彼女たちと同じレベルでペラペラと何でも喋ることはムリなので、いつも時々口をはさむ程度で、ほとんど聞き役ですが、それでも、あんなに遅くまで(お開きは、深夜1時近く・・眠かったー)、飲んだり食べたり笑ったり、皆のお酒が抜けるまで、女だけでまったりと(笑)お喋りに花が咲いたのは、なんだか久しぶり。日本のお友達をちょっと思い出したのでした。
昨晩は、ジェニファーが来ていました。ジェニファーとは、前回のおつとめ後異動になった同僚の奥さんで、以前の様々なイベントのとき、私をうちまで迎えに来てくれた率一番高し(笑)、かなりお世話になった人です。当時から1歳半のウィルくんというお子さんがいたのだけど、(この子が、、もう誘拐したくなっちゃうほど本当にかわいかった!)途中から二人目のおめでたも判明して、段々と大きくなってくるお腹とウィルを抱えながら、ちゃちゃーっとうちまですぐ飛んできて私も拾ってくれ、ぶぃんぶぃんとたくましく、マニュアルカーのスティックとハンドルを自由自在に動かしながら運転して、目的地へ向かってくれる姿が、なんともかっこよかったです(私スピード出しがちみたいなのよ、と彼女。昔何度か、違う州でパトカーに止められたらしい・・笑)、、母は強し。
ジェニファーと久々の対面でしたが、その二人目の赤ちゃん、クリスも無事産まれて、ちょうど生後二ヶ月。いやぁ、この子がまたまた、、なんであんなにかわいいんでしょうか。うっすーい金色の毛が生えた頭の大きさは、うちのびんごたまとちょうど同じぐらい。一点の濁りも無い青い目がくるくると動き回って、すでにもういろんな表情をする。人間じゃなくて、何か別の生き物みたい。そしてあの、赤ちゃん独特のなんとも言えない匂い。すぅー、すぅーすぅ~っ、と、時々深い息をするところが、びんごたまにそっくりで、ちょっとおかしくなった。
ママそっちのけで、いつまでも抱っこさせてもらいました(笑)。黒い髪や黒い目に強く反応して興味を抱くらしく、私の顔をじぃーっと見つめるクリスを見て、ジェニファーが『bingotamaのこと、好きみたい』と。はぁ、、今度こそほんとに誘拐しよう。(←うそ。笑)
ジェニファーたちの異動先は、イタリア・ナポリ(あちらにも、アメリカ軍の基地があるんです)。旦那さんはもう先に行って仕事が始まっているので、彼女はウィルとクリスを抱えて、もうすぐ発つとのこと。『遊びに来なさいよっ、ほんとに!』と、本当に気さくで温かいジェニファー。クリスも居たし、先に帰っちゃったけれど。
それにしても、それぞれが旦那の朝の身支度中のおもしろ話をして、怒ったり、笑ったり。面白かったー。なんだ、みんなうちと同じようなことしてる、なんて。笑
翌朝は、やっぱり普通に起きられず寝坊・・ びんごたまと、のんびりな週末。
目を覚ましたら、横向きに寝ていた私の腕の中にタマ、あれ、背中側もあったかい、と思ったら、びんごがぴっとり寄り添い潜りこんでいて、二人とも、スースースー、と幸せな寝息をたてていました。あぁー、この子たちがいて、ほんとによかった、と思う瞬間。

c0103793_9265840.jpgc0103793_9271365.jpg
[PR]
by bingotama | 2007-04-22 09:40 | 交流